ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 06日

桜の花茣蓙(はなござ)

ことば・・・このように花が散って、
まるで茣蓙(ござ)を敷きつめた様を言うのです。

ところが「ごさ」そのものが死語になりつつある昨今、どのように表現すればいいのでしょうね。
d0090161_105494.jpg



京都・岡崎の冷泉通りという処。
毎年ここで花茣蓙を撮っています。
(平安神宮界隈)
d0090161_10542589.jpg


京都は小さな街ですが、この季節になるとまるで桜に覆われたかのように
あちらこちらで咲き誇ります。
d0090161_10544143.jpg


日本に京都があって良かった・・・を実感する頃でもあります。
(鳩を追いかけています。)
d0090161_10545154.jpg


Nikon Df+Nikkor AF24mm F2.8D

by chura-photo | 2015-04-06 10:54 | 季節 | Comments(2)
Commented by picoswindow63 at 2015-04-06 14:07
花ござ、素敵です。
桜の初めから終わりまで満喫されてますね。
私はもっぱらueさんのブログでお花見ざんまい
させていただいています。ありがとうございました。
Commented by chura-photo at 2015-04-07 07:30
♪picoさん、ありがとうございます。
桜はうす曇りで撮るほうが好きです^^


<< 半木の道の紅垂れ桜(なからぎのみち)      祇園の路地 >>