ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

茶花

しばらく、お茶のお稽古をする時間がなかった。
このたびの旅行のスケジュールの関係。

お手前も、手習いを怠ると正直なもの。
でも、先生は穏やかに僕のいい所を見てくださる。
そんな関係で、長くお稽古も続けて来られたのでしょう。

玄関に植えられた茶花からも春の香りがする。
d0090161_2143273.jpg




RICOH GR 

by chura-photo | 2014-03-31 12:59 | 趣味 | Comments(4)
2014年 03月 29日

茶瓶

おっと、気をつけなくてはいけませんね。
禿げ茶瓶なんて言われたくないよ^^;
d0090161_185893.jpg



LEICA X2

by chura-photo | 2014-03-29 17:53 | 道具 | Comments(0)
2014年 03月 28日

桜に集う人々

今日は一気に桜が開花しましたね。
お天気予報は、4月中旬の気候とか。
今日、市内にやって来た人達は、ラッキーというべきでしょうね。

d0090161_16462419.jpg


でも慌てることはありません。早咲きの桜は、こんな感じのしだれ桜。
これから開花する桜とか、遅咲きの桜というように、観光都市京都はお膳立てもよろしいようで。
d0090161_1815531.jpg



d0090161_17233912.jpg


京都・御所にて。


LEICA X2

by chura-photo | 2014-03-28 22:46 | 季節 | Comments(5)
2014年 03月 27日

シンガポールぶらり旅 (End)

日本の春休みを、孫と娘が楽しんだ旅行だった。
デズニーランドがあったり、動物園、水族館やプールなんかを囲んで
ホテルがあって、子供達には大盛りの天国だったんでしょうね。

治安もいいし、日本と変わらないくらい清潔な街。
食べ物なんかの物価は安くないけれど、タクシーは日本より割安感があった。

子供ははしゃぎ楽しんだ後、処かまわず爆睡してしまう。
日本から持って行った簡易ベビーカーと、プールで大活躍の防水デジカメはありがたかった。
d0090161_8494366.jpg


OLYMPUS TG-2

お土産はCANDY。爪の先のような小さなお菓子なんですが、精巧に作られて色も
とってもカラフル。
夢のあるCANDY。
ついつい摘んでしまうもんですから、やめられなくなったりしました(笑)
d0090161_17535729.jpg


LEICA X2

by chura-photo | 2014-03-27 08:49 | 旅行 | Comments(2)
2014年 03月 26日

シンガポールぶらり旅 ③

陽気な多民族国家。
d0090161_11192641.jpg



OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ


スローライフに過ごすホテル、ビックなロビーはラッシュアワー。
d0090161_1120149.jpg



RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2014-03-26 11:21 | 旅行 | Comments(0)
2014年 03月 25日

シンガポールぶらり旅 ②

この日の予定、朝はホテルの屋上の野外プールで孫を遊ばす。
ここはホテルゲストオンリーの専用プール。
皆さん泳ぐより、眼下を背景に記念写真を追ってる人達が多く、
そんなんでとても賑やか。
d0090161_23472167.jpg


朝のビュッフェ、とくにスイカが旨かった。
d0090161_23483782.jpg


午後は街の中心から少し離れた処にあるイスラム街とインド人の多い街を見物した。
この国は多民族の国。中国人、マレー人、インド、イスラムと多様な人達が暮らしている。
共通語は英語、でも巻き舌の、しり上がりの独特の発音なのでちょっと慣れないと聞きにくい。
d0090161_23494649.jpg


d0090161_2350572.jpg


マレー半島から長く、像のような鼻が伸びたその鼻の先にある感じの国。
小さな国土と少ない人口ながら、一人当たりのGDPは世界トップクラス。
といっても国民全てがリッチなわけではなく、あくまで平均値。

つまり金持ち天国なんで、富豪のいごこちのいい経済の仕組みがあるんでしょうね。
庶民の集まる屋台でランチした。

好物のビーフンと焼きそばが美味かった。
d0090161_23503841.jpg


d0090161_23511422.jpg


d0090161_2351294.jpg


街は安全、清潔でド派手な看板、ネオンもなく、また電線も地中化。
ゴミもなく、トイレも綺麗。(ただし、この国にもウオシュレットはない。)
ただ水に乏しい国なんで、蛇口をひねってもチョロチョロって感じ。
d0090161_23531959.jpg



OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

OLYMPUS TG-2

by chura-photo | 2014-03-25 14:06 | 旅行 | Comments(4)
2014年 03月 24日

シンガポールぶらり旅 ①

「今回のブログは、旅の終わりから始まります。」

(ラッフルズホテルのランチ)

イギリス植民地時代に出来たホテルで、いまやシンガポールの最高級
ホテル。
歴史は120年余。旅の締めは一番のお気に入りスポットと決めていました。


チャンギ空港から帰国する深夜までの間、最後の観光はマリーナ湾クルーズと
ラッフルズグリルでのランチでした。
d0090161_10363629.jpg



でもここは、あいにくお子様連れは入れません。
娘と孫はグリルに未練を残しつつ、
我々は別室のインド風ビュッフェに案内されて行きました。

広い白亜のホールにゆったりと並べられたテーブルに案内されて、
トッピングしたインドランチはとても自然で趣深く、
給仕のしぐさもさりげなく、しかも細かい心使いが憎いほど。

さすが伝統と格式を誇る一流のもてなしとは、
このようなものかと思いました。
d0090161_10365323.jpg


d0090161_11113033.jpg





RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2014-03-24 10:37 | 旅行 | Comments(2)
2014年 03月 14日

竹の町屋

市内を歩いていて、新しい発見をしました。    
   その店は、茶道の竹細工を作る老舗です。

竹という自然の素材は、東洋の美術品にもよく見られます。
   力や熱で加工すれば、その後の姿は
      半永久的に残っているという生き物です。

お店の軒先でのショットは、撓み(たわみ)という
   風情を微妙に醸し出していました。
      僕のカメラのレンズが歪んでいるわけではないのですね。
     
古くて新しい京都の歴史との出会いでした。

(お店の表札には、黒田宗傳「茶ノ湯竹器師 千家十職黒田家の分家」と見えました。)

d0090161_19524272.jpg





RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2014-03-14 10:00 | 京都 | Comments(0)
2014年 03月 12日

近江の春

昨日は本当に暖かい日。
一昨日の、小雪交じりの寒波襲来とはうって変わった。

マイカーを冬用タイヤから、ノーマルタイヤにはき替えた。
足慣らしに、名神高速を京都から滋賀県の竜王インターチェンジへ。
さらに足を延ばして、近江八幡神社の八幡堀へ。

ここは、屋形船が琵琶湖から導かれた水路をめぐっている。
まだまだ、近江の春は遠かった。


d0090161_2322761.jpg


八幡山から遠く一面薄化粧。

d0090161_812784.jpg



FIJIFILM XQ1

by chura-photo | 2014-03-12 20:15 | 季節 | Comments(0)
2014年 03月 11日

祈り

あれから三年、もう三年、まだ三年・・・生きていてこそ頑張れる。
  惜しくも生きられなかった人の分だけ幸せになってほしい。

僕は今年の1月に台湾を旅行していました。
  故宮博物院の見学が目的でしたが、
    旅する先々で、人々の優しいまなざしをその時も感じました。

東日本大震災の義捐金を、本当に沢山頂きました。世界で一番心温まる人々に感謝。
  この写真は台湾のお寺での思い出のショットと、京都の春を告げる梅の合成写真です。


d0090161_23572748.jpg




FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2014-03-11 09:00 | 「特集:震災」 | Comments(2)