ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 30日

鈍感力

道端に咲く名もない花ですが、摘んで持ち帰るより四角におさめればお洒落な姿で残ります
GR DIGITAL 28㎜ F2.4
d0090161_10534826.jpg


本屋さんの、平積みコーナーで「鈍感力」というタイトルがちょっと逆説的な説得力があり、読んでみました。医者で作家の渡辺淳一さんの書です。
 人のご迷惑省みず、我行かん・・といった意味ではなく、要するに「人生は細かい事に拘らずに、大らかに、鈍感に過ごせば人生長生きも出来るし、成功する要素もあります」と言う事のようです。そうは言っても、人それぞれDNAという変えようのないものを持っているし、判ってはいるけれど・・・と思うこともよくあります。少々くどい本のように思えて中途で読むのをやめてしまいましたが、なるほどと思ったフレーズがあります。それは「血液の流れを良くする事・・」
さすがお医者さんらしい言葉です。体の中の血液がサラサラと流れるがごとき感覚が鈍感力なんだという結論になりました。そうは言っても家庭、仕事、趣味など諸々思うように行かない昨今ですが、少しでもそんな感覚をもっていたいですね。

by chura-photo | 2007-06-30 10:55 | つぶやき | Comments(6)
2007年 06月 29日

雨上がりのライブ

d0090161_185878.jpgこのライブハウスのオーナーはテナーサックスのミュージッシャンですが、もう一つの特技があります。それは、ホームページを見れば判りますが、思わず行く気にさせる独特の呼び込み、いや失礼!出演するミュージッシャンのプロフィールです。
そんなノリで、ゴルフレッスンの帰りに夕飯をかねて行ってきました「BACK STAGE@逆瀬川&オーナー:松岡一平さん」です。




今夜のライブは小柳エリコさん。あいにくラストステージでしたが、優しいビートのヴォーカリストです。
d0090161_1123684.jpg


d0090161_110447.jpg今日のレッスンは出かけに土砂降りのスコールに遭遇し、生徒さんは自分を入れて4名(欠席生徒さん多い)、雨が上がったら蒸し風呂レッスンとなりました・・、が真面目に頑張ってきました。この生徒はあまり練習していないな!といつも思われているようで少し肩身がせまいですが・・。

by chura-photo | 2007-06-29 23:16 | Comments(12)
2007年 06月 28日

真面目なカメラ屋さん

この時期ご近所のガーデニングはお花いっぱいですから、朝の散歩はポケットにコンパクトデジカメを放り込んで出かけます。散歩コースは2,3のルートを持っていますが、ただ黙々と歩くだけでは長続きしません。「綺麗なお花です、よく手入れされてますね・・」と挨拶を交わせばお写真は気軽に撮らせてもらえます。早朝の6時ごろが一応散歩タイムとなっていまして、今日のような薄曇にはお花の写真は綺麗に撮れます。
d0090161_1358228.jpg

     RICOH GR DIGITAL 28㎜ F2.4

旅カメラとして嬉し購入した、RICOH GR DIGITALもなんとか手に馴染んできました。メカのことはさておき、リコーのホームページには、このカメラ専用のサイトがあり、また親切にリコー社員によるブログには「社員奮闘記」とかいって、作品集とかオプションの使い方とか、ほかにもいろいろ面白く、きめ細かいアフターサービスがあります。デジタル製品をいかに使いやすくするかに熱心な会社とおもいます。
d0090161_13583174.jpgデジカメでもニッチな製品を出していますが、過当競争の昨今で指名買いユーザーに支えられている分野だけに少し将来が気になるところでもあります。

by chura-photo | 2007-06-28 14:01 | Comments(0)
2007年 06月 27日

砂風呂

d0090161_12105872.jpgこの一週間、ちょっとしたことが我が家のベランダに起こっています。毎朝、落ち葉や花びらを綺麗に掃いていますが土埃が絶えません。掃いても翌朝にはまたこの鉢の回りに散らばっています。ある日テレビを見ていたら、なにやら鉢の中で羽ばたく鳥が見えます。雀が砂あびにやってきていたのです。体に付いた害虫を払っているのでしょう、しかし不思議な光景でもあり、また日常の営みかもしれませんが、とにかくしばらくは砂場としてそっとっそのままにしておくことにしました。

by chura-photo | 2007-06-27 20:00 | つぶやき | Comments(1)
2007年 06月 26日

情報整理

撮影会は楽しい。写す方も写されるほうも非日常的な時間を共有しているわけです。さてその後は、まったくあきれるほどの枚数を抱え込んで時間との格闘にはいるわけです。カメラマンの機材は似たり寄ったりですが、写真の整理となると皆、様々な工夫で楽しんでおられるようです。
以下、私の楽しみ編です。

d0090161_013637.jpg(1)まずは、画像情報の入ったメディアをある機械に取り込みます。パソコンに向かう必要はありません。4.3インチの大型液晶画面でダメ作品をどんどん削除します。TVを見たければ中断すればよいし、ソファーに横になって仕上がりを楽しんでもよろしいのです。

d0090161_0132598.jpg(2)納得できる作品がそろったところで、この機械をパソコンにつなぎますと外付けのハードディスクとなります。キャパは80GBととてつもなく大きいです。今、私の作品集は全てこの機械に収まって、パソコンは空の状態であります。

この機械は、以前購入した「フォトビューアー Tripper V」といいまして、㈱飛鳥が発売しているものです。先行メーカーにエプソン製がありますがお値段は1.5倍と少々お高いです。最近普及版として40GBが3万円台で発売されました。


ながながとした話ですが、要するにパソコンから開放されるわけです。東京に行ったときはホテルで楽しみました。

by chura-photo | 2007-06-26 22:10 | Comments(0)
2007年 06月 25日

ピントの彩

d0090161_20595444.jpg

何かと話題になっている、標準50㎜レンズです。このレンズは、開放値でも素晴らしい切れ味ですが、2段階ばかり絞ってもとても美味な趣です。それはまるで、パンの耳を鋭いペティーナイフで削ぎとった、焼き上がりからほど良い時を経たイングリッシュ・ブレックファーストのようです。
 (NikonD200+Nikkor50㎜F1.4)

by chura-photo | 2007-06-25 21:00 | 写真 | Comments(0)
2007年 06月 24日

Yuki’s LIVE in BODY&SOUL

六本木のホテルからタクシーに乗り、着いたところは南青山6丁目。骨董通りから一筋入った処は静かな住宅地のようです。ラウブハウスの場所を聞くにもあたりは暗くなって人通りはありません。周りを見渡してもライブハウスらしい雰囲気の店もなく、少し不安になりましたが、たまたまビルの地下から人影がみえたのでそちらのほうに降りてゆくとちゃんとありました。予約を入れておいた席には、すでに娘夫婦がいて手招きして迎えてくれました。

昨夜のライブは、ドラムを担当するトミーキャンベルのヴォーカルセッションで山口有紀、伊藤大輔のデュエットヴォーカルに野本晴美(pf)グレッグ・リー(b)が加わるセッションライブです。
      
          ヴォーカリスト:山口有紀さん
d0090161_20522986.jpg


8時半を廻ったところでライブが始まりました。いつも関西で見慣れている有紀ちゃんのソロライブとはまるで違う雰囲気です。トミーの強烈なドラムは手に持ったメニューにビリビリ伝わってくるし、二人のデュエットヴォーカルも絶妙の呼吸とタイミングに乗って素晴らしい。言葉や写真で伝えられないのは誠に残念です。
       
         ヴォーカリスト:山口有紀さんと伊藤大輔さん
d0090161_20533939.jpg

d0090161_20541949.jpg

野本さんのピアノも切れの良いタッチ、ベースとエレキギターを操るグレッグさんもキャリアの渋みが窺がえます。

       Tommy Campbellさん(ds)
d0090161_20544541.jpg

私の印象に残ったのは、トミーの圧倒的なドラムサウンドもさることながら、MCも務める彼のパフォーマンスは、有紀ちゃんはもちろんそれぞれのメンバーも、そしてお客さんも皆主役にしてくれる素晴らしいトークであり、ライブパフォーマンスのお手本のようでした。

d0090161_20592056.jpg

d0090161_2055912.jpg


ここは東京でも老舗のライブハウス、けっして広くはないお店ですが外人客も多く、満席となったこの日は50人ぐらいは入っていたと思います。骨董通りをはさんだ北側には東京ブルーノートがあり、公演がオフのミュージッシャンも何名かライブを楽しみにやってきました。
土曜の夜は、とてもインターナショナルなライブでありました。

by chura-photo | 2007-06-24 22:30 | ライブハウス | Comments(5)
2007年 06月 23日

六本木から南青山へ

d0090161_11251770.jpg東京で暮らしている娘夫婦を訪ねてみよう、今月は比較的時間に余裕があるので是非という誘いもあって・・、そしてヴォーカリストの山口有紀さんのライブもフアンの一人として是非見ておきたいし・・そんな思いが重なって週末を東京で過ごすことになりました。

東京に着いたのはお昼過ぎ、夜のリザーブは南青山のライブハウス「BODY&SOUL」です。共稼ぎの夫婦が仕事を終えるのは夕方7時頃ということで、東京タワーに昇ってみよう、バブルの塔?六本木ヒルズも見学してみたいという計画も立てていました。

d0090161_11285259.jpgホテルにチェックインし、まずは六本木ヒルズ界隈へ・・・、胸のポケットには旅カメラGR DIGITALとブレザーにはワイコン21ミリを放り込んで出かけました。東京の空も青い、梅雨の合間の午後です。
ツインタワーのマンション、ペットOKということもあってけっこう大きなワンちゃんを連れて散歩する人が多かったです。






お馴染みの六本木ヒルズ、直線と曲線のコラボがダイナミックです。
d0090161_11324165.jpg

東京タワーのルックダウンウインドウ(地上145m)、まるでグラスボートの空中浮遊です。・・・とっても気持ちいい。
d0090161_11364149.jpg

エレベーターの待ち時間がずいぶんあります、待ち疲れのようですね・・・
d0090161_11375819.jpg

私も、けっこう待ち疲れのタワー見学でした。ホテルに戻って転寝をしていましたら娘から携帯が入りました。時計を見ると7時すぎ、早速待ち合わせの南青山に出かけました。
d0090161_11392943.jpg


by chura-photo | 2007-06-23 22:24 | 旅行 | Comments(0)
2007年 06月 22日

本日のレッスン

      AW (ブーゲンビレア:ウチの花)
d0090161_082120.jpg

      9番アイアン(名前不詳:ヨソの花)
d0090161_084328.jpg

      7番アイアン(季節はずれのポインセチア:ウチの花)
d0090161_09223.jpg


      スイング・ガイド(肥料:自分のもの)
d0090161_095727.jpg


最近理想とされるスイングからインパクトが型にはまってきたような実感しきりです。アウトサイドにテイクバックする違和感もなくなってきました。インパクトは少しヘッドが遅れ気味です。グリップの右手がすこしかぶりすぎています。・・・こんな状態ですが方向性の正確さは格段に向上しましたし、不思議なのは練習場のグリーンにのったボールが手前にころころと戻ってきます。10個のうち6個ぐらいでしょうか・・スピンがかかってるのかも?ドライバーはまだこれから特訓です、フエアーウエイウッドも・・。
レッスンではアイアン3本、お家では矯正道具で頑張ってます。
(明日から東京の娘夫婦のところに行ってきます。いろいろ撮ってきます。)

by chura-photo | 2007-06-22 22:00 | Comments(6)
2007年 06月 21日

朝日のハーバー

先日、ヨットハーバーへ朝の太陽を浴びたい欲望にかられ、カメラ持参して車を飛ばしていきました。自宅から171号線を西に向かってとにかく一直線道路の突き当たりがヨットハーバーという立地の良さがあります。広い有料駐車場も一時間以内なら無料となっています。
d0090161_19253578.jpg


船のオーナーでなくても、カフエのテラスで珈琲を注文すれば何時間でもセレブな気分にひたれます。


Nikon F100++ULTRON 40㎜F2.0(F5.6で距離5m固定のスナップ撮影) Kodak Portra 160vc(ネガ)

え~っと、このレンズでスナップしたくなるのは・・・なんと言いましょうか、使ってみなければ実感でませんね。・・でも最近生産終了になったとか!

by chura-photo | 2007-06-21 19:29 | 写真 | Comments(0)