ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 19日

東京・人形町


d0090161_1028326.jpg

お洒落とは程遠く、どこか下町の匂いがする。

d0090161_10282375.jpg


d0090161_1028399.jpg

焼肉、すき焼きのお店が目に付く不思議な街。

d0090161_10285690.jpg

老舗のお店で、すき焼きを堪能しました。


RICOH GR DIGITAL 3

# by chura-photo | 2016-05-19 10:24 | スナップ | Comments(2)
2016年 05月 16日

スイカ


d0090161_8453631.jpg

毎日夏日が続くと、かぶりつきたくなりますね^^
熊本のスイカは6月までが最盛期で、震災で被害を受けて苦しい中、
農家の人たちは頑張っています。

そんな今年のスイカは、被災地を繋ぐ丸い玉。


OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-16 08:46 | スナップ | Comments(0)
2016年 05月 13日

カキツバタ(京都・上賀茂)

d0090161_1244030.jpg


d0090161_12537.jpg

上賀茂神社の近くにある太田神社のカキツバタ。
見ごろには少し早かったが、綺麗に咲いていた。

d0090161_1251872.jpg


d0090161_1253962.jpg


d0090161_1293461.jpg

最近になって、鹿が花を食べに来るらしいとのこと。
人と自然の動物が接近してきた昨今である。

d0090161_1255590.jpg


d0090161_1261796.jpg

近くに「すぐき」で有名なお店があって、少し買い物をして帰った。
連なる社家のそばを流れる小川に、澄んだ水の音が絶えなかった。



OLYMPUS E-P5 (G VARIO 12-60mm ASPH)

# by chura-photo | 2016-05-13 12:06 | スナップ | Comments(2)
2016年 05月 11日

京都の博物館

d0090161_23142443.jpg

「禅」心と形、という特別展が開催中。
明治22年に建築の本館に、新たに「平成知新館」という
近代的な展示場がオープンした。(平成26年)

それにしても、日本の美術館はどこも薄暗く(見にくい)、
作品から遠い(細かいところを観たい。)のだろう。

d0090161_231452100.jpg

外国(欧米)はもっと開放的。写真撮影も自由なところが多い。
日本は、観客が職員に監視されている。

文化庁の基準があるのだれうけれど、新しい器に古い酒を入れてほしくない。


OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-11 23:15 | つぶやき | Comments(0)
2016年 05月 07日

堀川を歩く

d0090161_1223279.jpg

京都市内を南北に通る幹線道路。
その道路の脇に、堀のようになった道があって細い川が流れています。

d0090161_1224744.jpg

京都人は川を散歩道に変えてしまいました。

川の水は北から南へ。
そうだ、京都市内はなだらかな坂道になっているのだ。



(画像はクリックで拡大します)

RICOH CX3

# by chura-photo | 2016-05-07 12:24 | スナップ | Comments(2)
2016年 05月 06日

護王神社

d0090161_8364496.jpg

ここは京都御所の向かい。
狛猪をまつる神社で、足腰の衰えを守るご利益があるそうです。

d0090161_8371276.jpg


d0090161_8384658.jpg

自宅近所なので寄ってみました。
そんな年齢ですから、よろしくお願いしますと念じて。

d0090161_8373425.jpg

突然ファインダーに社務所に急ぐ女性が飛び込んできました。
はて、なんでしょうね?(笑)・・・猪突猛進って感じでした。

護王神社


(画像はクリックで拡大します)



OLYMPUS E-P5 G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-06 08:35 | スナップ | Comments(0)
2016年 05月 03日

早朝の御所

d0090161_138917.jpg


d0090161_1382663.jpg


d0090161_1384184.jpg



(画像はクリックで拡大します)


OLYMPUS E-P5 + G VARIO 12-60mm ASPH

# by chura-photo | 2016-05-03 13:09 | スナップ | Comments(0)
2016年 05月 01日

京都迎賓館

d0090161_726880.jpg

バロック建築の粋を集めた赤坂迎賓館(東京:明治時代に建設)があって、
和風様式で、日本の匠の粋を尽くした京都迎賓館(平成17年に建設)。

d0090161_7263340.jpg

このたび、一般公開をするに先立って試験公開がありました。
入場整理券をもらうのに、忍の一字で並びました。

d0090161_7265057.jpg

歴史の都にあって、多くの文化財に囲まれた京都。
神社、お寺も特別拝観とか、神社グッズを売っての営業努力。

d0090161_727317.jpg

普段見慣れた国宝級の数々の建物は、我々京都の人間にとって
日常の空気のようなもの。

贅沢の極みである。

d0090161_7272345.jpg

新装の日本文化が出来上がって、ここ京都迎賓館は創業10年。
まだ、履き慣れない草履のような感じ。

d0090161_7302633.jpg

そうこう思えば、改めて歴史の重みの中に暮らしている自分を見つけた次第でした。



(画像はクリックで拡大します)


RICOH GR

# by chura-photo | 2016-05-01 07:27 | スナップ | Comments(0)
2016年 04月 28日

路地

d0090161_705010.jpg

京都の路は、上がる下がるで通じるものですが、
(北に行くことを上がるといいます。)
何とも説明できない路もあります。

京都人はいけずですね(笑)




(画像はクリックで拡大します)

RICOH GR

# by chura-photo | 2016-04-28 07:00 | スナップ | Comments(0)
2016年 04月 24日

鶏丼

d0090161_12382571.jpg

人がするなら、我もせんとす。
日曜日の男子専科。

ささがきゴボウ、ひじき和え。


(画像はクリックで拡大します)
OLYMPUS E-PL5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

# by chura-photo | 2016-04-24 12:38 | グルメ | Comments(2)
2016年 04月 20日

「長崎の世界遺産を巡る旅」 

長崎の教会群とキリスト教関連遺産として、
ユネスコに世界遺産の申請を準備しました。

世界遺産に登録されるには難しい要件があって、
残念ながら、今回それを満たすことが出来なかったのです。

世界に類を見ない布教の歴史を垣間見る旅でした。

ーーー☆☆☆ーーー

1549年にザビエルによって日本にキリスト教の布教が始まり、
その後、時の幕府、政権によって250年余の禁教の歴史が始まりました。

時は明治になり、奇跡の復活を遂げて長崎の僻地に教会が建てられました。
通称、潜伏キリシタンが日の目を見て教会に出入りすることが出来たのです。

日本は仏教の国です。
禁教の間に、人目を避けて長崎、熊本の僻地に暮らしていた信徒の教会設立は、
とても不便な場所になっています。



(画像はクリックで拡大します)

d0090161_103698.jpg


d0090161_1012439.jpg

日本で最初にできた教会:長崎 大浦天主堂

d0090161_1013741.jpg


d0090161_10132236.jpg


d0090161_10134946.jpg


d0090161_1038855.jpg

僻地に散在する教会。

d0090161_10152149.jpg


d0090161_10153230.jpg

信仰の証。


OLYMPUS E-PL5 

# by chura-photo | 2016-04-20 10:16 | 旅行 | Comments(2)
2016年 04月 16日

「長崎の世界遺産を巡る旅」 その一

(初日)
4月14日、九州熊本県を震源地とする大きな地震発生のニュースがあった。
翌5日、我々ツアー一行は、余震の余波を気にしつつも予定通り長崎に向けて大阪を出発した。

山陽新幹線、長崎本線を乗り継いで5時間余、無事に長崎駅に到着した。

「産業革命世界遺産・三菱長崎造船所」

昔NHKの大河ドラマ「竜馬がゆく」に登場した,岩崎弥太郎が創業した鉄鋼、造船、石炭の関連施設。

奇跡的にもその施設が、永年に亘り今の造船所に保存されていたのです。

d0090161_914168.jpg


d0090161_975362.jpg


d0090161_914144.jpg


d0090161_983327.jpg


d0090161_985239.jpg





(二日目)
深夜、宿泊ホテルが強烈な揺れに遭遇した。
スマフォの緊急速報が何回も鳴り響き、不眠と不安な一夜を過ごした。
これが本震だった。

旅行中、熊本県では度重なる余震に見舞われ、被害は大きくなり政府の救援活動が始まった。
九州のJR各線は運休などとなり、我々は退路を断たれた形となった。

午前中は、軍艦島の見学に観光船に揺られて1時間、長崎の南西4.5kmの洋上に浮かぶ
石炭の廃坑跡(端島)の見学に。

ここでハプニングがあった。
南風が強く、観光船が着岸できないのである。
泣く泣く我々一行は、観光船で周囲を見学し長崎港に戻った。

d0090161_917418.jpg


d0090161_9172712.jpg


d0090161_9174640.jpg


d0090161_918521.jpg


d0090161_9182833.jpg


(続きます)


OLYMPUS E-P5 
RICOH GR Digital 2

# by chura-photo | 2016-04-16 23:05 | 旅行 | Comments(2)
2016年 04月 13日

京都情緒

お茶席。

d0090161_10225066.jpg


昼の花街。

d0090161_10232725.jpg


d0090161_10234099.jpg



LEICA X2

# by chura-photo | 2016-04-13 10:23 | スナップ | Comments(0)
2016年 04月 12日

京都・先斗町にて

「都おどり」に「京おどり」、「北野おどり」に「鴨川おどり」と,
春の京都の舞妓や芸子さんは大忙し。


d0090161_18242211.jpg


d0090161_18244259.jpg


d0090161_1824556.jpg



LEICA X2

# by chura-photo | 2016-04-12 18:25 | スナップ | Comments(0)
2016年 04月 09日

東京桜事情

「千鳥ヶ淵公園」

池に散った花筏。
d0090161_2029144.jpg


d0090161_2029157.jpg


d0090161_2029323.jpg


d0090161_20295281.jpg


「靖国神社」

花むしろで御霊を祀る。
d0090161_2031497.jpg


d0090161_2032398.jpg


d0090161_20322451.jpg



OLYMPUS E-PL5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 EZ

# by chura-photo | 2016-04-09 12:32 | スナップ | Comments(2)
2016年 04月 06日

半井の道(なからぎのみち)


d0090161_19351533.jpg


d0090161_19353420.jpg

京都では、少し遅咲きの紅枝垂れ桜があります。
加茂川の土手、800m余の並木道に74本の桜の木が植わっています。

d0090161_19354731.jpg


d0090161_1936261.jpg

京都市民の憩いの河原河川敷。
散歩やランニング、思い思いのスタイルで楽しむ京都市民。

d0090161_19361531.jpg


d0090161_19362844.jpg

明日は雨チラシのお天気のようだ。
綺麗な姿をとどめておきたかった。


Nikon Df(Nikkor 35mm F2.0D)(20mm F28mm F2.8D)

# by chura-photo | 2016-04-06 19:36 | スナップ | Comments(4)
2016年 04月 04日

夜桜(京都・祇園・白川)


d0090161_911493.jpg

こぼれんばかりの泡のような桜の枝、下を流れる
白川の流れが照らし出された。

d0090161_912993.jpg

昨夜は小雨、まもなく花降らしの雨が花ござを作ってくれる。
これも、桜の楽しみの一つ。


Canon PowerShot G7X

# by chura-photo | 2016-04-04 09:01 | スナップ | Comments(2)
2016年 04月 01日

桜の穴場を求めて



「京都府庁旧本館」

d0090161_16113664.jpg


d0090161_1612063.jpg

京都府庁旧本館は、明治の中頃に建てられて重要文化財に指定されている。
レトロな窓から中庭を眺める。

d0090161_16122552.jpg


d0090161_16124966.jpg

中庭に綺麗な枝垂桜やソメイヨシノが見事。
観桜祭りがおこなわれていた。

d0090161_1613934.jpg


d0090161_16183191.jpg

普段から一般公開されている建物は、レトロな趣が盛りだくさん。
雅な京都の意外な一面を見ることができます。



「哲学の小道」

d0090161_161451.jpg


d0090161_16144786.jpg

ここは語らなくても有名な観光地。
近くに銀閣寺もあって、年中観光客が絶えない。

やはり中国系の観光客が年々はばを利かせて撮影に余念がない。



「祇園 白川」

d0090161_16152851.jpg


d0090161_1616790.jpg

祇園という観光ブランドに桜並木と言ったら、もうこれは来るしかないでしょう。
結婚式の前撮り、ツーショットと、あちこちでスマフォのシャッター音が聞こえます。

d0090161_16154811.jpg


d0090161_16215817.jpg

ちょっと脇道をそれたら、ひっそりとした小道に綺麗な桜がありました。



Nikon D7100(Nikkor AF-S 18-140mm VR)

# by chura-photo | 2016-04-01 16:16 | スナップ | Comments(0)
2016年 03月 30日

古川町商店街(京都・東山)

d0090161_2154183.jpg

ここは東の錦市場といって、明治の始め頃から賑わっていたそうです。

東山三条にあって、その昔知恩院さんや三条通りを行き交う人々のお家の
台所を潤していました。

d0090161_2155639.jpg

最近になり、昭和の匂い、レトロな商店街として脚光を浴びてはいますが、
いかんせん後継者不足で、シャッターを下ろしたお店が目立ちます。

d0090161_2161866.jpg

京都に長年住みながら、ここの商店街の存在は知りませんでした。

d0090161_2163213.jpg

いまでこそ、スーパマーケットやコンビニがありますが、昔は区域、町内ごとに
小さな市場が身近にあったものです。

近所の奥さん方の、情報交換の場でもあったんでしょうね。

d0090161_2165293.jpg

ぶらぶらカメラを堤て歩いていると、一軒のお惣菜やさんが。
稲荷寿司と出汁巻きを、お土産に買って帰りました。


LEICA X2

# by chura-photo | 2016-03-30 21:07 | スナップ | Comments(3)
2016年 03月 26日

早咲き桜

d0090161_10252887.jpg

京都御苑の北、紫宸殿の裏当たりの一角にある
枝垂桜が綺麗でした。

d0090161_1025506.jpg


d0090161_1026381.jpg


d0090161_10261814.jpg


d0090161_10263147.jpg


御苑の北側にある旧近衛邸址で濃い紅色や白の花を垂れる「糸桜」にはカメラを向ける人が多く集まります。

少し遅れて清所門の近くでは「車返桜」と名付けられた桜と、真白の八重の花を咲かせる大きな桜の木が見られます。
(Webサイトより抜粋)


RICOH GR Digital2

# by chura-photo | 2016-03-26 10:27 | Comments(2)
2016年 03月 25日

味噌・醤油

d0090161_9441984.jpg

昔から京都のことを、事あるごとにそれとなく陰口をたたかれます。

d0090161_9443252.jpg

京都は敷居が高いし、一見さんは敬遠されるし、
やたら住所が長ったらしいし、・・・・

d0090161_9444754.jpg

数え上げたらきりがないです。
でも、それぞれ納得する訳があるんです。

d0090161_9471311.jpg

京都に住んでみたら分かるんと違いますか?


Nikon D7100(Nikkor SF-S 18-140mm VR)

# by chura-photo | 2016-03-25 09:45 | スナップ | Comments(0)
2016年 03月 23日

祇園・花見小路

d0090161_951436.jpg

すっかり観光地化しました。
アジア系の団体さんの見学コース。

d0090161_953883.jpg

地元人も圧倒されるし、情緒もお預け。
用事のある人は舞妓さんも、芸子さんも、お坊さんも
わき道を通ります。


LEICA X2

# by chura-photo | 2016-03-23 09:05 | スナップ | Comments(0)
2016年 03月 22日

老舗のイタリアン

d0090161_19401933.jpg

京都で老舗と言われるには、少なくとも創業300年と言われるが、
イタリアンともなれば番外編の扱い。

d0090161_19404583.jpg

創業30年と都のビストロでは老舗だ。
イタリア人が、わざわざ新幹線でやってくると評判の店に行ってみた。

d0090161_1941963.jpg


d0090161_19412140.jpg


d0090161_19413742.jpg

オーナーシェフは日本人。
京都の新鮮な地元野菜をふんだんに使って、繊細で巧みな味付けで魚、肉をアレンジした
料理を出してくれた。

d0090161_194201.jpg

お店の場所は観光地でもない、市内の通りに面して佇んでいる。
いわゆるB級グルメだはなく、襟をただしてお店に入る。
遠来の友と一緒にテーブルを囲んでも、悔いのない京都のイタリア料理店と思う。


(京都市・高倉通り、蛸薬師角)


RICOH GR

# by chura-photo | 2016-03-22 19:42 | スナップ | Comments(0)
2016年 03月 21日

桜咲く

d0090161_193441100.jpg

先週の京都、鴨川沿いに桜並木がある。
車窓から見ていると、ちらほら咲き始めていた。

d0090161_19345938.jpg

今日は朝からいいお天気だ。
京都・御所の近くに住んでいるので気になった。

d0090161_19351314.jpg

やはり開花は早かった。
お彼岸の中日も済んで、三月も去ろうとしている。
今年の開花は早い。
同時にそぞろ忙しい春の訪れを思う。


(京都・御所にて)


RICOH GR

# by chura-photo | 2016-03-21 19:35 | スナップ | Comments(2)
2016年 03月 17日

伊根の船宿



d0090161_826527.jpg


d0090161_8262759.jpg

丹後半島の伊根に行ってきました。
京都府与謝郡伊根町は、海の京都と言われています。

d0090161_8272169.jpg


d0090161_8274549.jpg


d0090161_8281052.jpg

京都にも海があったのだ、と都会暮らしの僕の心が目覚めました。
同伴は、ゴルフ仲間と三人の気楽な旅です。

d0090161_14585785.jpg


d0090161_8283914.jpg


d0090161_8292070.jpg


d0090161_8293794.jpg

観光案内には「天地山海にいきづく和の源流」とあり、まさに陸の孤島というにふさわしいひなびた静かな田舎の漁港です。

ずっとこのまま変わらない風景であってほしいと望むのは都会人の勝手、過疎化する地元の生活は楽ではなさそう。

d0090161_830757.jpg


d0090161_8303728.jpg


d0090161_831850.jpg

伊根湾に囲まれた地域は、海、舟屋群そして背景にそびえる小高い山並みが、国の伝統的建物保存地区になりました。

一方では開発が規制され、そこに暮らす人たちは高齢化し、若者が働く場所のない
町として取り残されてゆくのです。

d0090161_839404.jpg

過去に映画やテレビのロケ地にもなり、「男はつらいよ寅さん」、「釣りバカ日誌」、NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」などがありました。

d0090161_8321423.jpg

ここ伊根湾は富山湾と肩を並べるほどの鰤の産地と聞きました。
でも、今は気候の変化でかつてのような水揚げがなく、名物の「鰤しゃぶ」を旅館の食事に出すことも少なくなったそうです。

d0090161_8325331.jpg


d0090161_8331321.jpg




d0090161_834020.jpg

もっともそれは天然の鰤のことで、最近は養殖もので代用しているそうです。
宿での食事は、ほうぼう、まとう鯛、スズキのお刺身ですが、新鮮さは何物にもかえがたいご馳走です。

d0090161_8342499.jpg


d0090161_8344459.jpg

伊根町に行く前に、JR京都駅から特急で二時間余り、宮津駅に降り立ったその町はひっそりとした人気もないところでした。
駅前に一軒の居酒屋があって、お昼の魚定食を食べました。
田舎といってもそこはそれで、新鮮さがウリ。地元の人たちが昼食をとりに沢山やって来るお店です。

d0090161_8351052.jpg


d0090161_8353659.jpg



お昼を済ませて丹後交通のバスで揺られること一時間余、伊根のバス停には宿の女将さんが迎えに来てくれていました。
途中たくさんのバス停を通り過ぎましたが、乗り降りする人もなく寂しかったのです。

d0090161_8363284.jpg


d0090161_8364533.jpg

船宿の女将さん、ジーンズにエプロン姿の人なつっこい笑顔にほっとしました。


OLYMPUS E-PL5 (M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm EZ)

# by chura-photo | 2016-03-17 22:19 | スナップ | Comments(4)
2016年 03月 11日

天とじ丼

d0090161_8582465.jpg

京都で老舗といわれるのは、創業100年、200年は半人前。
300年、400年と言われてようやく極みの域に達するのです。

d0090161_8584556.jpg

ここ、京都で老舗といわれるお蕎麦屋さん。
創業400年と言われていますので、応仁の乱のころ。

d0090161_8595797.jpg

お蕎麦もイッピンのお味ですが、メニューにないから口頭で注文する「天とじ丼」に「せいろ蕎麦」が絶品です。


OLYMPUS E-PL5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

# by chura-photo | 2016-03-11 12:52 | スナップ | Comments(0)
2016年 03月 08日

天空の語らい

d0090161_17294430.jpg


d0090161_1730138.jpg

aaa
d0090161_1931284.jpg

あべのハルカス展望台は地上300mの日本一の建物。


Canon PowerShot G7X

# by chura-photo | 2016-03-08 17:26 | スナップ | Comments(2)
2016年 03月 04日

北山杉の故郷


d0090161_19132227.jpg

京の田舎という感じの京北町は、日本海に通じる東の鯖街道と言われています。

d0090161_19134132.jpg

日本家屋の床の間を飾った北山杉も、今は斜陽産業となってしまいました。

d0090161_19135744.jpg

清流、清滝川に沿って、かっての北山杉の銘木問屋がわずか数件残っているだけです。

d0090161_19141773.jpg

山を守り育てた杉の材木は、凍てつく冬に床柱として加工されてゆく。

d0090161_19143719.jpg

やがては消えゆくであろう京都の伝統産業、名残惜しいが時代の変化は容赦ない。



Nikon Df(Nikkor28mm F2.8D)

# by chura-photo | 2016-03-04 19:07 | スナップ | Comments(0)
2016年 03月 03日

京都・錦市場界隈

d0090161_21224637.jpg

江戸時代の異端児と言われた絵師、伊藤若冲は錦市場の野菜問屋の跡取り息子であったが、
絵画に目覚めて出世していった。

d0090161_21231046.jpg

パトロンと言われる人物に、京都・相国寺の住職がいた。
若冲の描く題材には、野菜や動物が多い。
錦市場で売り買いされていたものが、そのまま絵の題材になったようである。

d0090161_21233222.jpg

久しぶりに遠来の友人と錦市場を散策した。
相変わらず観光客でにぎわい、行き交うごとに肩が擦れ合う狭い通りである。

生ガキを食わす小さな屋台があって、京の純米冷酒に舌鼓を打ってくつろいだ。


OLYMPUS E-PL5 (M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8)

# by chura-photo | 2016-03-03 21:23 | スナップ | Comments(0)
2016年 02月 27日

京都・先斗町

d0090161_23342316.jpg

この夜、東京から観光にやってきた若い女性がお店にやってきた。
先斗町は始めてで、そんな小さなライブハウスも偶然に出会ったとのこと。

d0090161_9574012.jpg

関西人の独特のノリに少し彼女は戸惑ったようだが、ミュージッシャン達の
熱烈な歓迎をもらって、とても満足な夜の京都観光であったようだ。

d0090161_915176.jpg

木屋町通りと先斗町の間には、路地という独特の細い抜け道がある。


OLYMPUS E-P5 & M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

# by chura-photo | 2016-02-27 23:35 | スナップ | Comments(2)