<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 31日

ささやかな追憶

d0090161_23145663.jpg
団塊の世代として、ここまでよく歩いてこれたとしみじみ思います。先日、京都での小学校時代の同窓会に集まってくれた皆も、定年・年金世代に入ろうとしています。愚痴や、自慢、苦労話なんかはなく、それぞれの人生を背負って集まった同級生達は、82歳になられた恩師の先生を囲み、はるか昔の面影を偲ぶばかりでありました。クラス49人中集まってくれたのは22名、前回より3名増えました。
 
d0090161_23183618.jpgきのう私は誕生日を向かえました。友人は手料理とケーキと花束で祝ってくれましたし、ちょうど一年前の今頃、初めてジャズと出会った神戸のライブハウスも覗いてきました。


ライブハウス:Great Blue 
元木美穂さん(vo)、御薬袋一男さん(dr)と記念写真

by chura-photo | 2007-08-31 23:19 | つぶやき | Comments(10)
2007年 08月 30日

芙蓉の花

d0090161_17521282.jpg朝の散歩道で見かける素朴な花は芙蓉(ふよう)です。写真で撮る夏の花は向日葵とかが似合いますが、この花は日本の夏の代表的な草花で、昔から芙蓉峰といわれているのは、富士山の事をさす枕詞であったようです。祖母が芙蓉の掛け軸を取り出す頃の京都の蒸し暑い夏の記憶が蘇ります。
 
現在のみずほグループの前身の芙蓉グループは、その中核銀行が富士銀行であったので、芙蓉の名が付けられたと、ものの書で知りました。


d0090161_17544690.jpg
掛け軸の芙蓉です

by chura-photo | 2007-08-30 17:59 | Comments(0)
2007年 08月 29日

酒席にて(35㎜単焦点レンズの魅力)

d0090161_19495068.jpg

NikkorAF-S24-85mm F3.5-4.5G
(35㎜ F4.0で撮影)

「ささ・・もっと近こうによってくだされ」
(これ以上は寄れませぬ・・)
「・・うぶじゃのう、おぬしは」

d0090161_19501970.jpg

Nikkor35㎜ F2.0
(同上)

「それでよい、よい・・」
<・・・・嬉涙!>

「  」殿、(  )姫A、 <  >姫B

介添え人:Nikon D200

by chura-photo | 2007-08-29 19:53 | Comments(3)
2007年 08月 28日

GR殿

d0090161_2232214.jpgGR殿が我が家にやって来て、もう早や2ヶ月経ちました。単焦点で、いまどき手振れ補正もなく本当に融通が利きません。でも広い視野をもっていて、曲がった事は嫌いな性格はほめてやりたいですね。
しかし、フラッシュの写り具合はイマイチでピンと合わせとかレンズのせり出しとかは、ジーコ、ジーコとわめきます。でも、細かいところは徹底的に調べますし、怖がらずに近寄って確かめますね。まあ、いつもいっしょに居るといろいろアラも見えてきますが、目をつむってやることも長い付き合いには必要でしょう。

FinePix30i(2.0メガピクセル)

by chura-photo | 2007-08-28 22:09 | Comments(0)
2007年 08月 27日

昼下がりの連写

今日、運転免許証の更新に行ってきました。私は今年の春に駐車違反で前科が付き、ゴールド免許を剥奪される不名誉なことになってしまいました。免許更新センターは五年前の更新時とまったくかわらぬ事務作業で、更新料とか安全運転協会加入料など合わせると印紙税は倍近く値上がっていました。
 銀行、郵便局などでよく使われる、本人確認としての運転免許証ですが、発行元のセンターでは右から左への流れ作業となっており、申請者本人の確認をしている様子はありません。・・・だからどした?と言われても困りますがそんなもんだったんです。
d0090161_22325456.jpg

 もう来週は九月、昼下がりの照り返しがきつい歩道橋を渡ってショッピングモールで昼食となりました。
 最近マニュアルを復習していましたら、こんな連写機能もあったのでカジュアルショップのウインドー連写をしてきました。
 
 GR-DIGITAL (メモリー連写:一枚の画像に写しこみます)

by chura-photo | 2007-08-27 22:39 | つぶやき | Comments(1)
2007年 08月 26日

RAGでのひと時

d0090161_0392062.jpg舞台の中央に置かれたスティールの椅子に自然なポーズで腰掛けているシンガーはケイコ・リーさん。名古屋出身、韓国系3世のジャズヴォーカリストは黒のパンプス、そして黒のタイツには足のネックにお洒落な蝶結び、グレー地に小さなヒョウ柄のキャミソールで登場しました。ハスキーボイスの歌声は圧倒的な重量感があり、ゆりかごのような絶妙な間合いと飾り気の無いシンプルなパフォーマンスは超一流の香りがします。
昨夜は、京都で小学校6年生時代の同窓会がありました。恩師の先生は82歳になられ、今年も元気な姿をみせていただきました。ご高齢の先生に配慮して会の終了は午後7時30分となり、そのあと私はLive Spot 「RAG」でとても中身の濃い時間を過ごしました。

by chura-photo | 2007-08-26 00:41 | Comments(9)
2007年 08月 25日

新機種発表

23日木曜日の午後一時過ぎ、ニコンのホームページにはマニアのアクセスが集中し、閲覧できまくなっていました。デジタル一眼の新機種発表であります。ニコン初のフルサイズセンサー搭載のD3型と従来センサーをハイスペック化したD300型、どちらもライブビュー機能が搭載されています。一足早くキヤノンも同じスペックの対抗機種を発表していますが、ニコンに対する期待度の大きさが窺われる日でした。

d0090161_10513026.jpg

 価格は(ボディーのみ)D3が57万円余、D300が23万円弱となっていまして、シニアサラリーマンや新人社員のお給料に匹敵するお値段です。たかがカメラ、されどカメラの道楽の世界です。
 私は、ニコン党でして速射砲装備の巡洋艦D200型、暗所と音の静かさがウリの駆逐艦D40型の一眼デジカメ、それにコンパクトデジカメのGR-DIGITALはアパッチ戦闘機となっています。必要かつ十分な国防体制にありますので、装備一新はしばらく見合わせることとなりました。
 
 写真はNikonD40で撮影はNikonD200+Nikkor50㎜ F1.4

by chura-photo | 2007-08-25 10:56 | Comments(9)
2007年 08月 24日

こだわり

d0090161_1102043.jpg昔の一膳飯屋、取っ手のガラスが欠けたショーケースから取り出すおかずは、鯖の煮付け、ダシ巻き卵,アジのフライとかおしたしのポン酢あえ、そう冷奴もありました。壁に掛かったメニューは飯・大、中、小に、うどんとかがありましたね。しかも相席が普通、アルミの灰皿がテーブルの端にころがってたりして。
 最近は、ファミレス風のお洒落なお店に変身しています。窓の外を見ると懐かしい車が堂々と駐車していました。いつかはクラウン、やっぱしクラウン、いますぐクラウン、クラウン・・?
時代はかわりました。京5・・№のワンオーナー車です。

GR-DIGITAL

by chura-photo | 2007-08-24 11:01 | つぶやき | Comments(3)
2007年 08月 23日

ウルトロンでライブ

日中は37度、残暑ははばかることなく京都の街中を闊歩していました。天気予報では午後の降水確率30%とか言っていましたが、傘の持ち合わせはありません。ホームで過ごす母親の見舞いの帰り道、にわかに空が曇ってきた夕方5時ごろ、雷をともなって激しいにわか雨がやってきました。祇園祭り以降雨らしい雨も無く一ヶ月、ほっと一息ついた昨夜の恵みの雨でした。

京都高島屋で6時の待ち合わせに、ライブフアンのH子さん、そして仕事仲間の女性2人に、仕事を終えて来てくれたO田さんと祇園のライブハウス「Jaz&Jaz」に行きました。京都独特の狭い、鰻の寝床のようなお店は常連さんに加えて、我々応援組みで満席となりました。

d0090161_6522834.jpg

d0090161_6584261.jpg

なんと、この日のJaz&Jazはライブ撮影会と変身いたしました。ニコン組みは、H子さんと私、キヤノン組はO田さんと、同じ会社の同僚でEmiフアンの方、加えてコンパクトデジカメで頑張っておられたフアンのカップルさんでした。
d0090161_6531473.jpg

d0090161_6534780.jpg

d0090161_6542270.jpg


今日は、ニコンからハイテク一眼レフの新製品が発表される日ですが、私はあえてマニュアル撮影に挑戦してみました。カメラのボディーはリトルニコンの愛称をもつベストセラー入門機、レンズはフォクトレンダー社製の孤高のマニュアルレンズです。
(二枚目の店内の写真は、GR DIGITALです)

NikonD40+ULTRON40㎜F2.

by chura-photo | 2007-08-23 07:01 | Comments(6)
2007年 08月 22日

BILLIE

d0090161_852827.jpg


ライブハウスで軽快に歌われている、ALL OF MEやTHEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM MEなどのスタンダード曲の原曲を聴きたいと思ってCDショップで買ってみました。バーボンの酒瓶が転がりタバコの煙がこもる酒場に、その日暮らしの黒人達がたむろするシーンをモノクロ写真で撮ったような歌でした。12曲のCDでしたが、正直なところ、とてもけだるい夏の昼下がりとか、残暑の疲れがどっと来るような印象でした。
 ポップスの頂点に立つプレスリーが出てこなければ、ジャズの火は消えていたかもしれませんね。
(私個人の雑感ですので、間違いや思い違いがあれば一笑に伏してください)

by chura-photo | 2007-08-22 08:06 | Comments(1)