ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 23日

黒部・立山アルペンルート

旅行社のツアーで行ってきました。
新緑に映える黒部渓谷は清々しい。遥かかなたの高い山の峰にはまだ残雪が残っている。
春と夏の境界線だ。
d0090161_06441835.jpg
d0090161_06444010.jpg


d0090161_06453621.jpg
d0090161_06485935.jpg





立山の頂上、室堂には「雪の大谷」という観光スポットが出来ていた。
道路の両側には、最高12mの雪の壁が立ちはだかっていた。
圧巻である!
d0090161_06455821.jpg


d0090161_06472739.jpg

黒部・立山は、11月から4月まで雪に閉ざされた奥深い山間部。
「雪の大谷」ウオークは4月から6月までの間のイベントだから、海外からの観光客も大勢押し寄せてきている。
d0090161_06465004.jpg
d0090161_06471097.jpg

泊まったホテルの部屋の窓から、スキーのジャンプ台が見えた。
長野オリンピック会場となった処である。
20年前の興奮が蘇った。
d0090161_06475251.jpg
d0090161_06481308.jpg

(画像はクリックで拡大します)


OLYMPUS E-M10Ⅲ+LUMIX DG VARIOーELMRIT 12-60mm F2.8-4.0 asph


by chura-photo | 2018-05-23 22:30 | 旅行 | Comments(2)
Commented by tad64 at 2018-05-27 17:49
いい時期に出かけられましたね。海外からの観光客も年々増えているそうですね。
Commented by chura-photo at 2018-05-28 15:51
♪tad64さん、そうなんです。
雪の大谷ウオークは4月ー6月だけなので、外人さん(中国、韓国)がいっぱいでした。
旅行会社のドル箱商品になっているらしいです^^!


<< 不退寺      鶏のから揚げ >>