ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

上賀茂神社 Ⅱ

d0090161_14102054.jpg

時代祭りと良く似ているが、あちらは平安遷都1100年の記念行事で、
明治に平安神宮が建立された時から始まっています。
10月22日開催。

d0090161_14104465.jpg

祇園祭りは、庶民のお祭り。歴史は1,000年程と意外に古い。
京都の夏の風物詩。
7月17日は山鉾巡行のハイライト。

d0090161_1411714.jpg

葵祭り、祇園祭り、時代祭り→有難き、おごそかな順。
祇園祭り、時代祭り、葵祭り→派手さと人気の順。



今日で一月も終わりです。今年も、年初から沢山の神社にお参りをした。
上賀茂神社を最後に、いただいたお札は7枚。
東の方角に向けて祀ってあります。


LEICA X2

by chura-photo | 2013-01-31 14:11 | 京都 | Comments(5)
2013年 01月 31日

上賀茂神社 Ⅰ

d0090161_13494921.jpg


d0090161_13501648.jpg


d0090161_13504023.jpg

京の三大祭りの一つ、葵祭りの主宰神社。

祭りの歴史は、1400年と一番古い。

貴族の祭りなので、王朝風俗の伝統が残されている。

5月15日巡行。


LEICA X2

by chura-photo | 2013-01-31 13:55 | 京都 | Comments(0)
2013年 01月 27日

氷菓子(こおりかし)

d0090161_92073.jpg

子供のころに、よく遊んだ池。その頃大きな鮒がいたのです。うどんに米ぬかを混ぜて、うどんこ、という餌を作っていました。

僕が高齢になった今も、この池は昔と同じたたずまい。
薄く氷の張った池には、所々に鴨が羽を休めていました。

d0090161_92179.jpg

落ち葉が、まるで夏の氷菓子のようにも見えて、
・・・落ちたら危険ですよと囁いているようでした。



京都・深泥池(みどろがいけ)
昔は、ジュンサイがいっぱい捕れたんです。
ほら、あのぬるぬるした枝のようなモノ。おすまし、酢の物、味噌汁に入っていたでしょう?
味もそっけもないのですが、京料理には欠かせないのです。


OLYMPUS E-PL5+17mmF1.8MSC

by chura-photo | 2013-01-27 23:02 | 散歩 | Comments(8)
2013年 01月 23日

湖畔の春

d0090161_1942230.jpg

湖から澄んだ浜風が、たわわに実った菜の花のジュータンを敷き詰めて行く。

d0090161_19451057.jpg

遠くには雪をいただく比良の山々。まだまだ明けぬ冬の陣。


(第一なぎさ公園・滋賀県守山市はこちら。)


OLYMPUS E-PL5+17mmF1.8MSC

by chura-photo | 2013-01-23 19:44 | 季節 | Comments(18)
2013年 01月 22日

蝋梅(ろうばい)咲く

d0090161_11401210.jpg

安産と、お酒の神さんとして有名な「梅宮大社」。
平安時代に建立されたと、門前に書いてあります。

d0090161_11402957.jpg

この時期、巷には花に恵まれないので、蝋梅が満開と言う噂を聞いて行ってきました。
神苑は梅の木が沢山あって、まだ固い蕾を付けています。

d0090161_11404817.jpg

春遠き京の都に、暖かき香り届ける蝋梅の黄色い粒。





OLYMPUS E-PL5+17mmF1.8MSC

by chura-photo | 2013-01-22 11:41 | 季節 | Comments(4)
2013年 01月 20日

日曜散歩

d0090161_22432100.jpg

さしたる用事もなく、ぶらぶら家から歩いて四条烏丸へ。
京都市のど真ん中。
専門店が集まるビルに入るも、我々世代には魅力的なモノもなし。

d0090161_22434443.jpg

ここでも、ぶらぶらしている内に立派な建築様式の小学校を発見。
「京都市立明倫小学校」と「京都芸術センター」の表札が並んでいた。

d0090161_22441739.jpg

少し前に廃校になった小学校。
呉服の街、室町が盛隆を極めていた頃のこの小学校は、近所の会社から沢山の
寄付もあって立派な校舎になったそうです。

d0090161_22445756.jpg

廃校の後、京都の芸術家が集まって文化交流をする場所になっているはずですが、
細かいことは良く分りません。

d0090161_22451532.jpg

中に入ってみると、京都でも有名な珈琲屋さんのお店がありました。
校舎の扉を開くと小さな喫茶店。
シホンケーキセットをいただいて、少しマッタリ(のんびりと落ち着く)してしまいました。




OLYMPUS E-PL5+17mmF1.8MSC

by chura-photo | 2013-01-20 22:45 | 京都 | Comments(8)
2013年 01月 16日

寒中ゴルフ

d0090161_20233715.jpg

真冬のゴルフ場、明暗を分けるのがその日のお天気。
一旦プレーをはじめたら、自分のわがままで、簡単に引き返すわけに行かない。

でも、今日はラッキーな一日。
お昼御飯は評判のランチバイキング。

ぶり大根、おでんに焼きそば、・・・ほっこりと温まりました。

フェアーウエイの池にも鴨の群れ。
のんびり餌をついばむ姿が、スコアーの乱れも忘れさせます。


(神戸市北区・有馬ロイヤルGCにて=おじさんたちが夢中になっている、ゴルフ場のランチ。)

Panasonic DMCーFT3

by chura-photo | 2013-01-16 20:26 | 趣味 | Comments(6)
2013年 01月 14日

ハノイでのスナップ(プレイバック)

d0090161_2259721.jpg

2013年、お正月の首都ハノイ。
北ベトナムのハノイは寒い。連日最高温度は、12,3度と日本の初冬並み。
街を歩いていも、半袖やTシャツ姿は見られない。

インドシナ半島をS字のように南北に長く伸びた国。
南のホーチミン市は、連日最高気温が30度と聞いた。

d0090161_22592617.jpg

こちらは旧のお正月で、2月10日が本番。
ハノイの人達は外食というライフスタイルが定着している。街角のあちこちで、朝から深夜まで
屋台のようなお店が賑わっていた。

d0090161_9155043.jpg

その人達の中に入って行くのは勇気がいる。
どこでも、一応英語が通じるフィリッピンが羨ましかった。

通勤途中と思われるお洒落な女の子二人と、男性社員らしき仲間が、
朝ご飯を食べている屋台に同席出来た。
「フォー」と言うベトナムの定食かな?レストランで食するより庶民的で旨い。
旅で印象に残った思い出の一つです。



OLYMPUS E-PL5(ジェントルセピアモード)f14-42mm

(一眼に迫る圧倒的な高速AFを、タッチパネルシャッターで撮影。
いままでGRDが最高のスナップカメラと思っていたが、コレはそれを凌駕してるかも知れない。)

by chura-photo | 2013-01-14 07:59 | 写真 | Comments(12)
2013年 01月 09日

京都ゑびす神社(十日ゑびす)

d0090161_20262464.jpg

お正月なんで明るい話題です。
早起きして、京都のゑびす神社へお参りし、「宝恵かご社参」を観てきました。

d0090161_202645100.jpg

「商売繁盛笹もってこい・・・」と美人の福女(ふくおんな)が籠に担がれ、
神社にお参りに来れば、えべっさんもご利益を授けぬわけはありません。

d0090161_202716100.jpg

昔、映画の都・京都と言われました。
この日も東映京都撮影所の女優さんが、福女に扮しての社参です。

d0090161_20273661.jpg

おっと・・・、目線がはいりました。この時ばかりは、にわか撮影会で盛り上がっていました。
神殿には、縁起物の招福まぐろが奉納してあります。(なぜ、マグロなんでしょうね?)

(京都ゑびす神社のことはこちら。)

Nikon D200+シグマ DC18-50mm EX MACRO HSM

by chura-photo | 2013-01-09 20:29 | 京都 | Comments(16)
2013年 01月 08日

初詣(京都・北野天満宮)

d0090161_8462250.jpg

菅原道真公を祀り、梅咲き誇ればさらににぎわう神社。

d0090161_8464324.jpg

今年のお正月は、海外で迎えたことで、遅まきながらの初詣をしています。
この神社で二軒目、やっと引き当てた「大吉」のおみくじを、大切に財布にしまいました。

d0090161_1257423.jpg

京都・西陣の花街、上七軒(まみひちけん)を通ります。神社に近いのです。
途中、老舗の菓子屋で饅頭を買って帰りました。

(北野神社はこちら。)



OLYMPUS E-PL5

by chura-photo | 2013-01-08 23:30 | 散歩 | Comments(2)