ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 18日

朽木村の春

京都・白川通から八瀬大原を通って、やがて日本海の小浜に通じる国道367号線は、通称「鯖街道」と呼ばれています。

国道沿いに車を走らせると、川が寄っては離れ、その流れは大きくなって琵琶湖に通じます。
その安曇川、僕は子供の頃に父親とアユ釣りをした懐かしい処でした。

ハンドルの先に、淡いピンクの帯がかなたに見えたと思ったら桜並木です。
綺麗でした。
朽木村の遅い春の景色を楽しみました。

d0090161_18262653.jpg
d0090161_18324253.jpg
d0090161_18331853.jpg
d0090161_18334723.jpg
d0090161_18341788.jpg


(画像はクリックで拡大します)


RICOH GR DIGITAL 3


by chura-photo | 2019-04-18 12:18 | スナップ | Comments(2)
Commented by picoswindow63 at 2019-04-19 22:33
素晴らしい桜並木ですね。
インスタグラムで見るよりもはるかに奇麗です。
やはりお写真は大画面ですね。
Commented by chura-photo at 2019-04-20 08:30
♪♪Picoさん、ありがとうございます。
このような景色が多い国道で、毎年楽しみにしています。
フォトウオークでは行けないところですが^^;(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 常照皇寺の九重桜      日光東照宮へ >>