ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 30日

師走のご挨拶

この一年、元気にカメラを持って過ごすことが出来ました。

ブログを応援くださった訪問者の皆さまのお陰と感謝しています。

来年もよろしくお願いします。

どうぞ良い年をお迎えください。

                 ☆  ☆  ☆

祇園・花見小路界隈を歩く。
師走といえど別段に改まった構えはない。
毎日毎日が封を切るような新しさがある。
d0090161_1452379.jpg


d0090161_19464580.jpg


d0090161_146784.jpg


d0090161_1462349.jpg


花街と壁を隔てた禅の寺。
臨済宗・建仁寺。 その塔頭寺。

悟りの窓
d0090161_1484899.jpg

手水
d0090161_1471364.jpg


d0090161_1473876.jpg


庭には縁起物の赤い万両(まんりょう)の実が師走らしい風情を。
d0090161_1481230.jpg



NIKON Df + NIKKOR 28mm F2.8 D

by chura-photo | 2014-12-30 19:38 | スナップ | Comments(3)
2014年 12月 21日

鯖の缶詰

青森県の三陸沖野近海で、夏から秋にかけて捕れる鯖がある。
通称、八戸前沖鯖(はちのへまえおきさば)と言われるやつだ。

たっぷりと脂身がある割にあっさりとして、トロ鯖とも言われている。
これを缶詰めにしたものが(八戸前沖鯖)である。

ところが漁獲量が多くなく、一般市場に出回ることも少なくて知名度もさほどなない。
残念ながら、今年は地元№1の缶詰め工場の製品が入手できなかった。
注文したがすでに品切れ。でも・・これで満足^^。

d0090161_20332225.jpg





Nikon Df+NIKKOR 85mm F1.8D

by chura-photo | 2014-12-21 20:34 | グルメ | Comments(2)
2014年 12月 17日

キッチン

京都・有次(ありつぐ)さんの片手鍋。
d0090161_1312863.jpg


強化ガラスのコップはかなり頑丈です。
d0090161_137196.jpg


Nikon Df+NIKKOR AF28mm F2.8

by chura-photo | 2014-12-17 13:02 | 写真 | Comments(2)
2014年 12月 15日

台所

なんでもかんでもスマフォで撮っていたらアラが見えちゃいますね。
でもスナップには、最近のスマフォカメラは良く写るんです^^
散らかった台所、はやくかたずけなくっちゃ!
d0090161_1721143.jpg





Nikon Df + Nikkor 50mm F1.4

by chura-photo | 2014-12-15 17:01 | 写真 | Comments(0)
2014年 12月 14日

京都・木屋町界隈

江戸時代、京都の豪商、角倉 了以(すみのくら りょうい)が作った運河は
京都の中心から南の伏見に至る物流ルート。
d0090161_1624717.jpg


d0090161_16309.jpg


今はその面影はありませんが、変わって京都の食べる繁華街として賑わい、川幅およそ6mぐらいでしょうか、春には綺麗な桜並木が人の流れを変えてゆきます。
d0090161_1631422.jpg


d0090161_1633184.jpg


当時は材木なんかを運搬していたのでしょう。
この界隈を木屋町と言うのは、材木問屋が軒をつらね、さらに当時の居酒屋なんかが
出来て街が賑わったことの由来と思います。
d0090161_1634630.jpg


d0090161_1635947.jpg


そんな町の昼の姿はスッピンの街。
夜のネオン街に誘われて、ぶらりゆらりと彷徨って先斗町に足を延ばすのも一興でしようね。
d0090161_1641215.jpg


Nikon Df+NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G

by chura-photo | 2014-12-14 16:04 | スナップ | Comments(0)
2014年 12月 12日

造花

季節感はないですが、作ってくれたひとの気持は生きています。
d0090161_11584232.jpg



NIKON Df + AF NIKKOR 35mm F2.O D

by chura-photo | 2014-12-12 11:58 | 写真 | Comments(0)
2014年 12月 12日

夜と朝

お休みなさい。
d0090161_1049988.jpg


おはようございます。
d0090161_10493443.jpg


Nikon Df+NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G(上)
Nikon Df + Voigtlander ULTRON 40mm F2(下)

by chura-photo | 2014-12-12 07:50 | 写真 | Comments(6)
2014年 12月 09日

冬の学園

クリスマスがやってくる頃、夜になったらイルミネーションが輝く校舎。
大学生もそろそろ期末試験の準備に忙しそう。

’70年代の安保闘争時代に過ごした各園生活は、遠い記憶の狭間に
時おり蘇る。
d0090161_17563184.jpg




(京都・同志社大学にて)

RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2014-12-09 17:56 | スナップ | Comments(0)
2014年 12月 06日

小春日和

北の国では豪雪の便りがきて、京都ではつかの間の陽だまりに、
来てよかった洛北の庭園。
d0090161_18155042.jpg



京都・一乗寺・詩仙堂にて。

NIKON D7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2014-12-06 18:15 | スナップ | Comments(0)
2014年 12月 03日

「禅寺・園光寺へ」

ここは比叡山の麓。
小高い山裾から、一乗寺の狭い参道を歩くと急に広い山門の前庭が目に入った。
d0090161_17304446.jpg


紅葉の季節も終わり、訪れる参詣客もまばら。
暖かい太陽がコートの襟から差し込んで、時には冷たい比叡おろしの風が頬をよぎる風情は凛とした気持にさせてくれる。
d0090161_17313033.jpg


d0090161_17402517.jpg


一乗寺と言えばその昔、剣豪宮本武蔵と吉岡道場一門が決闘を行った「一乗寺下り松」がある。
その松のある処を通って、有名な「詩仙堂」から僅か数分のところにこの禅寺があった。
d0090161_17341334.jpg


d0090161_1737276.jpg


庭の白砂の模様は流れる時のようで、龍の躍動と雲海たなびく荒海のようにも見えた。
d0090161_17334085.jpg


この庭園の半分は竹林となっていて、重なる竹の林から落ちた葉と秋の終わりの敷き紅葉が混じりあって苔を厚く覆っていた。
d0090161_17341164.jpg


マンリョウの木が美しい。
d0090161_17393261.jpg


d0090161_17412577.jpg


赤い毛氈を敷き詰めた庭先に腰をおろして、洛北の絶景を眺めている様は
なんと贅沢な時をまたいでいることだろう。
d0090161_17344887.jpg


d0090161_17385286.jpg


徳川家康とも縁のある禅の寺は、臨済宗・南禅寺派本山の流れをくむ。
やがて雪に覆われて、白の世界に四季の移ろいが思い起こされる
d0090161_1738562.jpg


d0090161_1735295.jpg




NIKON D7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2014-12-03 22:36 | お寺・神社 | Comments(2)