<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

Billie's Bounce


d0090161_219532.jpg

アメリカが繁栄の階段を駆け上がってゆく1946年、チャーリー・パーカーは戦後のモダンジャズを不動のものにした。その彼の演奏曲を冠とする、ライブスポット「Billie's Bounce」に集まったオーディエンスは「スマイル」にこころを開き、「ミスティー」に心地よい安らぎを覚えた。

d0090161_2155736.jpg

ジャジーなアスリートヴォーカル:小柳エリコが鉄壁トリオを擁して疾走するツール・ド・ライブの夜は更け行く。


(p)高岡正人 (b)蓑輪裕之 (dr)大曽 学 (vo)小柳エリコ
ライブスポット:Billie's Bouce(大阪高槻市)




RICOH R8

by chura-photo | 2009-01-31 23:12 | Comments(14)
2009年 01月 30日

梅ほころぶ


d0090161_1142250.jpg

昨日は四月上旬並みの暖かい日でした。最近の天気予報は本当によくあたりますね。京都・御所にある梅林を探りに行きました。予想したとおり、硬いつぼみが少しほころび、春近しという嬉しくも可愛い便りです。

d0090161_11422583.jpg

相次ぐ企業の業績下方修正やコスト削減のリストラ、急激な経済変化による暗いニュースが朝から流れる毎日ですが、四季折々の自然の営みは確かな足取りでやって来ます。鴨川の土手の桜並木も今は枯れ枝ばかりで寒々としていますが、まもなく春爛漫の被写体となる事を心待ちにしています。




RICOH GR DIGITAL2(京都:御所の梅林にて)

by chura-photo | 2009-01-30 11:43 | 散歩 | Comments(2)
2009年 01月 28日

別れ


d0090161_11591100.jpg

繊細な手捌きから聞こえてくる絹ずれの音。悲しみにくれる遺族を前に、見事な仕草で死者の装束を整え、化粧を施して棺に収める。
この映画を美しい死の儀式と見てもいいし、死というものが、誰にでもやって来る門出の門(もん)と感じてもいいと思った。先に旅立った親しい人に、見送る自分達もやがてめぐり合う運命と感じる。

僕は「納棺師」という職業があるのをこの映画で始めて知った。この儀式なくしては、どんな厳かな葬儀も成り立たない。
職を無くしたチェロ奏者の主人公が故郷に戻り、ふとした縁でこの職業につく物語り。本木雅弘が主人公で広末涼子は妻を演じる。夫婦の間で職業の貴賎も問われていた。


映画:おくりびと(松竹映画)より



京都の町屋界隈でみかける変わった竹の垣根のようなもの:「犬矢来(いぬやらい)」といいます。犬がそそうをしないようにガードする昔のなごり。

RICOH GR DIGITAL2

by chura-photo | 2009-01-28 12:00 | Comments(4)
2009年 01月 27日

パキスタンカレーを食す


d0090161_23364861.jpg


d0090161_2337142.jpg

国際テロの輸出国家という不名誉な烙印を世界から押された国だが、公用語のウルドウー語では「清く美しい国」と言われる。[Cafe Kahvi」と言う名のお店は、河原町通りの丸太町上がる、京都府立大学病院の斜め向かいにある。

d0090161_23372939.jpg

黒いサラサラしたルーはいかにも辛口か!と思いきや、意外とあっさり味で肩すかしを食ったようである。ふくじん漬けやらっきょの添え物が付いてくるが、よけいなトッピングは不要である。まろやかで、かつコクのあるカレー、そしてキーマカレーも魅力的であった。

d0090161_23375435.jpg

デザートドリンクはシナモンの焙煎茶、「チャイ」と言う。口直しにうってつけの紅茶であった。

d0090161_23382553.jpg

店内はシンプルでテーブルが5席。



RICOH GR DIGITAL2(カレーの撮影は難しい!清潔感を第一に配慮した)

by chura-photo | 2009-01-27 23:39 | グルメ | Comments(4)
2009年 01月 26日

北浪良佳さん


d0090161_11525023.jpg

京都:木屋町三条上がると言えば、一昔前なら歓楽街として老略男女問わず賑わっていた。最近は閑散として昔の面影は無かった。やはり不景気と言うはやり風邪が蔓延しているようだ。

ここ「ライブスポット:RAG」は京都の大型・老舗のライブハウスである。
昨夜、北浪良佳さんの関西ツアーのラストライブがあった。彼女は我々ジャズ仲間の頂点にいる存在であるが、残念ながらメジャーデビューされ、関東を活動の拠点とされたのでこのライブは懐かしかった。


僕と北浪良佳さんとの出会いは、4年前の夏の夜であった。Dr.Kさんに連れられて、神戸三宮のライブハウス「グレートブルー」でお目にかかったのが始めてであった。

彼女のフアンには申し訳ないが、僕個人的には、彼女はマイペースというか、私は神戸のクイーンよ・・・という匂いが離れなかった。・・・・しかし・・・結論から言わせてもらう。


d0090161_11563897.jpg昨夜のライブは素晴らしいの一言であった。彼女独特のアレンジ、スキャットさらに日本語の3曲も感動的であった。

「蘇州夜曲」、中国の恋愛物語りを日本人が作ったその曲を見事な清涼感とともに歌い上げた。スポットライトに映える彼女の横顔は精悍で、体型もきりっと引き締まっていた。厳しいプロの世界で練磨された証であろう。


カメラを持参したが一枚も撮ってなかった。このお写真は三宮「SONE」にて。(2006年9月:LUMIX FX-01)


ライブスポット:RAGにて(1月25日)


井上淑彦(sax)石井彰(P)(vo)北浪良佳

by chura-photo | 2009-01-26 11:59 | Comments(16)
2009年 01月 25日

タイ料理を食す


d0090161_1955573.jpg

自宅の近くにタイ料理店がある。汁物、炒め物、麺・ご飯類と大方のメニューは揃っている。むしろ多い方かな?タイカレーだけでも10種類はあるだろう。目つきのギョロとした店員は浅黒く、痩せ面でまるでタイのボクサー、ムエタイの選手そっくり。丁寧で真面目だが、愛想はあまり良くない。


d0090161_1963022.jpgまずはビール・・・というわけで、シンハー・ビールを注文。アルコール度数は日本並み、ちょっと甘い感じかな。ピリ辛料理によく合うのである。タイの定番ビールらしい。


d0090161_1972676.jpg

今回は、タイ風ヤキソバを注文。ソバもメニューは多いが、豚肉か鶏肉か牛肉を入れるかによってメニューが違ってくる。客の人種、宗教の違いに合わせてるのかな?よくわからない。細麺と思っていたら、平麺である。トンガラシのほど良い辛さが心地よい。不思議と満腹感がないのは、辛味が胃を麻痺させているのかな。

僕はタイには行った事が無い。冬のコートを脱いで、暖房のよく効いたお店で味わう異国の定食もおつなもんであった。



auW61CA

by chura-photo | 2009-01-25 19:11 | グルメ | Comments(4)
2009年 01月 24日

朝粥を食す


d0090161_136073.jpg

「朝から粥とは・・・どこか具合でも悪いのか?それとも・・・ただ粋がっておるのか?」と平八郎は我の肩越しに覗き込んだ。
「像彦の盆に市原清兵衛の六角箸とは、ずいぶん奢ったもんよのお・・・」と、飄々した目付きで碗の淵に目線を落とした。
「お城の財政ひっ迫の折、表立っては粥でごまかし、離れ座敷ですき焼きを食ってる連中も多いとか・・・その昔、塩川老中がぼやいておられたのう・・・」と茶をすすりながら、豆饅頭をつまんだ。



NikonD40+シグマ18-50㎜ F2.8 HSM マクロ

by chura-photo | 2009-01-24 13:06 | 写真 | Comments(0)
2009年 01月 23日

居酒屋へ行く

デジカメのマクロ機能を使って、迫力のあるお写真を撮ってみましょう。お料理の素材はデジカメの最も得意とするところです。
カメラのセッティングは(オートモードのまま、マクロモード&フラッシュ発光禁止です。出来れば、美味しく見える位置までお料理を回しててみましょう。)

d0090161_1954770.jpg


d0090161_19542336.jpg

その一:刺身の盛り合わせ。(このテカリがなんとも美味しさをそそられます。鯛、ハマチ、ヨコワ)

d0090161_19544620.jpg


d0090161_1955446.jpg

その二:串揚げセット。(アップで近寄ればボリューム感満点です)

d0090161_19554834.jpg


d0090161_1956664.jpg

その三:シシャモ。(全体は貧弱ですが、アップでは食べ応えが有るようです)

d0090161_1956288.jpg

最後:麦焼酎のお湯割り。(一応説明しておきます)

d0090161_19574537.jpg

付けたし:お店はヒマでした。




オリンパス μ1030SW

by chura-photo | 2009-01-23 20:00 | 写真 | Comments(15)
2009年 01月 21日

スパゲッティーを食べる


d0090161_2055214.jpg

蕎麦にウドンそしてトコロテンに葛きりと、日本食にはもちろんお箸が登場します。つるつるした漆塗りの箸より、割り箸がこれまたお似合いです。フォークに麺をからめてスプーンに添えるのが正式なマナーかどうか判りませんが、イタリアの日常食なら日本人が割り箸で食すのも自然の成行きと思います。

d0090161_20554431.jpg

お屋敷を改築してイタリアン・レストランになった、上品なお店でのランチです。イベリコ豚のミンチ肉を絡めたコシのある麺でした。・・・割り箸を下さいという雰囲気ではなかったです。

(昨日の続きでした・・・・食材は沢山ありますが、写材は冬枯れで少ないです)

オリンパス μ1030SW

by chura-photo | 2009-01-21 20:59 | つぶやき | Comments(6)
2009年 01月 20日

大寒


d0090161_2026818.jpg

今朝のメールBOXに友人からの葉書が混じっていた。「寒中お見舞い」としたためてある。なんとタイミングのいい便りではないか。
今日は「大寒」の日で、一年中で一番寒さ厳しいと言う季節の節目である。

d0090161_20263332.jpg

古い中国の暦では、次の節目は「立春」となっている。
梅のつぼみも、まだこわばっていた御所の梅林にて。


オリンパスμ1030SW

by chura-photo | 2009-01-20 20:28 | つぶやき | Comments(2)