<   2011年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

Aの発見


d0090161_8405681.jpg

いつも、良く見かける近所のマンションの駐車場。
軽自動車の営業車と思われますが・・・、何をしている会社かイマイチ?です。

Aと言うロゴマークに、Aを想像させるタイヤホイール。
敷石まで、アルファベットに見えてきました。



E-PL2+17mmF2.8

by chura-photo | 2011-08-31 08:41 | 散歩 | Comments(2)
2011年 08月 30日

葉月の変わる頃

d0090161_127187.jpg

葉月、八月、暦が替わる。しかし、残暑バテという言葉も聞こえてくる。
地球規模で、異変がおきているのか日本列島の夏。

過ぎ去った事は良く覚えていないし、そんな劇的な人生でもなかった。
かといって、それほど過酷な経験もない。

いずれ、波風が立つこともあるかも知れないという覚悟はある。
でも、上手く切り抜けられるかどうか自信はない。

今日、穏やかで、平穏な日々を送っていることだけを感謝している。


(昨日のボケた写真の下の部分。若葉から、雨後の匂いがしました。京都・御所にて)

E-PL2+17mmF2.8

by chura-photo | 2011-08-30 12:11 | つぶやき | Comments(5)
2011年 08月 29日

アウトフォーカス


d0090161_2249715.jpg

広い京都・御所の松林にピントを合わせたわけです。
パンフォーカスの強いコンパクトデジカメでは、ちょっと上手くゆきません。
良い感じでボケました(笑)
それがどうした?・・・と言われれば、そうなんですが^-^;


(京都・御所にて)


E-PL2+17mm F2.8

by chura-photo | 2011-08-29 22:49 | 写真 | Comments(4)
2011年 08月 28日

源氏物語の故郷(桔梗の寺)

d0090161_9252887.jpg

慮山寺(ろさんじ)は、紫式部が生まれ育ち、結婚生活をして、源氏物語を執筆した処です。
白砂利の庭には、紫の桔梗の花が咲いています。

d0090161_928586.jpg

彼女は貴族の娘として育ち、一女をもうけましたが、結婚後早くして主人を亡くして、
シングルマザーとして宮中に就職したわけです。

d0090161_8515397.jpg

平安時代の宮中のあり様を、女性の空想と現実的描写をもって、筆を運ばせたのが
「源氏物語」であったと思います。
それは、知性と教養を兼ね備えた未亡人となった娘に、
親の温かいまなざしと理解があったのでしょう。

d0090161_8522167.jpg

京都御所の東に隣接する寺。源氏物語を語る前に、是非、探訪されたい。
(写真は、京都・御所)



E-PL2+17mmF2,8

by chura-photo | 2011-08-28 22:15 | 京都 | Comments(0)
2011年 08月 27日

くうねるあそぶ

d0090161_17141026.jpg

歌手の井上陽水さんが、20年ほど昔に自動車のコマーシャルをしていました。
日産自動車の「セフィーロ」と言う、スポーツセダンです。
あの頃は、日産スカイライン、シルビアって言う、直線ボディーの車に憧れました。

始めてそのコマーシャルを見た時に、「くう=食う、ねる=寝る、あそぶ=遊ぶ」と言うキャッチフレーズが画面に流れ、???でした。

そんなんを真似て、「イチジク・サンドイッチ」を食う、デジカメで遊ぶ、疲れたら寝る
と言うことに^-^!

(京都・ヤオイソ・フルーツパーラーのイチジク・サンド)


E-PL2 + 17mm F2.8 (アートモード)

by chura-photo | 2011-08-27 17:14 | 写真 | Comments(2)
2011年 08月 26日

夕立


d0090161_22272841.jpg

夏の午後の南の空低く、にわかにかき曇る入道雲。
どこからともなく匂って来る、苔むしたような雨粒の匂い。

パタパタとトタン屋根を打つ大粒の雨。雷神のお出ましに、蝉の鳴き声もかき消される
京の夕立でした。


OLYMPUS PL2+M・ZUIIKO 17mm F2.8

by chura-photo | 2011-08-26 22:28 | 季節 | Comments(26)
2011年 08月 25日

JR京都駅ビル

(天空の回廊)
d0090161_223449.jpg


d0090161_2232678.jpg


d0090161_2234523.jpg


d0090161_22457.jpg


d0090161_2241930.jpg


d0090161_2243442.jpg


d0090161_2245976.jpg


d0090161_2251554.jpg


駅ビルの斜行のエスカレーターを一気に登り、
京都市内を眺めて見るのもいいのではないでしょうか。


RICOH GR DIGITAL2



東日本大地震・被災者応援プロジェクト

by chura-photo | 2011-08-25 12:06 | JR京都駅 | Comments(4)
2011年 08月 23日

すき焼き弁当

d0090161_19364989.jpg

京都・祇園にある「十二段家」さんは、お食事処としてグルメ本で流行っていて、
京都人も一応認める老舗ですね。

花見小路のお店が一般的で、鰻丼とか天丼なんかあって、ごくごく一般的な食事処です。
祇園でお昼しようと思ったら、上品な懐石膳も良いですが、ここも実用的です。

ちょっと離れた処に「本店」があります。ここは、すき焼きなんかの肉料理がウリです。
今、ちょっと人気の「すき焼き弁当」をいただきました。
とても良いお肉を使っています。さすがですね!
半熟卵がのせてあって、混ぜながらいただく絶品です!

d0090161_19371325.jpg

肝心の弁当の写真ですが、撮影を失敗してお見せできるようなものではありません^-^;
食い気が先行して、焦ってお肉に近寄り過ぎました。どうなってるかと言いますと、お肉の塊と
こんにゃくが絡み合っていました(笑)

d0090161_19374089.jpg

僕は、わざわざ弁当を食いに、祇園まで行ったのと違います。
「六道さん」で有名な、・・・ちょっと長い名前ですが「六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)」にお参りに行きました。

d0090161_19385284.jpg

このお寺は、お盆に先祖の霊を迎える「六道まいり」で有名です。
他にも、諸々の由緒のあるお寺です^-^;



RICOH GR DIGITAL2

by chura-photo | 2011-08-23 19:38 | 京都 | Comments(4)
2011年 08月 22日

お箸のこと


d0090161_11111180.jpg

うん~なるほど・・・。もしかしたら、人目のない処でやっているかもしれない。
子供にはうるさくても、自分には甘いところもあるのでは?
へえ・・・こんなこともあるねですね!

お箸を綺麗に扱う人には、人格がにじみ出る。一緒に食事をしていても気持ちがいい。
家庭環境とか、親子の人間関係とか、人格とかいろんな事が、お箸の使い方で分るので、
まあ、それなりに心すべきと思う。

日本には独特の箸文化と言うものがあると思う。でも、そんな大袈裟なことではなさそう。
何事もグレーな部分がある。
自分の鏡を持っているつもりで、美味しく食すればいいと思う。

d0090161_8494372.jpg

そんなこと、あんなこと、面白くて、いろいろ考えさせられて、結局箸を買わずに帰った。
ひょうきんな、招き猫の置物が店先にあった。


(京都・新京極にて)



RICOH GR DIGITAL2

by chura-photo | 2011-08-22 08:51 | つぶやき | Comments(2)
2011年 08月 21日

季節の移ろい

d0090161_814425.jpg

立秋から二週間経った昼の京都・上京区。心配しなくても季節はちゃんと変わって行く。
地球は回っているのだと、そんな当たり前のことから、安堵感を覚える今年の夏でした。

ムクゲ、お隣の韓国の国花です。

d0090161_83129.jpg

雅な御所にも、手つかずの森があります。松、紅葉、銀杏の樹木が覆っています。
わずかな光を求めて、可憐な花が咲こうとしている。
秋を予感させる瞬間を見ることが出来ました。

d0090161_8365093.jpg

意外にも、御所には毎年見事な紫陽花の大輪を楽しませてくれる処があります。
今年もその役目を終えて、やがて静かに葉を落として行く。
その横に見つけた、シダの新芽が鮮やかでした。


RICOH GR DIGITAL3

by chura-photo | 2011-08-21 08:15 | 季節 | Comments(4)