<   2007年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

ポータブル・フォトストレージ

「使った感想を報告します」 ☆5つが満点
d0090161_18425587.jpg

☆名前は「Tripper V」で、旅のお供にグッドの動機で買いましたが、旅行未定で期待度のみ。
☆音楽、映像もOKだが、必要ないのでオマケ度のみ。
☆☆ホームの寝たきりの母、世間の様子を写真で見せたいがまだそこまで余裕なし、期待度だけで。
☆☆☆ モデル撮影会は、「わあーすごい・・」の声。撮影休憩で進行状況を確認してもらうが、全部見ちゃうと期待度うすれるかも・・ほどほどに。
☆☆☆☆ HDD容量は80GBの大部屋仕様、デジカメ写真ならなにもかもブッコミOK。本体ノートPC軽くなった安心感。画像のバックアップに最適。
番外編:120ページの説明書、あるにはあるがCDなり。チョット・・そこが見たいは無理。
また、なにかあったら報告します。

by chura-photo | 2007-05-31 22:34 | Comments(3)
2007年 05月 30日

酔うに酔えないマーケット

d0090161_117730.jpgNYダウは最高値を更新しつ階段を上ってゆき、ユーロ圏並びにBRICs諸国に加え、中南米諸国も2・28チャイナショックを乗り越えて健闘している。中国バブル、米住宅不況、円キャリーの縮小などなど、憂いを含んでアルコール度数は上がってゆく。皆も終電車が気になっているのに勘定を済ませて席を立とうとしない。
夜明けまで、体力がある酔客なら徹夜で飲み明かすのも楽しかろう。でもサムライ殿(日本市場)はここ二月ほどでめっきり酒に弱くなったし、ふらふら足元がおぼつかない(持合・出来高低調)。隣の席で気勢を上げている陳さん(上海市場)の様子ばかりうかがっている。
(本日は、あくまでも私の独断と偏見に満ちたテーマですので、どうぞ気になさらないでください)

by chura-photo | 2007-05-30 22:30 | Comments(2)
2007年 05月 29日

アル中か?

d0090161_1942488.jpg行ってきました、買ってきましたミドリちゃん。
永らくお世話になったPixus 560i、こんどはPixus ip4300です。
本体¥14,800円 インク5色¥3,850円(予備で買っておきました)。
みんなが持ってるデジカメ、プリンターがほしいけれどインクがいりますね。
一句できました「ぷりんたー いんくがぶのみ ふところさむし」・・字余り

by chura-photo | 2007-05-29 22:49 | つぶやき | Comments(1)
2007年 05月 28日

大阪庶民の街・てんまばし

JR環状線の天満橋駅を降りてガード下に出る。パチンコ屋の中から歌謡曲、手垢のついた暖簾の隙間を覗けば、おっさん連中がホルモンの串を小皿に並べ、瓶ビールを傾けている。萌え系喫茶の前には、お兄ちゃんがチラシを配っていた。ときおり電車が頭の上を転げてゆく。そんな天満商店街は、雪駄(ぞうり)をひきずって歩きたい街である。
d0090161_11585751.jpg

d0090161_1158279.jpg

ライブ喫茶「じゃず家」はそんな庶民の匂いのするお店です。ガード下なのでライブ中にもゴトゴトと電車の雑音が入りますが、すこしも気にならない不思議な空間劇場と感じました。
d0090161_11593128.jpg

今夜は、「KOTT」の仲良しライブです。ミュージッシャンの4人の名前の頭の名をつけたブランドらしいです。
お仕事中のピアニスト:大石麻維子さん
d0090161_1201187.jpg

d0090161_1244668.jpg
ムードはスーパ・デルモ!(お店の2F 楽屋にて)
d0090161_12163292.jpg

ヴォーカリスト:近藤泰代さん(上下の二枚)
d0090161_12171637.jpg

注文も明朗会計でドリンク、おつまみなどオール500円のワンコインのキャッシュ・オン・デリバリーとなっていました。私は、歌に酔い、撮影に夢中になりさらにドリンクの酔いも重なって、お会計を忘れてお店を出る癖があります。安心して楽しめるお店です。

by chura-photo | 2007-05-28 22:08 | Comments(4)
2007年 05月 27日

虹の彼方に(そのⅡ)

d0090161_21125712.jpgパティー・ペイジのヒット曲「テネシー・ワルツ」がアンコール曲となった。午後2時からのチャリティー・アフタヌーンジャズライブは京都の老人ホーム「ライフ・イン都」のビックイベント、そして創立20周年記念フェスティバルとなった。
戦中は敵国ソングとして封印されたジャズも進駐軍により解放され、そして青春のエネルギーを注いだ若き当時のフアンが今の入居者達である。その二世、三世である我々は宵のライブハウスへくりだして、カクテル片手に喝采とともに往年のメロディーに陶酔できる幸せな時代にいる。



d0090161_2114285.jpg

車椅子の紳士は震える左手でEmiのCD「ラ・ミューズ」と「咲花」をしっかり握り、Emiの添えた手を右手で掴んでいた。満足の笑顔に言葉はなかった。生死の淵をさまよう多くの命を救ってきたその紳士は、高名な外科医であったがその右手にはもうメスをふるう力はない。

チャリティー・メンバーの紹介
ヴォーカリスト:前重英美さん(Emi)
d0090161_2116327.jpg

ピアノ:多田恵美子さん
d0090161_2116445.jpg

ドラム:御薬袋一男さん
d0090161_21172969.jpg

ベース:荒玉哲郎さん
d0090161_21183453.jpg


チャリティーライブに来てくださったミュージッシャンの方達には、来場者から花束の贈呈が最後にありました。

by chura-photo | 2007-05-27 21:11 | Comments(3)
2007年 05月 26日

作品の不具合に関するお詫び

平素はueの作品をご覧いただき厚く御礼申し上げます。この度、製作過程に手違いが見つかり,已む無く回収のお知らせとなりました。日頃からご愛顧いただいている皆様には、改めて新作品をお届けいたします。尚、同時に未公開作品もあわせてご覧ください。
回収対象
NikonF100(フイルム専用)+タムロンSP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II
d0090161_203433100.jpg


新作品
NikonD200(デジタル専用)+使用レンズは同じ
d0090161_20354446.jpg



ご注意いただく点
(業界通の方)
タムロンSP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II (デジタル一眼レフカメラ(APS-Cサイズ相当)専用)
映像素子サイズがAPS-Cサイズ相当より大きいデジタル一眼レフカメラや、 35mmフィルム(銀塩)一眼レフには使用出来ません。

(一般コンパクトデジカメラご愛用の方)
特に気にしていただくことはありません。

*現像から上がって始めて気づきました、不注意というよりあきれ果てた次第です。

by chura-photo | 2007-05-26 20:52 | 写真 | Comments(8)
2007年 05月 25日

虹の彼方に(そのⅠ)

何年振りでしょうか虹を見ました、・・言葉もでません。カメラのキタムラの駐車場から眺めていますその時刻は18時49分でした。気づいたら、コンパクトデジカメを構えていました。
d0090161_2136012.jpg

「Over The Rainbow」、その曲は、京都の老人ホームでのチャリティー・ジャズライブでのリクエストでありました。

  施設:ライフ・イン京都
  
  チャリティーメンバー
  ヴォーカリスト:前重英美さん
  ピアノ:多田恵美子さん
  ドラム:御薬袋一男さん
  べース:荒玉哲郎さん

  2007年5月19日(土曜日)に開催しました

by chura-photo | 2007-05-25 21:41 | つぶやき | Comments(0)
2007年 05月 24日

ピアノの陽炎

昨日の続きです。「モデル撮影会@万博記念公園」

ピアニスト:大石麻維子さん  軽快なピアノタッチはネイティブランナーとも・・・
d0090161_956061.jpg

撮影会です・・、気分はデ・ル・モ!
d0090161_1024636.jpg


d0090161_1034581.jpg

水辺の乙女か!
d0090161_105893.jpg


時計の針があと一回りもすれば、明日を迎えるライブハウスの舞台にはピアノが一台残されている。拍手喝采を浴びた歌姫が去り、ドラマー、ベースマンも舞台を降りていった。そのピアノの鍵盤には、ピアニストの残像が陽炎のように潤んでいる。
多くのミュージッシャンから慕われる、女性ピアニストのTさんは彼女に囁くように言った「若いあなた達が頑張らないと、ジャズの火は消えてしまう」と・・。

by chura-photo | 2007-05-24 22:51 | 写真 | Comments(10)
2007年 05月 23日

モデル撮影会(爆写編)

d0090161_0423115.jpg五月は目に沁みる新緑の頃、ハイライトの一つとなったモデル撮影会を慣行しました。今回モデル役を依頼したのは、新進気鋭の若きピアニスト、大石麻維子さん、そして音楽学校時代の友人M子さんの二名です。


d0090161_0472557.jpg撮影会場はお馴染みの万博公園、既に幾度か撮影会をやっていますので撮影班としては地の利を得ています。晴天に恵まれ、平日ということもあって背景を煩わせる人影は皆無で、本当に条件として申し分なく撮影は進行するはずでありました。

d0090161_0523669.jpg撮影も中盤に差し掛かった頃、カメラの撮影枚数を何気なく確認すると、500枚オーバーとなっていました。普段のペースの2.5倍と思われます。さらに、今回はフイルムカメラを持参し、コダックのリバーサルとフジのネガを装填しておりました。

太陽が西に傾く頃、撮影は無事終了しました。持参したフォトビューアーに写真を移し変えて、本日の作品を確認したところ、同じショットの多い事・・・、つまりはシャッターを押し捲っていたわけです。



これ以上、くどくど話しますといけませんので反省をこめて結論を申しあげます。
モデルさんとの会話、ポーズ注文にまだ要領を得ないところがあり、場所の移動やもろもろのの事が、半日という短い時間にせかされるように、あせりのような気持ちがあったことと思われます。(・・・結論もくどくどしてしまいました)

でも、素晴らしいショットはちゃんとありますので、明日のお楽しみとさせてください。

by chura-photo | 2007-05-23 23:30 | 写真 | Comments(3)
2007年 05月 22日

買い物

d0090161_11485544.jpg旅カメラとともに、コンパクトフラッシュ1枚で使いまわしの80GB。撮ったその場で写真整理、モデルちゃんにもポーズの確認してもらおう。パソコンの外付けHDにもなるらしいです。ムービーも沢山はいるので、外出先でのスイングチェックも・・・・と機能上等。発売開始で品切れ、予約注文で昨夜宅配で受け取りました。
使った感想は後日報告します。

by chura-photo | 2007-05-22 11:49 | Comments(2)