ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 28日

ミュージッシャンと静寂

2007年2月28日(水曜日)

塩屋港の夕日
d0090161_18111371.jpg受け入れがたき事に心の窓を閉ざし、妥協のトンネルを駆け引きと言う機関車で抜けて行く。そんな日常にしばし別れを告げて別世界を求める。心のヒダを全て広げ歌とサウンドを受け入れる。そこには駆け引きや妥協の選択はない。向き合うミュージッシャンも全てのエネルギーをつぎ込み、開かれた心のひだに己が才能を吹き付ける。やがてひと時の逢瀬に心ひかれる思いで互いの別れがやってくる。ミュージッシャンにはサウンドがさらなるサウンドを生み出すわけではなさそうだ。
静寂・・それは彼らにとっては別世界でもあろう。悲しい時には、いつも海を眺めるといったベーシスト、ライブハウスのマスターは、じっとさざ波をみているだけで心休まると常連客に漏らしていた。

by chura-photo | 2007-02-28 22:55 | Comments(0)
2007年 02月 27日

梅の残り香

2007年2月27日(火曜日)

ファインダーを透して切り撮る梅の花はこれが最後となります。場所は西宮、甲東公園の梅林です。

d0090161_22201064.jpg

d0090161_2216507.jpg



この地に住んで6年余となりましたが、毎年、同じ処で目にする梅の花は姿、容、色合いなどさして変わらぬようですが、いろんな角度から見る心の持ち様が年を重ねるにより、違った趣きを返してくれるように思います。
d0090161_22231764.jpg


梅林から出て「花の木通り」と言う粋な名前の桜並木を関学に向かいますと、正門から目にする大学の時計台です。甲山を背景に美しく凛として迎えてくれているようでした。
d0090161_20592233.jpg

合格通知が学びの学生生活の終わりと錯覚することのないように、花も実もある大学生活を送ってもらいたいと、自戒をこめてシャッターを切りました

by chura-photo | 2007-02-27 21:01 | 写真 | Comments(9)
2007年 02月 26日

光るサックス

2007年2月26日(月曜日)

d0090161_22261432.jpgライブハウス・宝塚・逆瀬川の「Back Stage」には、入り口にサックスやマウスピースと言いましょうか、色んな光物があって圧倒されました。本当に、ジャズハウスそのものといった雰囲気がいっぱいでした。ライブハウスに出入りする身ながら、楽器の知識ゼロですのでご勘弁ください。








d0090161_2227147.jpgお店のオーナーは、往年のジャズミュージッシャンでサックスの重厚さは、昨日のライブの特別出演で堪能しました。金曜日、土曜日はライブ、平日は音楽教室でジャズの楽器やブオーカルを教えておられますし、もちろん楽器の販売も。ライブディナーのお食事もGoodです。ご夫妻で趣味と実益を生かしたセカンドライフは羨ましいかぎりでした。
昨日のライブでご一緒したジャズフリークの先輩みっちさん、演奏が終わってからマスターと話し込んでおられました。もしかしたらサックスに触手を伸ばされるような感じかと思われましたが・・・・。

by chura-photo | 2007-02-26 22:29 | Comments(4)
2007年 02月 25日

彼女の指にティファニーリング

2007年2月25日(日曜日)

d0090161_9474261.jpgここは、お洒落で個性的なジャズハウス&ダイニングレストラン「Back Stage」。武庫川に囁くがごとく流れ行く逆瀬川、その流れを見下ろす小粋なお店・・・



今夜は期待の新星ピアニスト大石麻維子にスターライトのスポットがあたっていた。

  ピアニスト 大石麻維子(OISHI MAIKO)
d0090161_950293.jpg


小柄な姿からは想像できないピアノタッチは、ネイティブ&クールなピアニストの印象を受けた。
d0090161_9512540.jpg


d0090161_9522464.jpg

 
 若きハイセンスなドラマー、岡部潤也がプロデュースする今夜のショーは、OKBQ「ネイティブランサー」のメンバーで、(ts)辻田宜弘 (b)浦田和史 が加わるライブである。
       (ds)岡部潤也
d0090161_9563896.jpg

       (ts)辻田宜弘
d0090161_9584684.jpg

       (b)浦田和史
d0090161_9592233.jpg

       OKBQ「ネイティブランサー」の皆さん
d0090161_10202899.jpg



「Back Stage」のオーナーもサックス奏者で濃厚なサウンドを提供していただいた。
       (ts)松岡一平
d0090161_1004933.jpg

とてもお洒落で落ち着いたお店です
d0090161_10124092.jpg


(ds)岡部潤也 (ts)辻田宜弘 (b)浦田和史
(p)大石麻維子     ハイセンスなライブハウスBack Stage

by chura-photo | 2007-02-25 23:46 | Comments(5)
2007年 02月 25日

京の出来事(ささやかな夜)

2007年2月24日(土曜日)

襟元に宵闇せまる高瀬川、冬柳の枝がそっと触れるような冷たさを感じて先斗町に足を運びました。
d0090161_11373299.jpg

歌舞練場から、南に下る狭い路地は昔のままですが、老舗のお店も代替わりしたのでしょうか、真新しい京風作りのお洒落店舗に代わり、寂しくもありますが、また気楽な散策スポットで楽しめる処になりました。
d0090161_11444673.jpg

やっと見つけました。まだやてたんだ・・のお店は、同級生の馴染みの居酒屋です。イタリア風多国籍京風料理(ややこしいですね・・)のお店で、創業20年の老舗です。
d0090161_1151398.jpg

若い子なんかに人気もあり、常連さんも多く、お値段とてもリーズナブルです。ちょっと、ええとこないのん?と言われたときの隠し玉的お店のひとつにしてます。
d0090161_11552999.jpg

夜も八時ごろになりました、ここは切り上げてライブハウスCANDYに行きました。二次会、三次会の好きな同級生の矛先をかわす目的もありました。
d0090161_11594567.jpg

ボーカリストは初対面の、中川さつきさん(ムーディーな歌い手で、お色気も・・)。ピアノは軽やかタッチの大野綾子さんです。
d0090161_1231170.jpg

ありがとうございました・・、またきてくださいね・・、おやすみなさ~い、と階段近くまで見送っていただきました。(嬉)

同級生K君がやってるお店は、「京都三条ダマシン
友禅アロハシャツ、小物を扱い、三条京極ちょっと西にあります。友禅アロハも粋どすえ~。

by chura-photo | 2007-02-25 12:20 | 散歩 | Comments(3)
2007年 02月 23日

池のモデルさん

2007年2月23日(金曜日)

d0090161_11181510.jpg

広い池の中ほどでゆったり散策ですね・・
d0090161_11201064.jpg

d0090161_11203479.jpg

朝食の時間です・・
d0090161_11213616.jpg

サギも一羽参加、主役のカモをみて控えめに・・・
d0090161_11232899.jpg

d0090161_11245817.jpg

d0090161_11252169.jpg

見上げれば、木の枝でハトが日向ぼっこ・・(フラッシュを焚きました)

ここは、関学の水鳥公園と、私が勝手に名づけている処です。オニューの望遠ズームを持参しての試し撮りです。とても広い池ですから、300㎜(フルサイズで450㎜)でもこの程度の寄りですが、手振れ補正のアシストで被写体に集中できました。

by chura-photo | 2007-02-23 11:41 | 写真 | Comments(10)
2007年 02月 22日

寂しい彼女に送る言葉

2007年2月22日(木曜日)

d0090161_18333256.jpg

d0090161_18322586.jpg

満開のざわめきにも感じられる梅香と程なく間をおいて咲く君は、清きその身を証明するがごとき気品を漂わせている。やがて、その姿ははかなくも消え去り、桜の姫に香りを委ねる。今朝の君は、惜しげもなくおのが姿を透けるような朝日の衣をまとい微笑んでいた。
d0090161_1831215.jpg

d0090161_18342249.jpg


甲東公園にて

D200&Kikkor VRⅡ 70-300㎜ F4.5-5.6

by chura-photo | 2007-02-22 18:35 | 写真 | Comments(2)
2007年 02月 21日

Coming Sooon VRⅡ-Nikon

2007年2月21日(水曜日)

d0090161_17175747.jpg我がレンズファミリーにVR(手振れ補正)レンズが加わりました。私の思いは、「新VR機能でシャッター4段階のブレ補正に三ツ星の期待」,「三脚いらずのマクロ的ずぼら撮影も可能かも」,「装着バランスはD200にぴったしでレンズも軽量・・この先体力も考えておかないと・・」,「フラッシュとの組み合わせでオートFPハイスピードシンクロはレフ版いらずのポートレートによい、ボケは保証。ただしキャッチライトの問題は残る」などなどでした。かなり無茶な要求もあるやもしれませんが、それなりに工夫、チャレンジしてみたいと思います。
キタムラ価格、58,900円(税込み)でコストパフォーマンスGood。この時期、量販店は決算にむけ在庫一掃セールにはいりますから、お買い得チャンスでもあります。
(不満:このレンズ、タイ製です。made in japanにこだわる世代として寂しさしみじみです。)

by chura-photo | 2007-02-21 17:21 | Comments(4)
2007年 02月 20日

見た目で惚れました

2007年2月20日(火曜日)

D200&AF Nikkor 35㎜F2D(左からSB600でフラッシュ、本体非発光)
d0090161_13544740.jpg

今日はお給料日という方がおおいのでは・・。スーパーの缶詰コーナーにカラフルなオイルサーディンが目に留まりました。一般的には北欧の髭のおじさんとか鰯の絵柄なんですが、これはカラフルで一目惚れです。正味期限も缶詰ですし特に気にする事もなし、キッチンの調味料のあたりに置いておくのもオツなものです。なにやら、かわった味付けのようで缶を開けたいような、もったいないような買い物でした。
この、広角は最短25cm(センサー部より)ですから、ぐぐぐい・・・と寄ってやりますと迫力があります。
瞳に不具合が発生して、ニコン中央病院で治療を受けていましたが、この度無事退院いたしました。

by chura-photo | 2007-02-20 13:58 | グルメ | Comments(5)
2007年 02月 20日

MY WORLD

LINK

by chura-photo | 2007-02-20 13:39 | Comments(0)