<   2015年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

廃工場

d0090161_7585444.jpg

列車に乗ったぶらり旅。
改札を通る風景は、旅人に交じってあわただしく過ぎてゆく。

d0090161_7591059.jpg

のどかな田園風景、駅のプラットフォームから見える廃工場があった。
昔のレンガ作りに鉄骨が組みこまれた屋根は吹きさらしになっている。

なんとなくお洒落な景色で、不思議に廻りの景色にに溶け込んでいた。


RICOH CX-3

by chura-photo | 2015-08-31 14:50 | JR京都駅 | Comments(0)
2015年 08月 23日

南禅寺とその塔頭

d0090161_20445092.jpg

塔頭の一つ。
蓮池が特に優雅な庭園を配しています。
「天授庵にて」

d0090161_20453816.jpg

琵琶湖疏水の分岐点として明治に建てられました。
南禅寺水路閣は、東山の名所の一つになっています。

d0090161_20455722.jpg

お寺の境内を通過するために、周囲の景観に溶け込むように設計されました。
レトロですね。

d0090161_905946.jpg


d0090161_20461992.jpg

レンガ作りの面表には、苔むした処が見え隠れしています。
d0090161_20464762.jpg


d0090161_2047669.jpg

訪れる人も少なく、静寂に身をゆだねるひと時。

RICOH GR 

by chura-photo | 2015-08-23 20:47 | お寺・神社 | Comments(0)
2015年 08月 21日

錦市場(京都)


d0090161_8305970.jpg

江戸時代、隆盛を誇った京の絵師たちは琳派と呼ばれた。
本阿弥光悦、俵屋宗達そして伊藤若冲が、琳派の中心的役割を担った。

d0090161_8311426.jpg

その伊藤若冲は、京都錦市場の野菜問屋「升源」の跡取り息子。
いわば若旦那であった。

d0090161_8312838.jpg

小さい頃から絵心に目覚め、錦市場の生の風情を描いていたようである。
彼の作品には、奇抜ではあるが植物、動物、魚が多いのも納得できる。

d0090161_8314539.jpg

彼は若くしてその身代を弟に譲り、自分は絵師となって行く。
京都の禅寺「相国寺」の住職に可愛がられて、良きパトロンを得て出世していった。

d0090161_832455.jpg

そんな歴史ある京都の錦市場も最近は外人観光の目玉になって、
すれ違う人たちから英語や中国、韓国ごが聞こえてくるようになった。

d0090161_8321799.jpg

また、老舗のお店が代替わりすると県外のほうから新しいお店が
新装開店して、昔ながらの錦市場の趣が無くなってゆくのが寂しい。



RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2015-08-21 08:28 | スナップ | Comments(0)
2015年 08月 19日

種子島から鹿児島へ。

(種子島にて)

d0090161_895547.jpg

16日の日曜日、僕たち(娘、夏休み中の孫)は種子島宇宙センターにやってきました。
大阪・伊丹空港からの直行便はプロペラ機でした。

d0090161_8101220.jpg

今回は旅行会社が企画した「種子島ロケット発射応援ツアー」に参加したのです。
日本が世界に誇るH2Bロケットで宇宙ステーションに水、食料などの生活物資や機材など沢山の荷物を打ち上げるのです。

d0090161_8102537.jpg

種子島に着いた日、発射は一日延期され、さらに続いて二日の延期となりました。
もともと、そんな事態を覚悟の旅行でしたが、こちらの日程が限界になりました。


(鹿児島・指宿温泉にて)

d0090161_812125.jpg

急遽予定を変更し、ツアーから離脱。
一路鹿児島の指宿温泉に向かいました。

種子島から最も近い温泉地だからです。
桜島を眼下に望み、鹿児島空港に。

さらにレンタカーで1時間半で指宿温泉にやってきました。

孫が喜んだのは「砂風呂」。
厚い砂を胸元まで掛けてもらって、サウナ状態になりました。

d0090161_8162035.jpg

南国の趣を漂わせる鹿児島。
瓢箪から駒的な今回の旅。
いい経験になりました。

ロケット発射は年3-4回と言うことで、次回もリベンジして見たいと思います。


OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ &45mmF1.8

iphone6

by chura-photo | 2015-08-19 22:13 | 旅行 | Comments(4)
2015年 08月 15日

真夏の相国寺

d0090161_20511631.jpg

相国寺は14世紀、室町幕府の三代将軍「足利義満」により建てられた臨済宗の禅寺です。

京都市内の中心にあって、京都御所の北に位置します。

d0090161_20513952.jpg

金閣寺や銀閣寺は、相国寺の塔頭(たっちゅう)で、格でいえば支店なんですね。
そんな立派な寺院に美術館があります。

d0090161_20515546.jpg

特に京都・琳派の絵師、伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)の作品が多いのは、相国寺の和尚がパトロンになっていたと言われています。

古今東西、芸術の世界を極めるには資力が欠かせないということでしょうね。


RICOH GR 

by chura-photo | 2015-08-15 08:52 | お寺・神社 | Comments(0)
2015年 08月 13日

早朝の御所

d0090161_9283214.jpg

立秋も過ぎて、ちょっと今朝は秋の匂いがする
京都御所の迎賓館前。

d0090161_9285613.jpg

早朝散歩、ランニングの人達とすれ違う朝。
木々の間から蝉の声もかすれて聞こえてくる。

d0090161_930796.jpg

16日は京都大文字(五山)の送り火だ。
今年もそのようにして夏が終わるのだろうか。


RICOH CX3

by chura-photo | 2015-08-13 09:30 | スナップ | Comments(4)
2015年 08月 03日

ひまわり畑

d0090161_19173259.jpg

ひまわりの季節だ。
毎年この地にやってきて撮影をする。
もう僕の恒例行事となったようなもの。

d0090161_19175059.jpg

ひまわり、実はこの花の命は大変短い。
大きな手の平のように太陽に向かって一斉に花開く。

d0090161_19181245.jpg

でも間もなくたっぷりと栄養を付けた種が出来ると、
なんと一斉に太陽を背にして、その実を守るように
うつむく姿はこれまた哀れ。

d0090161_1921287.jpg

今年も元気なひまわりを撮って、リフレッシュした。
ここ、滋賀県近江八幡市大中というところは、スイカの産地。
まるまると弾けそうな大玉を買って帰ったが、待ちうける冷蔵庫は
肩身が狭い。


Nikon Df

AF Nikkor 24mm f2.8D
AF Nikkor 85mm f1.8D

by chura-photo | 2015-08-03 19:18 | スナップ | Comments(0)