<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 30日

松花堂弁当(しょうかどう )のはなし。

d0090161_11133775.jpg

茶懐石とか法事なんかに、良く出てくるお弁当が有ります。
黒塗りの四角の器で、中は四つに仕切ってある、あの和風膳です。

(手入れの行き届いたお庭。)

d0090161_1116248.jpg

懐石膳なら一品ずつお膳に並べてゆくので、時間もかかり大勢の席では大変なんです。
このお弁当なら効率も良くて、中が仕切ってあるのでおかずが綺麗に並びます。

(雅な音でした。)

d0090161_11334091.jpg

街のレストランなんかでも、プレートランチとかなんとかいって、
一皿におかずが沢山盛られたのが流行ってますね。


d0090161_11162472.jpg

もともと江戸時代に京都・八幡に住む粋人がおられたそうで、
その名を「松花堂 昭乗」さんと言います。
この器は、身の回りの道具入れに使っておられたと聞いています。

(お茶席。とゆが竹製なのです。)

d0090161_11165362.jpg

京都の老舗料亭・吉兆の創業者がある時、この器に目を付けられて、茶懐石膳の弁当にされたわけなんです。
まあ、京都は器料理、文化と言われます。
時代は変わってもそれなりに昔と同じもてなしには、何か深いところがあるんでしょうね。

(珍しい竹林が沢山。)

d0090161_1117186.jpg

うとおしい梅雨の入りで、関西もお湿りとなり、紫陽花の花をおっかけたくなる季節です。

d0090161_1118812.jpg

珍しい「大山蓮華(おおやまれんげ)」が門前で迎えてくれました。



(松花堂庭園にて・京都府八幡市)


LEICA X2  

by chura-photo | 2013-05-30 11:17 | つぶやき | Comments(4)
2013年 05月 28日

古書店

d0090161_23201476.jpg

京都の繁華街、新京極通りは今、修学旅行生で賑わっている。
数人のグループで土産物屋を散策したり、又4,5人のグループを作ってタクシーで観光巡りをするのです。

贅沢と言えばそうなんですが、何処の社寺でも大型バスの駐車場はありません。
学生たちは自分達で計画を立て、効率よく廻るのです。
タクシーの運転手さんが、簡単なガイド役を務めます。

・・・京都の修学旅行事情です。

そんなこととは程遠い繁華街の一角に、マニアックな老舗のお店がありました。
京都・寺町通り御池下がるにて。


RICOH GR DIGITAL Ⅱ+21mmワイコン

by chura-photo | 2013-05-28 23:19 | 京都 | Comments(2)
2013年 05月 27日

窓辺

d0090161_954359.jpg




RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

d0090161_9545089.jpg




OLYMPUS TG-2

by chura-photo | 2013-05-27 09:55 | 写真 | Comments(4)
2013年 05月 25日

南ぬ風


d0090161_174960.jpg

「ぱいぬかじ」、沖縄の方言で南の風といいます。
夏は南西から、つまり東シナ海からの風が吹くのです。

来月の末頃が梅雨明け予想。本格的な夏が始まります。
グルクンというアジのような淡白な魚。沖縄の県魚です。

群れをなして泳いでいるので、餌はオキアミでサビキという釣り方が一般的。
鱗をとって、軽く空揚げにすると島酒にとてもいい肴になります。
島酒はもちろん泡盛・・・懐かしいなあ。

石垣島で買った沖縄の丼。

OLYMPUS E-PL5+17mm F1.8

by chura-photo | 2013-05-25 17:04 | 沖縄 | Comments(2)
2013年 05月 24日

黄菖蒲


d0090161_18411015.jpg

池に寄りそうように咲く菖蒲。
水藻に日が射し、その影はちょっと妖艶でもあり、はにかむようでもある。

京都・御所のトンボ池にて。


RICOH CX3

by chura-photo | 2013-05-24 18:41 | 写真 | Comments(4)
2013年 05月 21日

水郷にて(近江八幡)


d0090161_17125419.jpg

近江八幡市(おうみはちまん)は、滋賀県の琵琶湖の南東に有る街。
豊臣秀吉の時代に出来た城下町の面影を残しつつ、その昔、商いの船が行き来した市内を流れる水郷には、人々の営みが有り、この季節には堀の両岸を黄菖蒲が咲き誇る散策道になっていた。

d0090161_9465946.jpg

水郷を行き交う小さな観光船に乗りこんだ。
定員10名ぐらいの小舟、この日は僕のほかに、ご婦人とシニアの男性の3人であった。

d0090161_9494872.jpg

爽やかな風が少し汗ばんだ首筋を冷やし、この時期としては、強い日差しが眩しい湖東の午後を散策してみました。

d0090161_950219.jpg

古い商家が、碁盤の目の様に整備された街にたたずんでいます。
いわゆる、近江商人の質実剛健な精神を感じさせられます。

d0090161_9502128.jpg

城下町の時代から続く唯一の酒蔵。辛口の吟醸酒を作っている。
広い酒蔵の一角は、資料館にカフェへと時代は変わっていた。

d0090161_9503619.jpg

レトロな建物は、アメリカの有名な建築家「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」によるもの。
街のランドマークになっている。
この人物は有名な「近江兄弟社」の創業者の一人で、あの「メンソレータム」はこの地に芽生えた。

建築家だけではなく、日本の医療、教育に大きな足跡を残してくれました。
日本国籍を得て、日本女性と結婚。享年83歳で永眠(近江八幡の自宅にて)されました。



LEICA X2  

by chura-photo | 2013-05-21 09:45 | 写真 | Comments(8)
2013年 05月 19日

花菖蒲(はなしょうぶ)

d0090161_18553953.jpg

京都・御所の南西の一角に「出水の小川」という処が有ります。
春は桜、秋の紅葉が綺麗な小川付近です。
晴れた日なら、お弁当を持った家族連れもみかけます。
平和な京都住まいですね。

d0090161_18561135.jpg

今頃の季節、綺麗な花が水辺に映えていました。
黄菖蒲と言われています。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2013-05-19 18:56 | 季節 | Comments(8)
2013年 05月 15日

葵祭り

d0090161_19133098.jpg

京都の世界遺産17カ所の中の、下鴨神社上賀茂神社の主宰祭り。
京都三大祭りの一つ。

d0090161_1913499.jpg


d0090161_1921924.jpg

平安王朝のファッションショー。
京都の祭りは見物人は参加しないから敷居が高いのかな?


d0090161_19134596.jpg

祭りのヒロインは「斎王代(さいおうだい)」。
生粋の京都人、いいとこのお嬢さん(独身)が選ばれます。

d0090161_19163972.jpg

御所車(ごしょぐるま)。大きな車輪がきしみます。

d0090161_1917754.jpg

風流な「花笠」。

d0090161_1102513.jpg


d0090161_110446.jpg

京都・下鴨神社にて。


NIKON D200+AF-S NIKKOR VR70-300mm f4.5-5.6 

by chura-photo | 2013-05-15 19:18 | 京都 | Comments(10)
2013年 05月 14日

雨上がり


d0090161_18483432.jpg

ジメジメした京都の裏通り。
先週の土曜日にタイムスリップ。
雨があがって、ハッとするような鮮やかな時計草(・・・たぶん)。

翌日は嘘のような快晴になって、奈良ウオークを大学時代の同級生と楽しんだ。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2013-05-14 18:50 | 写真 | Comments(4)
2013年 05月 14日

奈良・東大寺 Ⅱ

d0090161_1115285.jpg

あの日の頃を思い出す。もう半世紀とは信じたくない^-^);


RICOH GR DIGITAL Ⅱ +ワイドコンバーター F21mm

by chura-photo | 2013-05-14 11:01 | 散歩 | Comments(0)