ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 10月 10日

ロンリーなクルーザー

2006年10月10日(火曜日)

d0090161_21253642.jpg秋空の夕日は穏やかです。新西宮ヨットハーバーの夕日です。ゲストハウスが定休日でしたからハーバーも静かなさざなみと海の香りが懐かしかったです。









D-200・24-85㎜
d0090161_21381536.jpg









美しい日本d0090161_21445662.jpg










d0090161_2150479.jpg


d0090161_2148512.jpg










d0090161_2213470.jpg


# by chura-photo | 2006-10-10 22:03 | 写真 | Comments(8)
2006年 10月 09日

祝日

2006年10月9日(体育の日)

中の島公園のバラ園にて
d0090161_23222147.jpg今日は快晴の祝日ですが、なぜか朝からかみ合いません。日曜日にビデオに撮って会った「難波金融伝 ミナミの帝王27」を見る事にしました。竹内力、山本太郎、川島なお美のコンビは絶妙です。釣りバカ日誌と同様、欠かさずのファンです。TVはコマーシャルが入りますが、ストーリーが佳境に入ると、頻繁にCMが入ってきます。その点、ビデオは早送りと再生で早く進められます。(コマーシャルカットの操作はいまだに理解できません)
 今日は、絶好のシャッターチャンス、神戸の中華街で秋分節をみて、中華店で焼きソバを食って、焼き豚のお土産を買って、それからウーロン茶の仕入れも・・と構想をねってました。時間があったら、神戸市立博物館の「オルセー美術館展」をみて・・・・。
 昼食時になって、テーブルの上に好物のから揚げが、骨付きで四本ありました。娘が買ってきたようです。なにげなしに全部たいらげてしまってから、娘が「半分は自分のもの」とか、なんとか言い合ってお互いに気分を悪くしてしまいました。
 娘はぷいっと出て行ってしまいますし、残された私は、部屋の掃除、ベッドのシーツの洗濯、明日のゴミ出しの用意と相成ってしまいました。
 お昼のTVで「北朝鮮の核実験成功」のニュース。安部首相も最悪の時機に中、韓訪問をしたもんです。これから、「美しい日本」どころではなさそうです。明日から円安、株安にならねばよいですが。

# by chura-photo | 2006-10-09 23:24 | つぶやき | Comments(0)
2006年 10月 08日

紫外線シャワーの歌姫in中の島カーニバル

2006年10月8日(日曜日)

生まれて初めて手にしたデジカメ一眼機は先月末に私のもとにやってきました。その間はもっぱら、夜のお仕事で頑張ってきました。ライブハウスの歌姫ショットです。本日、大阪、中の島でのミュージック・カーニバルで、はじめて昼の仕事を承りました。歌うは、山口有紀さんです。舞台の歌姫とともに、我が愛機も紫外線をいっぱいあびて元気よくカシャカシャ発進しました。

ジャズボーカル 山口有紀さん
(D-200・70-300㎜)
d0090161_0535014.jpg



d0090161_1173368.jpg
観客席の後方は屋台のテント村が特設されてました。風の向きが災いしてか、焼き鳥やら、焼肉、たこ焼きなどのミックススモークが舞台に漂い、いかにも関西的な雰囲気でもあります。そんななか、ステージは有紀さんの登場でオープンしました。


d0090161_1185373.jpg


バックライトが強烈で、平均測光ではAEアンダーなので、愛機はすかさず、スポット&AEロックにシフトしました。さすが、夜の世界で苦労したようです。

有紀さんのご両親も会場にお見えになってました。お嬢さんを暖かく応援され、本当に幸せなファミリーと感じました。


d0090161_1233945.jpg




d0090161_1271857.jpg


# by chura-photo | 2006-10-08 22:38 | Comments(8)
2006年 10月 07日

中秋の月・夏~秋

2006年10月7日(土曜日)

d0090161_21303134.jpg
過ぎ行く夏の色香を思わせぶりに、そっと咲く夜のハイビスカス。秋の気配をひきこむ、中秋の月の絡み合いのようです。(D-200 合成写真)

# by chura-photo | 2006-10-07 21:32 | 写真 | Comments(3)
2006年 10月 06日

花街の歌姫

2006年10月6日((金曜日)

d0090161_16484191.jpg  

 




私は京都っ子ですが、祇園の花街には縁遠く、おまけに四条花見小路を北に上がることはなかったですが、ジャズライブとのご縁で祇園白川沿いのビル地下で、英美さんのライブを堪能しました。







d0090161_16413416.jpg


SHINさんと会社の後輩の方といっしょに三人席をならべ、ビール、カクテルと簡単なおつまみを前にステージは始まりました。





d0090161_16593826.jpg私は、食い意地がはってますので、ピザやなんやかんやほしかったんですが、テーブルがちっちゃく、SHINさんが、沢山のレンズをおったてておられましたのであきらめました・・?もっとも、ライブハウスで宴会もどきはルール違反です。









d0090161_16564877.jpgSHINさんは、おニューのデジ一眼、おニューのレンズ3本とやる気は満貫です。すばらしい出来栄えはHPを見てください。私は、D-200と85㎜、F1.8の一本釣りでした。AEロックを忘れ、スポットAFとかWBをいじくってたりで、次回の教訓写真に終わりましたようです。ブログ開設、一ヶ月の記念すべき歌姫のシャワーを浴びて帰宅しました。
d0090161_1763129.jpg
d0090161_131375.jpg


# by chura-photo | 2006-10-06 23:11 | Comments(4)
2006年 10月 06日

御礼

2006年10月6日(金曜日)

d0090161_3133565.jpg  
 ブログ開設一ヶ月です。漫然と、あるいはせわしなく過ぎ行く毎日を締めくくるWEB日記でした。何気ない日常のあり姿をブログにまとめると、充実した一日であったような思いにひたることもできました。三日坊主に終わることなく、休刊日も出さず頑張れたのは、ひとえに読者の皆様の励ましだったと思います。

# by chura-photo | 2006-10-06 03:05 | Comments(2)
2006年 10月 05日

あの日にかえりたい・・・

2006年10月5日(木曜日)

d0090161_1945349.jpg 思えば阪外大時代の四年間は、嵐のように吹き荒れた学園紛争とともに、さしたる目標も見出す気力なく中途半端に過ぎ去った記憶の彼方にあるようです。卒業単位不足に冷や汗かいて、もがけどいっこうに卒論がはかどらない・・・という夢をこの歳になっても見るのは、現世の焦りの反転でしょうか?みっちさんの、ハングル語とは、視点、論点、目的、動機が違うかもしれませんが、私が、何かしら避けてきた過去に向かい合うネタのひとつが極く身近な所にありそうです。
 d0090161_1964366.jpg
写真は、パキスタンの公用語であるウルドウー語の教科書です。インドの公用語のヒンディーの教科書は震災時に行方不明になりました。

(身近な小物の記録的接写は、一眼レンズにクローズアップレンズを付けて、手振れ防止でISO感度どアップより、コンパクトデジのアンチ手振れ+接写モードがピンポン!です。・・・本文とは関係ありません)

# by chura-photo | 2006-10-05 19:13 | Comments(2)
2006年 10月 04日

晴れ男

2006年10月4日(水曜日)

NokonD-200 70-300mm(F180㎜)
d0090161_17102547.jpg 今日は10月最初のラウンドです。K先生の同窓コンペの練習ラウンドの目的もあり、お知り合いの社長さんのホームグラウンドで4人で回りました。新宝塚CCです。私も、K先生も始めてのゴルフ場でした。フエアーウエイが広いようで狭く、二段グリーンのガードバンカー多く、175ヤードの池越えショートとか大変トリッキーな処でした。私は、前日の寝不足もあって、出だしからドライバーのチョロで重たい気分のスタートとなりましたが、パー3ホールをとり56-49=105とまづまづと思いました。K先生はトータル96「これなら、コンペの優勝の可能性大!」とめでたしめでたしだったようです。一方社長さんは、調子いまひとつで冴えませんでした。おまけに、社長さんのお連れさんが、後半連続パー4ホールと勢いづかれたのも喜ばしいものやら嫉ましいものやら・・。5ホールめで、社長さん「きっとチョロしよるで・・・」、お連れさん、案の定ドライバーのチョロ、こんなんで雰囲気が和みました。
 お天気は、終日好転に恵まれました。皆さんとお別れの挨拶をして、精算を終え外に出ると、しとしと雨がふってました。なんと!!私は、お天気請け合い人なんでしょうか?

# by chura-photo | 2006-10-04 17:14 | Comments(2)
2006年 10月 03日

鳥目

2006年10月3日(火曜日)

二枚ともLumixFX-01
d0090161_21522811.jpg
娘も9月決算での残業で夕飯不要の伝言板、ちょっと肌寒い秋の夜、酔い覚ましのお遊び写真です。「このおじさんなにしてんの???」と言いたげな女学生さんが後ろを通って阪急の駅に急いでました。
d0090161_2153128.jpg


# by chura-photo | 2006-10-03 21:55 | 散歩 | Comments(0)
2006年 10月 02日

花の別れ

2006年10月2日(月曜日)

Nikon D-200 24-85㎜
d0090161_1946379.jpg今日、母親が慣れ親しんできた老人ホーム311号室からの引越し日です。介護ランキング五つ☆を頂戴したからです。トイレや食事、手すり歩行ぐらいまではなんとか自分でできる間は、自室で普通の生活をさせてもらえますが、それ以下になれば介護専用棟で集中介護となります。部屋は、病院の個室に毛が生えた程度の狭さ、仏壇やソファーを置くぐらいがやっとです。ここでの入居者は、皆さん元気に、若返って退去する人は皆無です。家を捨て、終の住家として入ったホーム、最後まで普通の生活環境で人生を終えることも出来ません。サラリーマンの一人息子は当てに出来ないと決断した両親を冷たいとも思いましたが、いまとなっては、他界した父親の配慮が身にしみます。
 そんなわけで、ベランダの鉢植えともお別れです。彼岸花が寂しそうでした。

# by chura-photo | 2006-10-02 22:41 | つぶやき | Comments(0)
2006年 10月 01日

業物(Ⅱ)

2006年10月1日(日曜日)

Nikon D-200 24-85㎜ with ケンコークローズアップ(№2)
d0090161_10484884.jpg
今日から月替わり、あらたな気持ちで第三四半期を迎えたいものです。秋晴れの爽やかなブログでスタートのご期待を裏切り、後ろめたいですがお許しください。私は、元来光モノに憧れる性格です。お魚に生まれていたら、きらきらのジグに食いつきお陀仏してます。これは、ホールディングナイフです。15年前、アメリカに研修ツアーに参加したとき、研修会場から出てぶらぶらしてましたら金物屋がありました。光物などなにかないか?なべ、やかんの類でしたが、奥のショーケースにこれが目に付きました。それほど高価なものでもなし、旅の記念にと買ってしまいました。ホテルにかえって、きらきらしたナイフに見とれてましたら、ここはアメリカで日本に帰るには飛行機、やばいかも!と思いましたが・・・結局のところ今、私の手元にあります。柄は銅の枠にウッドがはめ込まれてますが、握るとプーんと銅臭い匂いが手にのこりますが、なんかアメリカのクラフトマンシップを感じます。
 今は、手紙やDMの開封用に使ってます。

# by chura-photo | 2006-10-01 10:54 | Comments(2)
2006年 09月 30日

台風13号・特派員報告(沖縄県石垣島発)

2006年9月30日(土曜日)

(電柱の残骸:Y子さん撮影)
d0090161_1336358.jpg
私の石垣島時代に、公私にわたりお世話になったY子さんは、石垣島の小中学校の音楽担任の先生です。普段の生活に戻り、彼女からの報告が来ました。
台風13号は15日の夜、勢力を強めながら八重山地方を直撃しました。瞬間最大風速は石垣島で67メートル。私も経験した事の無い事態だったようです。
                                     
                                (街路樹:Y子さん撮影)
d0090161_13384864.jpg
特派員報告:「台風13号がもたらした被害は想像以上のものでした。私の住む、真喜良地区も2日間停電、断水でした。学校のある、富野地区では1週間。学校も給食ができずに、午前授業で対応したり。もちろん職員は弁当持参で午後は台風の後かたづけでしっかり5時までの勤務でした。
水は早くでましたね。停電が長かったです。」

Y子さんは、生徒達から人気のあるピアノの先生です。彼女の旧知の友人で、神戸出身のJazzピアニストの「黒江明彦さん」の消息を探しておられます。阪神大震災以来音信不通とか、消息ご存知の方は、ueまでご連絡ください。

# by chura-photo | 2006-09-30 13:53 | 写真 | Comments(4)
2006年 09月 29日

試し打ち会

2006年9月29日(金曜日)

LumixFx01
d0090161_7494443.jpg
水曜日のラウンドの反省です、我がプライベート練習場(極近いので勝手に決め込んでます。上ヶ原練習場)にゆきました。
ドライバー:スライスは出なかったけれど距離が不満=まっすぐ飛んでいるがやはりフェースが開いているのでは?=腰の移動を先行し、スイングのトップはタイムラグを作る。こんな調子でやってると、なんだかちょっとだけうまくいってるような感じです。
アプローチ:練習場ではほとんど問題ないが、ラウンドではいつもショート=実践あるのみ?
金曜日の午後の練習場はいつも、そこそこ賑やかですが本日は閑散状態です。BShiで藍ちゃんの日本女子オープンをみてるのかな?と思いつつ真面目に白球をたたいてました。金曜日ということもあって、ブリジストンの試打会をやってましたが、客は閑散で爺さん連中がひやかし程度に行ったりきたり、販売員も手持ち無沙汰でこちらも近寄りがたいムードです。アンケートとかなんとか煩わしいことが・・。適合ルールクラブに心をひかれつつとりあえず訪問しましたが、お姉さんはどうぞと「ブリジストンVIQ 10.5度 Rタイプ」を貸してくれました。「自分の席で打ってもいい?」「どうぞ・・・」
 ヘッドが軽い!大きい!当たりそう!・・・・自分の打席ですから、お姉さんの視線も気にならず。感触OK!!

# by chura-photo | 2006-09-29 19:14 | Comments(0)
2006年 09月 28日

デジカメ・リポート(Ⅲ)

2006年9月28日(木曜日)

d0090161_20222614.jpgNikonD-200を手に入れて明日で一週間です。分厚いマニュアルもまだ半分を残しています。液晶モニターのセッティングで、初期設定から変更したのは、ファインダーの格子をいれました。(風景写真では縦横の構図設定に便利です)次に、露出補正をコマンドダイアルで出来るようにしました。(初期設定は補正ボタンを押しながらサブダイアルを・・)最後に、ISO感度を自動設定にしました。この一週間太陽の下での写真がありません。次回は屋外で試したいと思ってます。

(D-200 ニッコール85㎜ F1.8)

# by chura-photo | 2006-09-28 22:10 | 写真 | Comments(5)
2006年 09月 27日

ショット&ショット

2006年9月27日(水曜日)

d0090161_12543190.jpg
今月始めてで最終のラウンドでした。K場さんのご紹介での格安コースでした。みっちさんとお連れさんの3人、こちらはK先生、和食店のオーナー、外車ディーラーの重役さんとの4人で、秋晴れの絶好のコンディションでスタートです。私は、練習不足がたたって、今回も100切りならずでしたが、グリーンまでおよそ60ヤードの距離、目の前に見上げるような樹木が行く手を阻んでます。AWをおもむろに構え、枝の間をうまく抜けてくれればラッキーと無心でのショット。なんと、木越えのグリーンON!!。これはプロ並!とK先生のお言葉でこの日は満足でした。
 K先生は、パー5でのチップインに上機嫌、珍しくランチでジョッキ2杯でした。テーブルの皆さんは、飲酒運転がどうのこうのと話題になりましたが、おおかた自分だけは大丈夫とひそかに思われてるようでした。

d0090161_12554414.jpg
夕方5時に阪急西宮北口でK先生と待ち合わせて、ごひいきの良佳さんのライブに誘われました。ミスター・ケリーです。ところが、電車の中でK先生は、「東梅田や・・」と確信されてましたので、私は「三井ガーデンホテルだったら西梅田とちがいますか?」・・・結局みっちさんに携帯で確認されてほっと!近くまで行くと、見覚えのあるビルが左手にみえます。jam3の入ってる建物でした。




d0090161_12564395.jpg
d0090161_12584797.jpg


















7時前にライブハウスに入り、開演までの半時間カクテル、おつまみを注文して、いよいよ良佳さんの登場です。バックはピアノ、ギター、パーカッションでしたが、それぞれ実績のあるメンバーさんながら、良佳さんの紹介を聞いても私は初対面でした。パーカッションさんは元チューブのメンバーだったとのことです。


d0090161_12573923.jpg
2ステージに入る頃、ファンドマネージャーさんがこられました。ブログではちょくちょくお名前を拝見してましたが、はじめてK先生に紹介していただきました。これからもよろしくです。

(追伸:デジ一眼での初ショット。最初はお任せモードでゆこうと思ってましたが、いざとなって、液モニのセッティングをいじって、酒の酔いも手伝い露出モードのセットを間違ってしまいました。-0.7補正。何もしないほうがよかったんです。)

(D-200)

# by chura-photo | 2006-09-27 22:07 | Comments(8)
2006年 09月 26日

因幡路

2006年9月26日(火曜日)


d0090161_1154766.jpg
tetsuさんの鳥取紀行を拝見してまして、私もむしょうに、当時の友人仲間に会いに行きたくなりました。家族と5年間、仕事や生活に馴染み、また人間関係など苦労して作り上げたものを、転勤辞令とともに捨ててゆく会社人間の悲哀みたいなものを背負ってきたのは、私だけではないと思います。 (浦富海岸を望む)












d0090161_116559.jpg



当時の仕事を通じて出来た友人は、ペンタックスマニアです。奥さんもカメラが趣味で、三人で撮影ツアーをした時の思い出です。
(出石祭り)

(F-100)

# by chura-photo | 2006-09-26 23:50 | 旅行 | Comments(2)
2006年 09月 25日

デジカメ・リポート(Ⅱ)

2006年9月25日(月曜日)


d0090161_17463867.jpg
分厚いマニュアルも半分で読み疲れました。解説項目から、あちこちのページに振られ、ふらふらです。時間の無駄!とにかく写してみました。我が家の食卓が簡易スタジオとなりました。室内照明だけが頼りの悪条件です。Pモードのお任せですが、露出補正,色合いモード、画質モードなどいじってますがデーターは省略させてください。レンズは24-85㎜のおよそ38㎜のF値です。
 ちょこちょこいじってみて、D-200は、起動、レリーズタイム、ミラースピードともまったくストレスがありません。フイルムのF-100以上です。ただし、電池の減り具合がちょっと早いように思います。予備を買わねば・・・。

(D-200)

# by chura-photo | 2006-09-25 16:41 | 写真 | Comments(9)
2006年 09月 24日

デジカメ・リポート

2006年9月24日(日曜日)


d0090161_20353421.jpg念願のNikonデジ一眼、D-200をゲットしました。愛機のフイルムNikonのF-100での現像待ちとフイルム代から開放されると思うとわくわくします。ゴルフ練習場でのウイークリーサービスの2時間打ち放題とは違い、時間無制限の撮り放題なんです。
 只今、マニュアルと格闘中で、電話帳のような分厚い本とにらめっこですが、取り敢えず簡単マニュアルコースで試し撮り、画像ソフトもインストールしました。D-200はフイルム一眼のF-100のデジタル版と言われ、ボディーサイズ、ホールド感、操作スイッチの配置など、F-100ユーザーにとってまったく違和感のない仕上がりです。内臓ストロボが付いたこと、スイッチのクリック感などが向上していて総合的な質感は失われてません。
見た目、いじった感じは☆☆☆☆です(☆5つが満点)。
 だだ、ボディーの裏にMade in Thailandと刻印されてました。同じく、トヨタのクラウンが中国製になろうとしている今日、日本の職人技が失われてゆく寂しさを感じました。

(Lumix-FX01)

# by chura-photo | 2006-09-24 20:30 | 写真 | Comments(8)
2006年 09月 24日

禅寺と花街

2006年9月23日(土曜日)


d0090161_19275.jpg
お彼岸のお墓参りも無事終了しました。墓地は、臨済宗建仁寺山内の塔頭である、両足院にあります。祖父が生前たまたま親戚の墓参りに行って、場所が気に入って、祖父とお寺の住職との立ち話で墓地を買うことになりました。契約書も領収書も無しの口約束で今日に至ってます。(ええかげんな時代やったなー、とホームに暮らす母親は口癖のように言います)

d0090161_19122380.jpg
曰く因縁、いきさつ成行きは分かりませんが、お寺の北門を出れば、そこは京都の花街、祇園花見小路に出ます。「おたくのお墓はどこえ・・」(うちは祇園の建仁寺え・・)とこんな調子です。夕暮れ時ともなれば、御茶屋のおかあはん、出勤前の芸子さんとすれちがいます。花見小路をちょっと上がった(北に行く)ところに、ライブハウスのCANDYもおますえ・・・。

(Lumix-FX01)

# by chura-photo | 2006-09-24 19:16 | 散歩 | Comments(1)
2006年 09月 22日

散歩の友

2006年9月22日(金曜日)

d0090161_1822167.jpg暑さ寒さも彼岸まで、の読みどおりめっきり秋らしくなってきました。明日のお墓参りに京都の実家に来ました。家の近くに御所があります。正しくは、京都御苑といって、その中に御所があります。春と秋に一般公開がありますが、普段の御苑内はだれでも入れます。ただし、キャッチボール、ゴルフの練習、宴会などは禁止で犬の散歩はマナー厳守でOKです。

d0090161_1892414.jpg早朝の御所は、森林浴を兼ねて気持ちよく散歩できます。ワンちゃん仲間のお連れさん、出勤前の会社員らしき人のランニング、シニアご夫婦の仲良し散歩、などなど平和な庶民の贅沢な空間です。

d0090161_18141032.jpg幾百年の歳月を経て圧倒されるような古木がたくさん見られます。

















d0090161_18313412.jpg
見慣れた景色の中を、漫然と散歩するのは案外つまらないものでもあります。話を交わすこともなく、足腰を鍛えるためのウォーキングとかなんとか、自分を納得させても長続きしないようです。生活のリズムが狂ってる時などは、答えの出ないマイナーな雲が頭の中に垂れ込めてしまい、せっかくの散歩がストレスになってしまうことがあります。
 そんな時、そっとポケットからとりだした、デジカメでブログのネタを探すのは、散歩の癒しとなります。

(Lumix-FX01)

# by chura-photo | 2006-09-22 17:52 | 散歩 | Comments(0)
2006年 09月 21日

美ゆら島の版画家(儀間 比呂志=ぎまひろし)

2006年9月21日(木曜日)

1923年、沖縄本島、那覇の生まれです。国際的な版画家で絵本作家でもあります。その作風は力強い線とおおらかな色彩のコラボでしょう。この2点は晩年の作品です。私の石垣島赴任時代に数点収集し、持ち帰ったものです。
d0090161_23441020.jpg「芭蕉の花」

沖縄出身の俳優、仲間由紀恵さん風でしょうか。







d0090161_2348618.jpg「宮良殿内」

琉球王朝時代の役人の住居で、現在も石垣市にて保存されてます。

# by chura-photo | 2006-09-21 23:49 | つぶやき | Comments(1)
2006年 09月 20日

新幹線700系

2006年9月20日(水曜日)

d0090161_17363624.jpg
d0090161_17365749.jpg
d0090161_17371576.jpg
新大阪を出発し、新神戸に向かう新幹線にピントをロックしました。我が愛機のNikonF100は高速連写4.5枚/sec、予測フォーカス(動く被写体にピントを自動的に合わせ続ける)、オーバーラップサーボ(狙う被写体の前に一瞬何かが横切ってもフォーカスしない)と言った機能がついています。これは、実験的写真で、狙う新幹線の手前を一瞬電柱が横切りましたが、オーバーラップサーボが機能しました。マニュアルどおり、「看板に偽りなし」でした。(写真上から順に)
 我がマンションから新幹線が見えます。鉄道ファンには喜ばれるかもしれませんが、うるさいだけです。また、こんな写真を、高価なフイルムを使ってわざわざ撮る人もまれでしょう。
 ライブの撮影で、たまたま撮り残したコマが10枚ほどありましたので、この写真といっしょに現像(CD書き込み)に出しました。

(NikonF-100)

# by chura-photo | 2006-09-20 17:39 | 写真 | Comments(3)
2006年 09月 19日

キンメ鯛で帰宅

2006年9月19日(火曜日)

d0090161_18434474.jpg人間ドックに行きました。おおかた半日、人に自分の体を弄繰り回されるのは大変疲れます。眼底検査で、瞳孔を開くために点眼され、強力なフラッシュを焚かれました。夕方になっても私の両目の瞳孔はキンメ鯛の目のように開き、絞りの調節ができません。(気分悪し!)
キンメ鯛は深海魚、煮ても焼いても、刺身でもうまい高値安定の定番魚です。

# by chura-photo | 2006-09-19 18:44 | Comments(1)
2006年 09月 18日

レアモノですか?

2006年9月18日(月曜日)

d0090161_22133897.jpg馴染みのDPEのお店で発見しました、アグファカラーです。今まで何気なく目にとまってましたが、バットマンの絵なんか印刷されて、おもちゃの景品か?と・・・。たまたま今日、お店にネガの現像に行き、手にとって見たら、なんとあのドイツの名門アグファ社のネガフイルムでした。デジタルの波に乗り遅れ、昨年5月惜しくも破産してしまいました。おや・・?なんでこんな値段?ほんとに写るの?と失礼ながら店主に素朴な質問。ISO100の3本セットが300円、ISO400が一本160円です。金融品か何かの訳ありか?そんなことはとにかく、いちど実験的に写してやろうと好奇心で買ってみました。

# by chura-photo | 2006-09-18 22:16 | 写真 | Comments(1)
2006年 09月 17日

萩の花と敬老の言葉

2006年9月17日(日曜日)

d0090161_11591414.jpg台風13号の接近を避けて、京都のホームで暮らす母親に会いに行きました。中心静脈栄養の点滴で過ごす母にとって食べ物の土産はかないません。いつものようにNHKのTVを機嫌よく見てました。

d0090161_1202054.jpg京都・梨木神社(なしのき)は京都御所の東に寺町通りに面して建立されてます。京都生で生まれ育った私は、神社・仏閣は空気みたいなもので、由緒・ゆわれは多々あるも人様に講釈できる知識はありません。
d0090161_1274351.jpg
Tetsuさんのブログで萩神社を拝見し、そうそう・・と思い出して実家の近くの梨木神社にゆきました。毎年九月の第三日曜日が「萩まつり」です。

d0090161_1294438.jpgたまたま、その祭りのイベントに遭遇し、ラキーと心ときめきましたが、残念ながら萩の花はどこぞ?と探したら参観者の影に隠れていました。花のあふれる回廊を期待したんですが・・・。開花情報を神社に確認するほど周到な準備ではなかったので、コンパクトのFX01で何枚か収録してきました。

d0090161_13223.jpg


ニコン 70-300㎜ ISO800(ビーナスのネガ)もあります。
d0090161_1858635.jpg

d0090161_18584530.jpg
d0090161_18593484.jpg


# by chura-photo | 2006-09-17 22:43 | 散歩 | Comments(5)
2006年 09月 16日

道具が仕事をしてくれた

2006年9月16日(土曜日)

d0090161_23411661.jpg
ポートレートの師匠とともに、JAM3Fでのライブ撮影です。私は、暗いところではフラッシュか三脚。フイルムもISO400までがいままでの常識でした。レンズの明るさとか極限の高感度フイルムなど頭になかったことも事実です。

d0090161_23455427.jpg
こんな暗い部屋で写真が写るの?と素朴な不安でしたが、SHINさんの薦めで買ったNikon85㎜F1.8のレンズが助けてくれました。
金曜日の夜、前重英美さんは輝いていました。

# by chura-photo | 2006-09-16 23:29 | Comments(5)
2006年 09月 15日

2006年9月15日(金曜日)


d0090161_11395249.jpg西梅田近くのこじんまりとしたライブハウスです。中年の品の良いママさんとマスターが迎えてくれました。堂地下を歩くのは10年ぶりと思いますが、梅地下と違う大阪の雰囲気が残ってました。写真仲間の友人からメールをもらい、急なお誘いながら京都から戻って北新地のビルに入りました。
 ピアノの横で歌うは、前重英美さんです。八時に始まったライブも、ツーステージに入る頃お父さんが来られ、私たちのテーブルにご一緒しました。同年代のよしみか、世間話となりました(話の内容は省略します)。娘を暖かく見守る父、家族の見守りを感じる娘さん、そんなごくふつうの関係が新鮮でした。

# by chura-photo | 2006-09-15 11:35 | つぶやき | Comments(5)
2006年 09月 14日

知ってる人は知っている

2006年9月14日(木曜日)

d0090161_20421089.jpgご存知SNSの雄、ミクシィが株式市場に上場されました。会員数500万人とも言われる「mixi」です。虚、実混在する株式市場の活性剤となるかどうかは別として、人気に拍車がかかり公開価格の2倍以上でも売り手なく、一株315万円(315円ではありません)でも商いは成立しませんでした。悲喜こもごも、シーソーゲームを繰り返す日経平均も本日は上昇しました。一方、同じIT関連銘柄でご存知、NET通販の楽○は、訳あってのストップ安で、売りたくても買い手が登場しないといった対照的な今日のマーケットでした。

d0090161_20424085.jpgNHKの午後七時のニュースです。街行く若者は「知ってる、知ってる・・・」の当然の世界、携帯電話は必需品でもパソコンとは無縁の世代は???の世界。NETを通じた口コミ情報が、会社の売り上げをも左右して、クレームはタブーといった隠蔽体質から、それを商品開発に積極的にうけいれる会社が勝ち組となってゆくようです。

# by chura-photo | 2006-09-14 20:47 | Comments(1)
2006年 09月 13日

アップルマンゴー成長記


2006年9月13日(水曜日)

d0090161_0551936.jpg

本土より遥か1,700キロ彼方の石垣島より送られしアップルマンゴーの発芽です。(八月十九日撮影)





d0090161_0562231.jpg
秋の訪れとともに成長がとまったような予感です。この先どうなることやら、ちょっと責任を感じてます。(九月十二日撮影)

# by chura-photo | 2006-09-13 23:45 | つぶやき | Comments(0)
2006年 09月 12日

ムンバイからニューオーリンズそしてロシアへ

2006年9月12日(火曜日)

d0090161_0151584.jpg


大学時代の同級生が元町で商いをしています。脱サラ20年、インド貿易の専門商社です。輸入商品はインドの「スカーフ」「ショール」などの婦人物が中心です。「どう?景気は」「あかんねー、零細企業は」と冴えないながらも、奥さんと息子さんとで頑張ってます。
d0090161_0163011.jpg


「久しぶりに一杯いこか!」「僕は神戸を良く知らないのでおまかせや!」「ほんなら馴染みの居酒屋でどや?」「たのむわ・・!」こんな調子でゴチになりました。居酒屋の主人が勧めてくれた「シオ」はカンパチの子供、「今しか口にはいらんけど、明石の兄から仕入れましたんです・・」

d0090161_0172945.jpg
八時過ぎになって、私は元町だったら近くにライブハウスの「ソネ」があることを知ってました。「ソネ!しってる?」「うちの事務所と目と鼻の先やけど、僕は行ったことがないよ・・」「ほな行ってみる・・・?」
彼に案内されるまま、坂道を歩いて行きました。間口は狭いですが中はゆったりとしたラウンジ風です。
彼は「感動したね、彼女すごいよ・・ありがとう!!」と感謝されました。ジャズと縁も所縁もない彼にも、感動させるオーラを持ってるボーカリストでした。如才ない彼は、幕間の帰り際にちゃっかり彼女と握手をして、おまけに私と彼女のツーショットを撮ってくれました。
出演者は北浪良佳さんでした。

私が、神戸に来た事を口実で、「ほんならお先に・・・」と奥さんに言い残し、彼の息抜きに付き合った最後は、ロシアンクラブでした。シャラポア選手の妹のような面影の子が、たどたどしい日本語でお相手をしてくれました。

# by chura-photo | 2006-09-12 23:10 | Comments(3)