<   2008年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

天龍寺 外伝 Ⅰ


d0090161_224522.jpg

門前で、ビデオ撮りしている親を子供がデジカメしているのを撮っている私。

d0090161_2252656.jpg

ここは京都・嵐山の天龍寺です。世界遺産にも登録されたありがたい観光名所です。天龍寺派総本山といいまして臨済宗(禅寺)京都5本山のトップでもあります。

d0090161_22264341.jpg

本山の駐車料金は一日1,000円、そして拝観料は500円(大人)となっています。嵐山観光の基地的条件に恵まれ、隣接するようにして「美空ひばり座」が賑わっています。


GR DIGITAL2

by chura-photo | 2008-08-31 22:08 | 京都 | Comments(0)
2008年 08月 30日

AZUL(アズール)な宴


d0090161_13361127.jpg

心のヒダに優しく触れるメロディーは故郷の山、川そして友達の無事な姿である。日本人に生まれて良かったと思えるひと時は、青色のライブハウス:アズールから。

d0090161_13372772.jpg

いつものお洒落なテーブルは無い。昨夜はお店の3周年記念、バイキングスタイル&ジャズライブであった。バーカウンターではビール、カクテル、ワイン、ウイスキーをお馴染みのカウンター嬢がにこやかにサービスしてくれた。ダイニングでは豪華なメニューが一杯並んでいる(食べるのに忙しく、写真を撮る余裕もないくらい・・・笑)。入り口で払ったチケット代は3,000円でした。

多田恵美子(P)、時安吉宏(B)、中嶋俊夫(D)、前重 英美(VO)



NikonD40+シグマ17-50㎜F2.8 HSM

by chura-photo | 2008-08-30 13:43 | Comments(8)
2008年 08月 28日

京都・上京区界隈 完


d0090161_12403920.jpg

東西南北に整然と区画整理された京都市内の大通りは、1200年前の平安時代の遺物とおもいます。京都は戦争中に空襲がなかった街ですから、こんないびつな町並みも見られます。

d0090161_1241297.jpg

シンプルが一番という町屋のたた住まいです。

d0090161_12412416.jpg

おぜんざい専門店とはちと目面しいですが・・・昔の京都人には懐かしいです。

d0090161_12415111.jpg

300年続いた京菓子の老舗です。一般的に、会社の平均寿命は50年ぐらいといいますが・・・老舗経営の真髄はなんでしょうね?

d0090161_12422817.jpg

同志社大学の学生会館です。ここのカフェレストランはお洒落ですよ。(名前は忘れましたが・・・)
来る11月6日(木)には、(vo)山口有紀ちゃんがゲスト出演するビックライブがあります。

d0090161_12453170.jpg

同志社大学の近くで、このあたりを散策してました。




R8

by chura-photo | 2008-08-28 12:46 | 京都 | Comments(4)
2008年 08月 26日

宴に酔う


d0090161_10454434.jpg

夜明けに冷気を感じ、虫の音に瞼が閉じる夕闇の頃。人恋しさも、皆さまざまな胸の内。


リッツカールトン大阪:ラウンジバーにて(昨夜)

宮本直介さん(b)
高橋俊男さん(Pf)
田中ヒロシさん(Dr)

前重英美さん(vo)



リコーR8

by chura-photo | 2008-08-26 10:58 | Comments(3)
2008年 08月 25日

芙蓉惜夏


d0090161_1165512.jpg

夏から初秋にかけて咲く花で、芙蓉(ふよう)と言います。むくげと良く似ていますが、葉っぱで区別できるようです。朝咲いて夕方にしぼむ可憐な庶民の身近な夏の花です。
江戸時代の絵師もこのように芙蓉の姿を写しています。母親はこの掛け軸を好み、夏になったら床の間に掛けていました。

d0090161_1173122.jpg

芙蓉峰というのは富士山の別名でして、みずほ銀行の前身の芙蓉グループの母体銀行である富士銀行の行員さんが、富士山の行章をしていたのを思い出します。・・・古い話でした(笑)

R8

by chura-photo | 2008-08-25 23:18 | Comments(0)
2008年 08月 24日

京都・上京区界隈 Ⅱ


d0090161_1123014.jpg

路地の奥にも何件かの町屋があるはずなんですが、この路地の通路はただの道ではなさそうですから遠慮しがちに眺めていました。

d0090161_1125620.jpg

早朝の町内を散歩するご夫婦です。まだまだ蒸し暑い京都の街です。

d0090161_1132193.jpg

室町時代の有名な絵師です。狩野派中興の祖と言われ、尾形光琳などの淋派と並ぶ日本画の祖です。

d0090161_1134976.jpg

朝日に照らされた中華店のサンプルケース。食欲が失せる眺めかもしれません(笑)

d0090161_1163463.jpg




d0090161_1651542.jpg地蔵盆も終わったようです。(京都では昔から町内単位でお地蔵さんの供養をしていました。)






リコーR8

by chura-photo | 2008-08-24 11:08 | 京都 | Comments(7)
2008年 08月 23日

麩屋町(ふやちょう)での集い


d0090161_10237.jpg

今年の春に、南知多半島に同窓会旅行をした連中が残暑の暑気払いとでもいう名目で夕刻に集まった。全員そろったわけではないですが都合のつく6人の小グループです。召集及び幹事役はK子さん、旅行には参加できなかったが、40年ぶりに会った旧姓・K子さんが大津から来てくれた。当時は電車道(京都に市電が走っていた頃)をはさんで、はす向かいの薬局屋さんの小柄なかわいい子であったが、印象はそのままである。孫も出来て結構多忙な毎日であるが、お誘いがかかると腰は軽いようです。

会食の後、大津のK子さんが京阪電車で帰るというので、三条蹴上げにある「ウエスティン都・京都」のラウンジバーライブに行った。僕はここの常連(笑)ですが、あとの連中は始めてで、ご婦人方をエスコートするにはいい感じの雰囲気のライブバーです。昨夜のボーカリストは「池田杏理」さん。我々ジャズ&Photo仲間で人気のあるミュージッシャンです。


R8  (麩屋町三条上がるにある、某懐石処にて)

by chura-photo | 2008-08-23 10:04 | 京都 | Comments(5)
2008年 08月 22日

京都・上京区界隈 Ⅰ


d0090161_7364628.jpg

(軒先は清楚な町屋なのに、錆びたバイクが不思議に似合ってる)
両ポケットのあるワイシャツを広げてみれば、向かって左のポケットが京都市上京区付近です。因みにワイシャツのボタン掛けが鴨川で、ベルト付近が五条通りというイメージです。上京区は、室町幕府の将軍、足利義満の公邸が有った処です。

d0090161_7371359.jpg

(何処かがゆがんでる、すっきりしないつら表)
京都の金融街の象徴的建物(旧三和銀行・京都支店)も取り壊されました。四条烏丸西北角でした。老舗旅館に隣接して高層マンション、町屋跡にもワンルームマンションが乱立するように景観が損なわれつつあります。


リコー R8

by chura-photo | 2008-08-22 07:44 | 京都 | Comments(0)
2008年 08月 20日

中秋の名月には・・・


d0090161_2143395.jpg

今年は9月14日(日曜日)が中秋となり、旧暦では8月15日です。満月は太陽、地球、月が一直線に並ぶので、太陽と月にはさまれた地球が最も引力の力を受けるので、海では満潮と干潮の差が大きくなります。この時期は釣果も上ると言うのが一般的なことですが、やはり腕が物を言う遊びの世界です。

中秋の名月には少し早いですが、秋の風情が濃くなった夕闇に昇る満月を撮影してみました。いつもコンパクトデジカメで安直な撮影を楽しんでいますが、一眼レフならではの作品です。お写真の好みは別ですが・・・(笑)


NikonD200+Nikkor Af-S VR 70-300㎜ F4.5~5,6
(WB:電球色 測光:スポット 露出:マニュアル ISO100 多重露光)

by chura-photo | 2008-08-20 21:47 | 写真 | Comments(9)
2008年 08月 19日

鳴き疲れ・・・そして


d0090161_10463011.jpg朝夕の少し柔らかに感じられる残暑の頃、通路に一匹のクマゼミが横たわっていました。蝉時雨と言う夏の季語も、なんとなく空々しい今日このごろです。


d0090161_10474538.jpg

心にはけだるさだけが残り、透き通った羽のクマゼミを眺める。人に踏まれて無残な姿にならぬよう、心ある誰かが置いた石垣の縁にて。



リコーR8

by chura-photo | 2008-08-19 10:49 | つぶやき | Comments(0)