<   2014年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 30日

台湾・台北市ぶらり旅 ③

「夜市の人々」

台湾の夜は明るくて長い。
 名物の夜市、いわゆる屋台という感じ。
一年365日、休みは旧正月だけという賑わい。

特に夏場は賑わいがヒートアップ。
それもそのはず、日中は暑くて大変。
どうしても夜型社会になってしまう。

d0090161_14455881.jpg


d0090161_14463562.jpg


d0090161_1447020.jpg


d0090161_14472648.jpg


d0090161_14473833.jpg


d0090161_14475327.jpg


d0090161_144843.jpg




RICOH GR 

by chura-photo | 2014-01-30 21:48 | 旅行 | Comments(6)
2014年 01月 29日

台湾・台北市ぶらり旅 ②

「祈り」
龍山寺にて。(台北市広州街211号)

d0090161_2164013.jpg


d0090161_217741.jpg


d0090161_2172547.jpg


d0090161_2175392.jpg




RICOH GR 

by chura-photo | 2014-01-29 21:07 | 旅行 | Comments(2)
2014年 01月 28日

台湾・台北市ぶらり旅 ①

d0090161_199586.jpg

(再開発ビルの谷間にあった古民家の壁)



「旅程:2014年1月23日~26日」

今回は台北市にある故宮博物館の見学を中心に、3泊4日のツアーに参加しました。
午前中は博物館の見学を堪能して、午後は有名なお寺、観光スポットに行ったり、
夜は台湾名物の夜市(よいち)とか、足つぼマッサージとかに行ってきました。

冬の台湾は平均気温が15,6度と少し肌寒く、朝晩の気温差が大きいのです。
でも今回はお天気に恵まれて、とても気分良くツアーを消化できました。

食べ物は中華料理ですが、マッタリとした感じで日本人に合うのではないでしょうか。
ホテルの朝食バイキングでは、台湾ラーメンが美味しかったですね。

治安は良くて、タクシーは庶民や観光者の足になっていて安心して乗れます。
タクシーは黄色で統一されています。

地下鉄にも乗ってみました。
地下街は広く、ゴミもなく清潔。
日本でいえば、東京の丸の内という感じでしょうか。

泊まったホテルはシェラトンホテル。
台北駅に近く、官庁街の中心地にありました。
ホテルに部屋にはウオシュレットが付いていて、清潔なホテルライフを満喫しました。

お金はNT(台湾ドル)で、INT=3,4円ぐらい。
ペットボトルのお茶が20NT=70円ぐらいでしょうか。

台湾の最低賃金は時給350円ぐらいです。
日本は760円ぐらいですね。
男性も女性も良く働き、手先が器用ですね。
町に浮浪者は見かけません。

今回のツアーはシニア中心で、安全、安心をモットーにした旅。
いろいろディープな処や食い物にも関心がありましたが、それはそれで
いろんな旅の楽しみ方がありますし、自分の背丈にかなったスタイルで旅行することが
いろんな意味で長続きするのではないでしょうか。

いろいろ面白いショットを撮りたいと沢山カメラを持参しましたが、ツアーで皆さんと行動を共にしますので、じっくりと撮影に時間が割けませんでした。

持参したカメラは、
OLYMPUS E-PL5のミラーレスカメラ、
RICOH GR 、RICOH CX3のコンパクトデジカメ二台。

もっとも威力を発揮したのはスナップ力のある、リコーのコンパクトデジカメでした。

d0090161_19135430.jpg

(屋台の煮物)



旅の思い入れは、そこに行った本人だけのもの。
これからいろんなお写真を掲載しますが、出来るだけキャプションは少なくしたいと思います。

by chura-photo | 2014-01-28 19:16 | 旅行 | Comments(2)
2014年 01月 22日

錦市場を歩く

d0090161_18571727.jpg

京都の繁華街、新京極通りから錦市場を歩いてみた。
ここは、400年の歴史ある食品市場。
平日にもかかわらず、そして大寒を迎えた京都にもかかわらず賑わっていた。
すこし世の中の景気も良くなってきたのだろう。


酒の肴にふさわしいお店を探してみた。
スーパーでは見かけない珍味、対面販売(お客とお店と1:1で商う)もあって
賑やか。

d0090161_1857441.jpg

京都の旬の素材が豊富。
さて、お店の名前をどれだけ言えるかな(笑)?
魚屋、漬物屋、鰻屋、乾物屋、蒲鉾屋、豆腐屋、菓子屋、酒屋、・・・。
さてここは何屋さんでしょう?

子持ちフナの旨煮が食欲をそそる佃煮屋さんでした。


(明日から台湾旅行に行ってきます。
旧正月は1月30日からなんで、年末の賑わいなんかとても楽しみにしています。)



RICOH GR 

by chura-photo | 2014-01-22 18:59 | 散歩 | Comments(2)
2014年 01月 19日

雪の朝

d0090161_21522160.jpg

今年初めての新雪が京都市内に降った。
お天気予報が見事に当たる昨今であるが、この日は全国一斉大学受験の日にあたり、
受験生には厳しい一日であった。

京都と日本海の若狭を結ぶ国道162号線は通称「周山街道」といわれ、
北山杉が綺麗に林立する山並みが綺麗だ。

雪道を走ってみたくなりこの道を選んだ。
新雪の道路をなれない運転でノロノロと、そして駅の道「ウッディー京北」にやってきた。

d0090161_21524692.jpg

産地の野菜や食堂が人気。
焼き鯖ソバが冷えた体に優しかった。
この道は東の鯖街道とも言われている。



OLYMPUS TG-2

by chura-photo | 2014-01-19 22:41 | 季節 | Comments(0)
2014年 01月 18日

絵馬


d0090161_19555042.jpg

松の内も過ぎた京都・上賀茂神社。
節分祭の準備も整い、境内には清らかな神水が流れていた。

d0090161_1956868.jpg

切なる願いに託された今年の絵馬。
成るも人生、成らぬも人の定め。

d0090161_19562157.jpg

今日は大安の日。結婚式が一組あった。


RICOH GR 

by chura-photo | 2014-01-18 19:56 | お寺・神社 | Comments(2)
2014年 01月 16日

海老フライ


d0090161_2225572.jpg

大きな海老フライはマッターホルンのようにそびえ、麓にはタルタルソースが眩しい。

山麓の向こうには、マッシュポテトとマカロニが国境を接っしていた。

京都・西陣。


RICOH CX3

by chura-photo | 2014-01-16 22:26 | グルメ | Comments(8)
2014年 01月 13日

松の内


d0090161_2205324.jpg

おやおや、まだ門松がありますね。
もうお正月は終わったのでは?七草がゆもいただいたし。

世間はこの時期、つまりお正月から一週間ぐらいを目処に
なんとなく、「・・・明けましておめでとうさん」をおしまいにします。

幕の内弁当は知っているけれど、松の内・・・?なんでしょうね。
お正月の縁起物、門松を飾っておく時期のこと。
福の神さんを迎えるんですね。

本来は15日ぐらいまでが、「明けましておめでとうさん」
でかまわないのです。

さすが、400年余の京都の老舗の味噌屋さん。
かっこいいですね^^


RICOH GR 

by chura-photo | 2014-01-13 12:40 | つぶやき | Comments(4)
2014年 01月 11日

飛躍


d0090161_046857.jpg

何千キロを飛ぶ渡り鳥。
その胸の肉には、疲労回復の酵素がぎっしりと詰まっているらしい。


(京都・宝ヶ池公園にて)


RICOH CX3

by chura-photo | 2014-01-11 20:41 | 写真 | Comments(2)
2014年 01月 08日

出石(いずし)の町

d0090161_16443582.jpg

但馬の国・兵庫県豊岡市出石町に行ってきました。
ここは、出石蕎麦が有名なのと、
黒田官兵衛の所縁の地と言われています。
2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」です。

d0090161_16452960.jpg


d0090161_16455078.jpg

出石の街並みと地元の素朴な住民。

d0090161_16461072.jpg

およそ50軒あるうちの老舗の蕎麦屋「官兵衛」さん。

d0090161_16463351.jpg

ここのご主人は、戦国の武将、小寺 政職(こでら まさもと)の末裔にあたられ、
黒田官兵衛が最初に仕えた姫路の領主なんです。

ここで頂いたお蕎麦。
まず十割蕎麦を一人前。塩をちょっとかけていただくお蕎麦の生地は絶品。
そして、二八蕎麦を三皿追加で注文しました。

d0090161_16472331.jpg


d0090161_1648088.jpg

もうひとつの名所。それは、出石永楽館。
明治の末に開館した、近畿最古の芝居小屋です。

d0090161_16484493.jpg


d0090161_16491515.jpg

いまも、年に数回歌舞伎の上演がありますが、普段は歌舞伎座自体がオープンになっていて、
見学コースにもなっていました。


d0090161_16494689.jpg


d0090161_16501755.jpg


d0090161_16504451.jpg

舞台の奥には楽屋、お化粧を落とす風呂、天井から花吹雪を散らす工夫とか、
いろいろあって、本当に面白い処でした。

d0090161_1704081.jpg

京都市内からマイカーでおよそ200km。
一杯の蕎麦を求めての旅でした。



LEICA X2

by chura-photo | 2014-01-08 16:50 | 旅行 | Comments(4)