<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 24日

春うらら

ソチ冬のオリンピックの興奮の余韻も徐々におさまって、もう梅の香りがするのかな?
と思いきや・・・、枯れ木に花咲かす小さな子。

d0090161_19421587.jpg


京都・御所にて

"トラックバック企画「好きな場所」に参加"


RICOH GR 

by chura-photo | 2014-02-24 19:41 | 散歩 | Comments(4)
2014年 02月 22日

京の冬の旅 Ⅱ

d0090161_1334552.jpg


d0090161_134120.jpg


d0090161_1341658.jpg


d0090161_1342784.jpg


d0090161_1343824.jpg


d0090161_1362387.jpg




妙心寺では、山内に38の塔頭があります。
今回は3か所の塔頭で特別公開されています。
 
聖澤院  大法院  龍泉庵


NIKON D7100+シグマ18-50mm F2.8 EX MACRO HSM

by chura-photo | 2014-02-22 13:05 | Comments(4)
2014年 02月 20日

京の冬の旅 Ⅰ

京都市の北西に禅寺あり。
臨済宗総本山・妙心寺です。

この寺院は、全国の禅寺およそ6,000余の半分を傘下に収める大きな宗教組織なんです。
平安時代の花園天皇が開山したと言われています。

今、京都の社寺では非公開の文化財が一般公開されています。
観光都市、京都も冬枯れ。
お寺も良いとこ出しで、営業拡大というところでしょうか。

d0090161_18415777.jpg


d0090161_18421190.jpg


d0090161_18422891.jpg


d0090161_18423963.jpg


d0090161_18424968.jpg


d0090161_18431234.jpg


d0090161_18432387.jpg


妙心寺では、山内に38の塔頭があります。
今回は3か所の塔頭で公開されています。
 
聖澤院  大法院  龍泉庵


NIKON D7100+シグマ18-50mm F2.8 EX MACRO HSM

by chura-photo | 2014-02-20 18:42 | お寺・神社 | Comments(0)
2014年 02月 18日

路地

京都の花街の祇園には、地図に載っていない細い抜け道のような
路地が何本かある。

もともと路地というのは、大通りに玄関が面していない家のための通り道。
とうぜん公道なんですが、他の人が通らないので、植木とか置物なんかが
あって、それはそれで風情があるんです。

まあ、土地柄といいましょうか、なんといいましょうか(笑)
ここは・・・・。
向こうから顔を合わせたくない人がやって来たら、そっと路地に入ってゆくのでしょうか。

(京都・祇園にて)

d0090161_1825989.jpg


RICOH GR 

(TB企画「好きな場所」に参加)

by chura-photo | 2014-02-18 18:25 | 京都 | Comments(4)
2014年 02月 16日

芽生え

久々に京都・御苑を歩いてみた。
蝋梅が甘い香りをはなって、それに誘われるように
梅の花がちらほら。

もう春なのか、嬉しい一方で忙しない気もした。

d0090161_20172461.jpg


d0090161_20173883.jpg



FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2014-02-16 15:17 | 季節 | Comments(6)
2014年 02月 14日

小さなバレンタイン

今夜はホットなバレンタイン・ライブ。
大きなビルの横道を、小雪交じりの路地を行く。

d0090161_018489.jpg




FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2014-02-14 22:11 | つぶやき | Comments(0)
2014年 02月 10日

京都・裏寺町

かって、京には豊臣秀吉の時代に区画整理があった。
寺町通りには、その名のとおりあちこちに散らばっていた社寺が集められたが、

もうひとつ、京の繁華街として明治の初めごろまで賑わった一角がある。
およそ十四、五の寺が並ぶ裏寺町。

南北は、六角通りから四条通りまで。
東西は、河原町通りから新京極通りの間。

よその地の人にはちんぷんかんぷんな町案内になったと思う。
そんな寺にも寒椿の花が垣間見れた。

d0090161_17382930.jpg



RICOH GR 

by chura-photo | 2014-02-10 17:38 | 散歩 | Comments(2)
2014年 02月 05日

蝋梅(ろうばい)

冬来りなば春遠からじ。
立春というのに、今朝の京都は雪景色。

東風(こち)吹かば匂(にほ)ひおこせよ梅の花主(あるじ)なしとて春を忘るな。
訪れる人も少ない京都・北野天満宮。

d0090161_0411922.jpg



d0090161_0414082.jpg


d0090161_0415882.jpg


d0090161_0421627.jpg


FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2014-02-05 22:36 | 季節 | Comments(2)
2014年 02月 03日

節分

二月三日は節分で、読んで字のごとく季節のわかれ目ですね。
あすから春の登竜門と言いましょうか、立春です。

京の神社もろもろあれど、華やかさでは筆頭格の
京都・八坂神社の豆まき。

八坂神社は祇園祭の主宰神社。
今日はきれいどころが福をまきました。

d0090161_21383381.jpg


d0090161_21385462.jpg


d0090161_21391191.jpg


d0090161_21392574.jpg


d0090161_21394694.jpg


d0090161_21395851.jpg


d0090161_2140844.jpg



NIKON D7100+AF-S NIKKOR 18mm-140mm VR

by chura-photo | 2014-02-03 21:40 | 祭り | Comments(4)
2014年 02月 01日

台湾・台北市ぶらり旅 (END)

「故宮博物院」

今回の旅の目的は、中国4、000年の歴史の中で、文化・芸術の集大成ともいわれる
故宮博物院を極めることでした。

中国最後の王朝、清王朝の滅亡とともに、大陸から戦火を逃れて運び込まれた
至宝の数々。

陶磁器、鉄銅器、書物、書画、などなど誠に素晴らしい作品の数々。
旅のスケジュールは、三泊四日。

午前中は博物館見物、午後は有名な観光地、お寺詣りという感じでした。
三日間、みっちり博物館の見学に充てることができました。

現地ガイドの詳細な説明を聴きながら思ったことは、
後世に引き継がれる文化・芸術は、国を治める時の権力者のもとで、
経済的、あるいは地位を保証された匠が、幾代にも亘り作り上げたものであること。

分かりやすく言えば、芸術の華が咲くのは偉大なるパトロンが必要だということでした。

d0090161_1539287.jpg


d0090161_15394139.jpg


d0090161_15395729.jpg


d0090161_1094340.jpg



OLYMPUS E-PL5

RICOH GR 

by chura-photo | 2014-02-01 10:20 | 旅行 | Comments(2)