ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 05日

「小笠原諸島への旅」


小学生の孫の春休みに旅行しました。
小笠原島は東京都・小笠原村といって、日本最東南端の島です。
2011年にユネスコの世界自然遺産になりました。

綺麗な海に囲まれ、小笠原ブルーと呼ばれるぐらい素敵な自然の恵みがいっぱいあります。
島の人たちは素朴で、話好きです。
観光業とか公務員、そして農業で生計を立てていると聞きました。
今年は小笠原返還50周年に当たります。
戦争で島の住民は疎開してしまったため、島に戻った人は少なくて、人口の90%は本土からの移住者と言われています。


島の生物、植物には絶滅危惧種や島にしかない固有種の植物があって、自然保護には厳しいですね。
本土(と島の人が言います)から1,000km離れていて、交通手段は唯一大型旅客船の小笠原丸です。
東京の竹芝桟橋から出向すると、島の港に着くまで24時間のとても長い航路をたどることになります。
大型船(11,000t)と言えど、外洋に出ると結構揺れます。
船内のあちらこちらに、ビニール袋がぶら下げられていました。


私たちは島に到着後、すぐに山に登りました。
戦績ジャングルツアーと言って、旧日本軍が作った塹壕、砲台跡を巡るものです。


翌日は、釣り船をチャーターして海釣りにでかけました。
船長さんの目利きが良かったので、良いポイントに竿を下ろして、高級魚と言われるアカハタを沢山釣りました。
釣り好きの孫も大満足。
夕食はその釣った魚を料理してもらって、家族は盛り上がりました。
煮つけ、唐揚げ、フライと満腹。
それに島の名物ジビエ、亀の刺身を初めて味わいました。
馬刺しとマグロの刺身を合わせた淡白なものです。


三日目は、この旅のハイライト、ホエールウオッチングです。
大きなクジラのジャンピングが見られると、期待に胸を膨らませて小さな観光船に乗船しました。
結果は予想に反して、クジラの潮吹きとわずかに背中を揺れる波間に見ただけでした。
おまけに船に強い孫が船酔いし、散々でした。


最後の日は、海洋センターに行きました。
ここでは、アオウミガメを観測飼育していました。
亀に餌をやったり(キャベツ好んで食べていました)、直接子亀を抱っこしたりしたり、とても楽しい自然との触れ合いでした。
d0090161_09143313.jpg
d0090161_09145561.jpg
d0090161_09151180.jpg
d0090161_09153496.jpg
d0090161_09155613.jpg
d0090161_09161769.jpg
d0090161_09164686.jpg
d0090161_09170842.jpg
d0090161_09173503.jpg
d0090161_09175828.jpg
d0090161_09182807.jpg
d0090161_09184822.jpg
d0090161_09191124.jpg
d0090161_09193572.jpg
d0090161_09194952.jpg
d0090161_09210734.jpg
d0090161_09201197.jpg
d0090161_09203279.jpg
d0090161_09205099.jpg
d0090161_09220901.jpg
d0090161_09223072.jpg
d0090161_09225279.jpg
d0090161_09232590.jpg
d0090161_09234625.jpg
d0090161_09241541.jpg
d0090161_09243783.jpg
d0090161_09250058.jpg
d0090161_09251744.jpg
(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS TG-5


by chura-photo | 2019-04-05 09:12 | 旅行 | Comments(2)
Commented by picoswindow63 at 2019-04-09 23:10
お写真で、小笠原島楽しみました。
この貝の砂浜を歩いてみたいです。
Commented by ue at 2019-04-10 13:56 x
名前は忘れましたが、この貝は絶滅危惧種なんです。
小笠原は世界自然遺産ですから、貝殻も持ち出せませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 日光東照宮へ      桃の庭 >>