<   2013年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 31日

師走の京都(散歩)


d0090161_1862481.jpg

鴨川の散歩途中に目にとまったシーン。
季節外れの彼岸花か?いや・・・そんなことはない。

古民家の庭先のなんとも不釣り合いな、でもなぜか新鮮な空気感を
捨てることができなかった。


d0090161_16545086.jpg

冬休みの大學構内。今年の大河ドラマと縁のあった同志社大学。
春になれば、卒業生が巣立って行く。

豊かな社会の入り口に立ってほしい。


    「この一年、ご訪問いただきありがとうございました。
  
     2014年は飛躍の年になるよう祈っています。
 
     どうぞ良い年をお迎えください。」



OLYMPUS TG-2

by chura-photo | 2013-12-31 16:54 | ご挨拶 | Comments(2)
2013年 12月 29日

師走の京都(墓参り)

d0090161_16593146.jpg

年賀状も書き終えて、ほっとまどろむ朝の光。
昨夜から急に寒波襲来、京の路地に薄氷。

行くべきか、行かぬべきか・・・行けない理由を探すが見つからない。

思い切って行って良かった。
あちこちの墓石には綺麗な花が添えてあった。

南天の実が映えていた。
振り返れば、悟りの格子窓。




(京都・建仁寺内)

FUJIFLIM XQ1 

by chura-photo | 2013-12-29 16:59 | お寺・神社 | Comments(6)
2013年 12月 26日

師走の京都(繁華街)

d0090161_9411251.jpg

やはり活気があります京都の台所。
錦市場。
今年は和食が世界文化遺産に登録された。

京都の料亭の素材も、ここ錦市場で調達される。いわば縁の下のなんとかである。
僕の好物の棒だら、りゅうひ巻き-( ひらめなどの白身魚を酢で締め、甘酢しょうがとともに求肥昆布で巻いた料理。京都などでおせちに用いる。ーWeb資料よりー)

とっても高価なお値段に・・・指をくわえて見るだけでした(笑)。

d0090161_9413053.jpg

鯖寿司も好物。美味しそう^^。

FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2013-12-26 22:30 | つぶやき | Comments(6)
2013年 12月 24日

師走の京都(宝ヶ池)


d0090161_12573792.jpg

今日はクリスマスイブ。
なにも慌てることもないのですが、気が落ち着かない。
年賀状の宛名は万年筆で書く。

京北の里ではもう雪景色。
筆をおいて、行ってみたい誘惑に駆られる。

凛とした空気感に、池の鴨やサギが綺麗に映える。


FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2013-12-24 12:58 | 季節 | Comments(0)
2013年 12月 22日

師走の京都(全国高校駅伝)


d0090161_17222949.jpg

師走の都大路、青春の風が疾走する。

d0090161_17224822.jpg


d0090161_1723769.jpg

君の母校の後輩がたすきをつなぐ。

d0090161_17232351.jpg


d0090161_17233999.jpg

カメラを持つ手も凍える、底冷えの京都。


Nikon D7100+18-140mm VR

by chura-photo | 2013-12-22 17:23 | 京都 | Comments(6)
2013年 12月 20日

師走の京都(岡崎界隈)

d0090161_19352898.jpg

京都・岡崎の平安神宮。
観光客もまばらになって、初詣の準備もそろそろといった感じ。

d0090161_19415625.jpg

岡崎は美術館も多い。
時計をみると夕刻の5時近い。
閉館近し夕暮れの街。


FIJIFILM XQ1

by chura-photo | 2013-12-20 19:35 | 京都 | Comments(2)
2013年 12月 17日

吉備の国(岡山・倉敷)へ

d0090161_18255389.jpg

1970年11月、僕は会社から、岡山へ転勤の辞令をもらいました。
大学を卒業して一年足らずの新人は、おそるおそると任地に行きました。
そして翌年、山陽新幹線の開業を迎えたわけです。

d0090161_18261512.jpg

大学時代の友人がいて、仕事をリタイアして今は静かに岡山市に暮らしている。
孫もいて、幸せな余生を送っているようだ。
懐かし同級生を訪ね、僕の青春の一ページも確認したかった。

d0090161_18263997.jpg

日本の三大庭園の「後楽園」は、岡山城を囲む旭川の中州にあって、桜のころは
絶景の地となるとのこと。

岡山の名産は「白桃」といってとても高価な希少果物。
我々は桃というが、地元では「白桃」なのである。

d0090161_18271075.jpg


d0090161_1827246.jpg

そして倉敷市にも足を運んだ。
ここは倉敷紡績、いまの㈱クラレ発祥の地。

d0090161_18275565.jpg


d0090161_18301083.jpg

創業者、大原孫三郎は蓄財を美術館、病院など社会貢献事業につぎ込んだ。
そんな基盤があって、いまの倉敷市は観光都市としても有名な山陽の地となっている。

d0090161_18283127.jpg


d0090161_18284979.jpg

そしてひと時、老舗旅館のカフェで暖かい珈琲を飲んで、昔の思い出に浸ることができた。



FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2013-12-17 22:28 | 旅行 | Comments(4)
2013年 12月 13日

寒い街と温かい椅子

d0090161_8543196.jpg

外は寒波、繁華街をさ迷う人たちも寂しそう。
小さな喫茶店では、貸切のパーティーがあった。

歓声が道にまで聞こえてきた。
小さな箱に、小さなクリスマスツリーが点滅している。

その向かいに・・・・。

ここは、京都・河原町のライブハウス。
細長い鰻の寝床といわれるようなお店。
壁とカウンターの狭い間を、お客とミュージッシャンが行き来するそんな夜。


FUJIFILM XQ1

by chura-photo | 2013-12-13 23:43 | 季節 | Comments(2)
2013年 12月 11日

不思議な宇宙

d0090161_132747.jpg

こりゃ~何だ?
あまり真剣に悩まないでください(笑)。

あるお店の出入り口がすりガラスになっていて、
そこから風に揺れる暖簾を見ていました。

RICOH GR 

by chura-photo | 2013-12-11 09:02 | 写真 | Comments(3)
2013年 12月 09日

安曇川(あどがわ)


d0090161_1031883.jpg

京都市の北東、比叡山の麓から八瀬大原を通る
国道367号線は、日本海の小浜に通じる通称「鯖街道」である。

車を走らせ周囲に目をやるも、もう紅葉は僅かである。
京都の北にもそろそろ冬の訪れが感じられる。

ここは、滋賀県高島郡朽木村(旧住所)である。
子供のころ、父親のバイクの荷台に乗せらて砂利道を走り、アユの友釣りに出かけた記憶が蘇る。


RICOH GR 

by chura-photo | 2013-12-09 10:03 | 写真 | Comments(2)