ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行( 178 )


2008年 09月 27日

娘を訪ねて上京する Ⅰ

(ウインドウショッピング編)

d0090161_1202518.jpg

ライカのデジカメを触ってきました。新型M8-2にズミクロン35㎜で軽く100万円オーバー・・・!。

d0090161_1205237.jpg


d0090161_1221237.jpg

買う気ないのに親切に説明してくれた店員さんに感謝、なるほどデジカメのロールスロイスなんだ。

ライカショップ:銀座店にて

R8

(空中水族館編)

d0090161_123182.jpg


d0090161_1235255.jpg

六本木、森ビルの最上階に「スカイ・アクアリウム」という水槽を並べて、とってもムードのある演出を施した水族館が若者に人気でした。

d0090161_125371.jpg


d0090161_1252031.jpg

買い物、食事、エンターテイメントが全て賄える六本木エリアと言う感じです。

R8


(下町観光編)

d0090161_128070.jpg


d0090161_1282832.jpg

NHKの朝の連ドラの舞台、佃島と月島を周ってきました。住吉神社も・・・。テレビの物語りと現実のギャップはあり、再開発で出来た高層マンションに囲まれてました。


d0090161_1292467.jpg


d0090161_1210117.jpg


d0090161_12103773.jpg

浅草から水上観光しました。東京に来て7年目の子も始めての経験と、けっこう盛り上がっていました。


μ1030SW

by chura-photo | 2008-09-27 22:57 | 旅行 | Comments(7)
2008年 08月 13日

メトロポリタン美術館


d0090161_1004314.jpg

一ヶ月前にプレイバックします。ニューヨーク・セントラルパークの東に隣接する有名な美術館です。あそこも、ここもというよくばりな観光でしたので、鑑賞時間はおよそ2時間ほどでした。

d0090161_1011075.jpg

いくつかの展示エリアがありましたが、そのうちの一つ、古代ギリシャ・ローマ展を駆け足で、しかもお写真撮るのにも忙しくって・・・。日本と違って、撮影禁止とか厳しいチェックを入れる監視員もいなくて本当に自由な国という感じがしましたが、

d0090161_1021555.jpg

鑑賞に訪れた欧米の人達も作品に触れたりすることなく、一定の距離をおいて鑑賞するマナーは幼い時からの教育とも感じられました。

リコーR8

by chura-photo | 2008-08-13 10:03 | 旅行 | Comments(0)
2008年 08月 03日

ああ~日本!


d0090161_14215092.jpg

ニューヨークから13時間の長旅を終えて、成田空港から伊丹に向かう国内線。高度1万メートルから見下ろす富士山を眺めて、やっと我が家に帰ってきた気分になりました。
この後私は、中途半端に風邪を引きずったまま気圧の低い機内で長時間過ごしたため、中耳炎の治療を受けるはめになりましたが、これも旅の勲章と思ってます。


GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-08-03 14:22 | 旅行 | Comments(7)
2008年 07月 29日

旅の始まり(ニューヨークのミュージカル)


d0090161_22135150.jpg「お~い待ってえ・・・、といっても誰もが一目散に劇場に駆け込みました。チケットはちゃんと押さえて合ったし、なにも慌てる事はないのですが・・・青春とは性急なるものか。


d0090161_21583940.jpg

ミュージカル「ライオンキング」を見ました・・・、といっても到着早々、地下鉄や歩きで5番街のブランドショップやウオール街を駆け抜けて・・・もう僕はクタクタ、半分夢心地でシートに座っていました。

d0090161_2159358.jpg


d0090161_21593310.jpgニューヨーク、花の金曜日のタイムズスクエアーは眠らない。




リコーR8&au61CA

by chura-photo | 2008-07-29 22:14 | 旅行 | Comments(3)
2008年 07月 28日

旅の始まり(ニューヨークのお買い物)  


d0090161_13165091.jpg

街で飲み物や色んな小物を買っていると小銭が沢山たまってきます。慣れない小銭を使うのが面倒で、ついついお札を差し出してしまうからです。
お札は、$1、$5、$10、$20、$50、$100と一目瞭然ですが、小銭は1セント、5セント・・・ああややこしいです!そこで、スーパーマーケットに行って買い物をします・・・。

d0090161_13171197.jpg

「すみません!僕は小銭を勘定できませんので・・・」と、まずポケットから小銭をつかんでレジのこわ~い感じのおばさんに差し出します。すると、丁寧に小銭を拾い上げて「・・・あと5ドル」ということになります。
お店もつり銭が必要だし、レジでもたもたされるのも困るんでしょう・・・きっと!


GR-DIGITAL 2 (6番街のスーパーにて)

by chura-photo | 2008-07-28 13:21 | 旅行 | Comments(3)
2008年 07月 27日

旅の始まり(早朝のニューヨーク) Ⅲ


d0090161_049342.jpg

僕は過去に一度ニューヨークのマンハッタンに来た事があります。18年前仕事の関係で、それも東から西のサンフランシスコまでの慌しい旅ではありました。

d0090161_050013.jpg

今回この地に来てみて、まずずいぶん静かで清潔な街になっているなあと感心しました。当時は治安もよくなくて、街にはよく判らない異臭やゴミがあちこちに散らばっていました。パトカーのサイレンが昼夜の区別無くビルの谷間にこだましていた様に記憶しています。

d0090161_0502876.jpg

タクシーの運ちゃんは相変わらずぶっきらぼうですが、イエローキャブといわれる車は綺麗に洗車されていました。メーターは日本製らしく文字も馴染みがあり、明朗会計となったようです。J・fケネディー空港から市内まで、一律$45ドル+高速代$5ドルです。


旅はしんどいものですが、少しの好奇心とチャンスにめぐり合えば何とかなるものですね。成田空港から直行便で13時間の長旅を克服できた自信は大きな成果でした。

次回はニューヨークのジャズライブ&ミュージカル編です。



GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-07-27 01:00 | 旅行 | Comments(5)
2008年 07月 25日

旅の始まり(早朝のニューヨーク) Ⅱ


d0090161_895522.jpg

朝6時からオープンするスーパーマーケットの開店待ちでのワンショットです。ホテルでの朝食はお値段が高いので買出しに出ました。ポーク&シュリンプサンドイッチ、マンゴージュースにストローベリーヨーグルトをホテルに持ち帰りました。

d0090161_8102964.jpg

アメリカ経済が低迷している様子はここマンハッタンの中心街では判りません。でもスターバックスのお店は相次いで閉店の憂き目にあっています。開店早々のお店で、夜勤明けの仮眠をとっているような風景でした。

d0090161_811240.jpg

早足で通り過ぎた青年は何処に行くのでしょう?

d0090161_8113477.jpg

ドルを引き出しに行って銀行のキャッシュコーナーの扉に手をかけました。押しても引いてもびくともしません、でも機械は明かりがともっていて稼動しているようです。ふと見ると、扉の脇にカード挿入ボックスがあって、自分のカードーを通せばよかったんです。

d0090161_812678.jpg

名前は忘れましたが、有名な現代アーティストのこの作品は世界の主要都市にあるらしいと聞いていました。実物は6番街にありました。




GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-07-25 08:14 | 旅行 | Comments(4)
2008年 07月 23日

旅の始まり(早朝のニューヨーク) Ⅰ


d0090161_2344221.jpg


d0090161_2352338.jpg


一昨日、僕はニューヨーク発21日の午後12:30の飛行機で成田空港に帰ってきました。日付変更線をまたいで13時間の長旅でありました。この旅は大阪梅田で知人とライブハウスに行く途中、一緒に来ないかと立ち話で誘われて決断した旅行でした。

d0090161_2355147.jpg


d0090161_2361731.jpg


d0090161_2372128.jpg


今回の旅は何の目的でニューヨークに行ったかと言うことではありません。永い人生の間には、時間、お金、健康の余裕というものが誰にでもやって来る。しかし、その三拍子が全て揃うのは、人生のほんの一瞬である。ゆえにそのチャンスがくれば、躊躇せずに飛び込めという父親の口癖でありました。息子の僕はそれをまずニューヨークの旅から実践してみたわけであります。



GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-07-23 23:23 | 旅行 | Comments(9)
2008年 06月 04日

南知多半島の旅 Ⅲ(終わり)


d0090161_995711.jpg

旅館での夕食の様子。何気ないシーンですが、実は難しいのであります。自分の料理も食べたいし、仲間のプライバシーもあるし、写真撮ってる場合ではないし・・・。マクロモードで構図を決めて、例のフォーカスターゲットを手前の料理に移動しました。大アサリと伊勢海老です。向かいの子、色っぽいね!

d0090161_9102266.jpg


d0090161_9104224.jpg

陶芸マニアのK君が持参した花器、自分で焼いたものとか。わざわざ今回の旅行に持ってきてくれて部屋に飾ってくれた。気分だけは超セレブということで、ご褒美にきばって写真を撮ってやった。

d0090161_911323.jpg

旅館から見た夕暮れの漁港。殺風景なシーンですがホワイトバランスをオートから電球色にしたらグッと雰囲気が変わります。

d0090161_9112524.jpg

浜辺の歌が聞こえるようです。望遠ズーム200㎜、手ぶれ補正が有りがたい。


d0090161_2047343.jpg

「人生を楽しむ条件は大雑把に言って、健康、気持ちと時間のゆとり、そしてお小遣いと思うのです。皆それぞれ境遇も違うし、諸々の事情もかかえています。でも、その一瞬は必ずやってくるはずですが、いかにそのタイミングを物にするかが思案のしどころと思います。何かにかこつけて見過ごすとチャンスは無くなります。割り切って、切り捨てるものは切り捨てて旅に出ようと思いました。」

リコーR8&au W61CA

by chura-photo | 2008-06-04 09:27 | 旅行 | Comments(7)
2008年 06月 03日

南知多半島の旅 Ⅱ


d0090161_10391135.jpg

知多半島には、名古屋市内から縦断高速道が通っています。南に下るおよそ20キロの所に常滑市があります。焼き物の里「常滑焼」で少し名が通っています。


d0090161_10402484.jpg愛知の焼き物は「美濃焼き」に代表されるようですが、古くは室町時代からあって江戸時代には壷や鉢物、明治になってタイルや土管で脚光を浴びてきました。旧帝国ホテルの壁を飾ったテラコッタも有名です。



d0090161_1171480.jpg焼き物の里では土管や壷の陶器が旨くアレンジされて、町の景観とマッチしています。



d0090161_10441515.jpg

これは常滑焼の特徴がもっとも良く出ている品だと、同級生の陶芸マニアから教わりました。
(マクロで撮影し、フラッシュはソフト発光モードにしました)



d0090161_10455399.jpg

こんな可愛い焼き物もありました。衝動買いの癖がムラムラと・・・(笑)


d0090161_10471443.jpg

僕は今回の旅行ではじめて、渥美半島と知多半島の位置関係が良くわかりましたし、常滑(とこなめ)という漢字も覚えました。


d0090161_10494574.jpg

名古屋名物「味噌煮込みうどん」です、・・・関西人の味覚にはちょっと?でした。お味噌の出汁はとっても濃厚です。後学のためには良いかと・・・。




リコーR8

by chura-photo | 2008-06-03 10:57 | 旅行 | Comments(2)