ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 27日

梅ほころぶ(北野天満宮)

d0090161_21272285.jpg

来週はもう三月、弥生の季節。
まだまだ寒さは居座る京都の梅園。

d0090161_21274344.jpg


d0090161_21281327.jpg

梅園と受験の神様で賑わう北野天満宮。
境内の一角には、受験祈願の絵馬が鈴なり。

d0090161_2128167.jpg

地球温暖化の影響が、冬の北極上空をかく乱。
詳しいことは判りませんが、年々寒く感じるのは歳のせいでもなさそう。


OLYMPUS E-PL5+17mm F1.8

by chura-photo | 2013-02-27 07:15 | 季節 | Comments(15)
2013年 02月 26日

小春日和

d0090161_112951.jpg

京都の中学校。
京都市上京区室町通り一条・上京中学校にて。


RICOH CX3


d0090161_2015040.jpg

鴨川の土手を散歩する。
夏は川床がでて夜の宴は賑やか。
前は高瀬川、後ろは鴨川。
木屋町・御池通り付近。


OLYMPUS E-PL5+17mmF1.8

by chura-photo | 2013-02-26 11:02 | 散歩 | Comments(4)
2013年 02月 23日

備前焼の窯元へ

d0090161_2261145.jpg

岡山県の東、JR赤穂本線の「伊部(いんべ)」駅で下車する。西は岡山、東は姫路。
平安時代から続く千年の窯元。

d0090161_2263625.jpg

釉薬をかけないので、素朴な自然の肌触りと、暖かい感触が心地よい。
薪は、赤松の割木で二週間ほど窯に火を入れる。
毎日窯を焚いているわけではないので、作品の準備をして年二回ほど火入れをすると聞いた。

d0090161_2265957.jpg

窯元は沢山ある。それぞれ独特の作品の特徴があって、素人の僕にはよく分らない。
でも、云々、しかじかと、お店の主人の説明を聞いたら納得。

OLYMPUS E-PL5+17mm F1.8


d0090161_2271131.jpg

全国に多く窯元があって、陶器祭りのようなイベントがある。
賑やかでいいが、じっくり作品を見て、窯元見学もでき、お店の人との会話を楽しむのは
こんな時が良いと思う。

店の可愛い子に説得されて買った備前のボトル。水やお酒を入れれば、まろやかな一級品に
生まれ変わるとか。
信じる者は救われる、・・・って感じで買ってしまった。
 二月の寂しい備前の窯元にて。

NIKON D200+シグマ18-50mm F2.8 EX マクロ HSM

by chura-photo | 2013-02-23 22:07 | 趣味 | Comments(12)
2013年 02月 20日

旬のもの(京都・錦市場)

d0090161_22173411.jpg

ぶりの照り焼きは、テカリが食欲、購買欲をそそります。
富山県の氷見(ひみ)漁港の寒ぶりは最高。
美人の湯でくつろぎ、富山湾を眺めながら熱燗でいただくぶ厚い刺身もいい。

d0090161_22174763.jpg

牡蠣の土手鍋。
土鍋に白味噌を回し、白菜と人参をざっくり切って放り込む。
豆腐に春菊もいい。
広島の地酒「酔心」がお似合い。でも、僕は生ビール党。

d0090161_2218517.jpg

かぶら蒸し。
ちょっと高級なおばんざい。
すりおろした蕪を、鯛なんかの白身魚に乗せて蒸す。
手間はかかるが、体は芯から温まる。

d0090161_22182289.jpg

ちょっと休憩したい。

d0090161_22183774.jpg

フグはなんといっても、てっさが一番。
浅葱(あさつき)に透けた切り身を巻いて、ポンズでさっぱり食べる。
てっちり鍋、天ぷらと進んで、あとの捨てるところは骨だけ。
白子を食す時は、何故かすこし身が引き締まる。


OLYMPUS E-PL5 17mm F1.8

by chura-photo | 2013-02-20 22:22 | グルメ | Comments(12)
2013年 02月 17日

ウインター・ワンダーランド

d0090161_20491977.jpg

アメリカポップスのクリスマスソングの定番は、古く戦前に出来ました。
「ウインター・ワンダーランド」と言う軽快な曲は、
豊かなアメリカ社会を象徴しているようです。

坂道から見える東京タワーもライトアップされ、大都会の象徴は健全だった。
二月半ばの六本木。街は明るく楽しそうに流れていました。


d0090161_2049373.jpg

その日の朝の東京は、気温4度とスマフォで見る天気情報ですが、体感温度はさらに低い。
暖かいグアムで、背筋も凍る事件。

隕石が地上付近で爆発すると言う自然現象。そこは世界の大都市でなかったが、
地球への脅威は忘れたころにやってくる。

d0090161_20494991.jpg

三歳になる孫の誕生日祝いに、久しぶりに上京しました。
娘夫婦の元に、親戚、従妹達がやってきて賑やか。
平和で、明るい庶民生活にしばし浸り、ほっとした一日だった。




東京港区六本木にて



OLYMPUS E-PL5 14-42mm F3.5-5.6

by chura-photo | 2013-02-17 23:45 | つぶやき | Comments(4)
2013年 02月 15日

小さな喫茶店

d0090161_1447232.jpg

町屋の並ぶ京都の裏通り。
「少しお待ちください。いま、片づけますので・・・」、とお店のママさんが出迎える。
おひとり様用のテーブルも有って、底冷えする京都だから、膝かけもおいてある。

d0090161_14475353.jpg

ちょっとレトロな、少しアンティークな喫茶店。

d0090161_1448868.jpg

「玉子サンド」が美味しい。食パンに挟んだ玉子は並みの分厚さではない。
これを目当てに来る客がほとんど。



RICOH CX3

by chura-photo | 2013-02-15 14:48 | グルメ | Comments(13)
2013年 02月 11日

金閣寺(雪の薄化粧) Ⅱ

d0090161_18574427.jpg

さすが、京都の名刹金閣寺。開門前にすでに長い行列が。

d0090161_18581016.jpg

定番の撮影スポット。これは28mmのリコーデジカメで。
朝一の、出来たてほやほやの金閣寺。

d0090161_18582845.jpg

これは、金閣寺のお庭に積もった雪です。
朝日が差してきて、これから溶けようとしているので、雪ですが何処か温かみを感じました。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ 28mm F1.9

by chura-photo | 2013-02-11 18:58 | 京都 | Comments(10)
2013年 02月 10日

金閣寺(雪の薄化粧) Ⅰ

d0090161_9392563.jpg

京都では前日の夕方から、ちらほら舞っていた小雪が、
少しづつ多くなって車の屋根に積もり始めました。
その空気は肌を刺すほどでもなく、柔らかいひらひら感というようなものでした。

d0090161_9395111.jpg

翌朝、僕は金閣寺に向かいました。
雪の薄化粧という、見え隠れする自然が見せる小技を撮りたかったのです。
内心、またベタな写真になるでしょうね・・・って感じもありましたが。

過去にも沢山撮ってきました。秋の紅葉も、春の風情も良かったです。
まあ、何処から撮っても隙のない金閣寺ですね。

d0090161_9401388.jpg

この金閣寺は、室町時代には足利義満将軍の別荘でした。後に禅寺になりました。
足利将軍って、あのマンガの一休さんに出てくる将軍で、とんち問答で将軍をやりこめるんですね。

d0090161_940363.jpg

また、若い修行僧による放火事件で全焼したことは、故三島由紀夫の実録長編小説「金閣寺」で有名です(事件・昭和25年)。


LEICA X2 Elmarit 24mm F2.8 Asph

by chura-photo | 2013-02-10 09:46 | 京都 | Comments(14)
2013年 02月 08日

窓際のプランター

d0090161_1593715.jpg

1960年代半ば、当時の首相「池田 勇人(いけだ はやと)」の経済政策は’国民所得所得倍増計画だった。分り易く、具体的なんで国民も納得できたと思う。

朝鮮戦争、ベトナム戦争特需、東京オリンピックなどを追い風に、
日本経済は右肩上がりになって行った。
働く会社が有って、頑張れば給料も上がり、住宅ローンも組めた。
残業代もちゃんと基本給に加算された。

二十代で家庭をもうけ、子供の二人も作っても、なんとか幸せにやって行けた。
将来のために多少の貯金もして、そこそこの、いや今と比べれば数十倍の利息も付いた。

今、デフレをなくすには、インフレが特効薬だそうな。
働く会社も少ないのに、給料がもらえるのか?

いっそのこと、印刷したお札は直接国民に配ったらどうだろう。
ただし、額面に有効期限一カ月、六か月、一年とか印刷して。

寒いので、なかなかカメラを持って外出できない。

LEICA X2

by chura-photo | 2013-02-08 22:35 | つぶやき | Comments(8)
2013年 02月 06日

神戸・北野坂

d0090161_207312.jpg

久しぶりに、神戸の三宮にやってきました。
まずは、神戸マリンピアというアウトレットで買い物。
明石海峡大橋のたもとにある、大きなショッピングモールはお洒落。
お昼に京都から高速道路で一時間余、買い物と食事を済ませて三宮の北野坂へ。

d0090161_2074949.jpg

夕闇せまる坂道は、淡い空気と澄んだ浜風が入り混じって、コーヒーショップから
異国の香りが漂ってくる。

d0090161_2081399.jpg

このお正月、ベトナムに旅しました。
その国は、我々世代にはベトナム戦争という忌々しい記憶が蘇ってきます。

そして、この国はいま共産国として活気のある国に変貌し、東南アジアのファクトリー・アウトレットのようになっている。

Netで調べていた、ベトナム料理のお店に入った。味と匂いはNetでは分らない。
一か八か・・・、鶏肉のフォー、そして好物の揚げ春巻きともにOKマークが付いた。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2013-02-06 20:08 | 散歩 | Comments(5)