<   2011年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

大晦日


d0090161_19234672.jpg

皆さん、この一年間度々ご訪問くださり、そして沢山のコメントをいただき、
本当にありがとうございました。
また、私もこの一年、ブログを継続出来た幸せを有難いと思っています。
来年は、皆さんにとって素晴らしい年になりますよう祈っています。


(京都・鴨川にて北山を写す)


RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2011-12-31 19:23 | ご挨拶 | Comments(6)
2011年 12月 30日

師走(帰省)


d0090161_17552344.jpg

嫁いだ娘が師走に帰省した。世間では猫の手も借りたいこの頃、まあ・・・事情は様々。
たまには奮発してやろうと、京都のホテル・オオクラに宿泊。
年末の仕事納めの日と、正月を京都で過ごす客との端境の日。
とても料金は安くリザーブ出来た。

ホテルの12階の部屋から見る京都は、北山にうっすらと雪景色。比叡山もたなびく雲に隠れていた。
朝のメニューは、噂のフレンチトースト。プリンかオムレツか・・・、いや確かにトーストなんだが、
我が文才にして形容のし難き珍味なり^-^);

d0090161_1432439.jpg

金閣寺に行った。京娘の記憶にも、その有様がほとんど残っていないのは親の責任。
苔むす庭に、鮮やかな金色の壁は足利将軍の庵。
いつ壁を塗り替えたのかと聞く娘に、これは金箔を貼ってあると説明する親のもどかしさ。


携帯カメラ・SH008(フレンチ・トースト)

RICOH GR DIGITAL Ⅲ(金閣寺)

by chura-photo | 2011-12-30 14:32 | 季節 | Comments(19)
2011年 12月 29日

師走(京都駅ビル)

d0090161_12473974.jpg

今夜は仕事納めの夜。故郷へ帰る人、年始の支度をする人。旅行へゆく人。
人様々に、思いは暦をめくる年の瀬を見ている。

天災、人災と重苦しい一年だった。
今年はごわさん(御破算) で願って、早く新しい年を迎えたいと思う。

RICOH GR DIGITAL 3

by chura-photo | 2011-12-29 22:47 | JR京都駅 | Comments(0)
2011年 12月 25日

師走(興行)


d0090161_1421539.jpg

京都の師走の風物詩は、南座の吉例顔見世興行。招きの看板が賑わう四条通り。
来年の一年間、招き看板に揚がった役者が舞台を務めるデビューの事。

25日のクリスマスの夜。行き交う人もまばらな師走の宵は日曜日。
大雪の便りが届く日本海、京の街も小雪が車のライトに照らされる。



CANON IXY32S

by chura-photo | 2011-12-25 23:29 | つぶやき | Comments(5)
2011年 12月 24日

冬(蝋梅の葉)

d0090161_18395812.jpg

梅の名所の京都・北野天満宮。紅葉も終わり、梅もまだまだ蕾が固いのです。

僕はここで、毎年楽しみにしている「蝋梅(ろうばい)」があります。
冬枯れの境内ですが、片隅には暖かい命が芽生えていました。
来年の開花と、甘い香りを楽しみにしています。

d0090161_18405018.jpg

菅原道真公を祀る神社は迎春の準備も整い、早くも受験を控えた若者達が列を作っていました。

(京都・北野天満宮にて)

RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2011-12-24 18:40 | 季節 | Comments(8)
2011年 12月 22日

季節(冬至)


d0090161_179855.jpg

今日は「冬至」といって、一年で太陽を拝める時間が一番短い日。
つまり、言い換えれば明日から太陽が蘇る折り返し点。長い夜の振り子が振り切った時。
もっと前向きに言えば、機運が上昇すると言う大変ハッピーな一日なんです。

今年はクリスマス寒波到来らしいですね。
今夜は、柚子風呂で温まってください。


Canon IXY32s

by chura-photo | 2011-12-22 17:09 | 季節 | Comments(10)
2011年 12月 21日

漢字(絆)

d0090161_14453590.jpg

東日本大震災に原発事故と言う、最悪の災害に見舞われた日本列島にも冬が来た。
全てを覆い隠すであろう白い雪の下にも、黒い傷痕は残っていると思う。

遠く離れた関西にいて日々の暮らしは平凡なれど、東の人々が気にはなりつつ、折に触れ
記憶も薄れゆく人の心の頼りなさ。

今年のあり様を一つの漢字で現す、京都・清水寺の習い事。

我が愛用の道具にも、金箔の飾り文様をシールしてみた。
ささやかな「絆」である。


RICOH GR DIGITAL Ⅱ


「トラックバック企画「2011」に参加」

by chura-photo | 2011-12-21 14:45 | 写真 | Comments(0)
2011年 12月 19日

外食(ラーメン)

d0090161_2233866.jpg

お昼過ぎ、一軒のラーメン専門店に入った。
京都風の醤油味は背油と上手く馴染んで、またさらに細麺が繊細な触感を彷彿とさせる。

d0090161_1541198.jpg

チャーシューは分厚い輪切りではなく、細切れのように箸と麺に絡みつく。
食後の満腹感も控えめで、久しぶりに旨いお店に巡り合えたと思う。

レジで精算した店員さんの表情も明るかった。

(莱莱亭・京都一条寺店にて)


RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2011-12-19 22:03 | グルメ | Comments(8)
2011年 12月 19日

語らい(師走)

今年も押し迫ってきたら、


d0090161_19121744.jpg


by chura-photo | 2011-12-19 12:56 | つぶやき | Comments(0)
2011年 12月 18日

影(紅葉残影)


d0090161_21543955.jpg

日韓首脳会談の会場となった、京都御苑の迎賓館。
その警備・警戒は、京都中の警察官を集めたような物々しさ。
うっかり、カメラを構えようなら逮捕も覚悟・・・・とは大げさな京都御所の夕暮れ。

d0090161_21545545.jpg

戦いすんで、日は暮れて、紅葉も名残惜しい初冬の京都。

d0090161_21552434.jpg

夕日に映える、朔平門(せっぺいもん)が荘厳です。茅葺の屋根に、金地の金具や透かし彫り。



RICOH CX3

by chura-photo | 2011-12-18 21:54 | 季節 | Comments(0)