<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

手仕事の感触

2007年1月31日(水曜日)

フイルムカメラの感触が遠のいてきた昨今、絶好の機会に恵まれました。機材は愛機のNikon F100 、レンズは ULTRON40㎜ F2 ASPF、フイルムはベルビア400xでした。
 (撮影地:大阪ビジネスパーク)
d0090161_703276.jpg


英美さんの撮影会は格好の晴れ舞台、元気なデジ一眼D200に劣らぬシャッター音をかなでて活躍しました。
d0090161_22275826.jpg



感想一言・・・仕上がった写真を見ると、モデルさんが目をつむっている写真の多さに驚きました。一枚に集中してシャッターを切る関係で、カメラマンの私もおめめぱっちりを意識するあまり、まばたきにつられシャッターをきったのでしょうか?


d0090161_715328.jpg


by chura-photo | 2007-01-31 06:57 | 写真 | Comments(5)
2007年 01月 30日

におい袋

2007年1月30日(火曜日)


d0090161_2238041.jpg

ほのかに香る色香の主は浮船、匂宮とのひと時の逢瀬・・その名は「誰が袖」

   ULTRON 40㎜ F2 ASPF

by chura-photo | 2007-01-30 17:13 | 写真 | Comments(4)
2007年 01月 29日

スパムの缶詰

2007年1月29日(月曜日)

  D200 ULTRON 40㎜ F2
d0090161_205372.jpg


私が沖縄に赴任して始めて生活用品をスーパーに買出しにいった時です。見慣れない缶詰がずらりと並んでいて、地元の人がさりげなく買い物籠に取り込んで行くのに遭遇しました。所謂ポーク缶詰といって、豚の練り蒲鉾が缶詰になった様な代物です。戦後の食料難の時に、軍事用食品として重宝されたものが豚を好む沖縄の地に残ったのでしょう。内地のスーパーではレアものですが・・。
薄くスライスしてフライパンでこんがり両面を焼きます。塩の味がピリリとして臭みはありません。薄焼き卵にツナ缶サラダをのせて、マヨネーズをかけたらご飯で挟んでください。「ポークおにぎり」の出来上がりです。ノリで巻けばこれもよし。
沖縄ではコンビニの定番商品です。

by chura-photo | 2007-01-29 02:03 | 沖縄 | Comments(5)
2007年 01月 28日

EMIの撮影会 Ⅱ

2007年1月28日(日曜日)

d0090161_1862842.jpg


私は、カメラメーカーとか雑誌の募集する撮影会に行ったことがありませんから、あれこれ勝手な想像でモデルさんにポーズを要求することになりました。「左足をまっすぐ、右足を引いて、重心はつま先に・・・姿勢がしゃんとするよ・・・」とかなんとか、聞きかじりなんですが。

d0090161_1872141.jpg


    普段使わない筋肉を使ったので足がつりそうになった、とか・・・

d0090161_1894853.jpg


    EMIさん、おつかれさまでした。

d0090161_18262959.jpg


by chura-photo | 2007-01-28 18:12 | 写真 | Comments(5)
2007年 01月 27日

恋人達の賛歌・ラバーズ・コンチェルト

2007年1月27日(土曜日)

今日も撮影会があると言うので、写真家SHINさんと大阪ビジネスパークで待ち合わせをした。約束の10時過ぎに現われた彼女は瞳のぱっちりした細身のスタイルであった。背丈の割りにはとても手の指が長い印象を受けた。ピアノでも弾いているのかと思ったら、関西ではアマ、トップクラスのジャズ・ボーカリストとのことであった。


     前重英美さん
d0090161_20113093.jpg

明日、彼女の三枚目のオリジナルCDを作るというので、ピアニストのカオリさんが途中参加となった。大学時代からの相棒とか・・・撮影の助手を快く引き受けてくれた。

d0090161_2222015.jpg



d0090161_20141893.jpg


d0090161_2231312.jpg

レストランでお昼をはさんでの撮影会は楽しかったが、始めてモデルとなる彼女は緊張のおももち、こちらもあれこれポーズの指示やなんかで体力・神経も使った。雑誌で見るプロのモデルさんもカメラマンも大変な仕事と思う。
 私と彼女達とは親子ほど年がはなれていたが、幸い話題はおおきく脱線することはなかった。我々団塊の世代には懐かしいジャズポップ、「ラバーズ・コンチェルト」を彼女に是非歌ってもらいたいと思った。ビリー・ホリデーとならぶジャズポップの女王、サラ・ボーンのヒット曲である。

by chura-photo | 2007-01-27 20:15 | 写真 | Comments(8)
2007年 01月 26日

気持ちの緩み

2007年1月26日(金曜日)

d0090161_12164233.jpg昨日から体調がすぐれない、たぶん水曜日のゴルフから調子が狂ったようです。Dr・Kのホームグラウンド有馬ロイヤルでのプレーは二人の練習ラウンドでスタートしましたが、お互い年初のプレーにふさわしく課題の多い出だしとなりました。この日も、天候に恵まれプレーヤーも少なく何一つ不満の無い環境でしたが、かえって気持ちの緩みが災いとなったのかもしれません。
幸い風邪もこじらすことなくおさまりそうです。

 




d0090161_1217297.jpg自宅静養に努めるかたわら、マニュアルレンズの水たまりでぴちゃぴちゃしております。







ULTRON 40㎜ F2

by chura-photo | 2007-01-26 12:35 | Comments(4)
2007年 01月 25日

ジェット ストリーム

2007年1月25日(木曜日)

大寒が過ぎて節分、東大寺二月堂のお水取りを経て春にめぐり合います。写真愛好家のブログを飾る草花が待ち遠しい頃となりました。今日は、朝から快晴の青空を撮りました。人は目覚めてお日様にあたると15時間の後、心地よい眠りに誘われる体内時計があると言います。夜更かし朝寝坊は良くないのは言うまでもありません。

d0090161_20552442.jpg


夜のしじまに点滅する尾翼のランプが、遠い地平線の彼方に吸い込まれてゆきます・・・。
星と言う名のフェリーが着く港には、様々な人たちが行き交い,その中にあのチャールズ・チャップリンの姿が見え隠れし、なつかしい微笑を浮かべたドアボーイに軽く会釈しホテルのロビーに・・・やがて慕情のメロディーが静かに耳元に囁きます。
ハイソな語り口とセンスのよい深夜のエスコートは、一日を締めくくる大人の癒しです。第二の人生の船出となる我々世代でも静かな流行となっているようです。

by chura-photo | 2007-01-25 20:53 | つぶやき | Comments(0)
2007年 01月 24日

EMIは春風のドレッサー

2007年1月24日(水曜日)

d0090161_20344077.jpg

昨夜はEMIさんの新春初ライブがあった。ステージはJam3、セカンドステージには沢山のファンで満席になっていた。


 d0090161_1271588.jpg

ピアノタッチが素晴らしい!EMIさんの熱いまなざしからしぼりだされるバラードとのマッチングは新春のライブファンタジーにふさわしい夜であった。


今年、新調されたドレスが磨きのかかった彼女の爽やかな風にほのかに揺れていた。






d0090161_129911.jpg


d0090161_133513.jpg


高岡正人(P)前重英美(Vo)

by chura-photo | 2007-01-24 01:31 | Comments(6)
2007年 01月 23日

マニュアルの水たまり

2007年1月23日(火曜日)

このレンズ、スペックを見るかぎりでは中途半端な代物です。40㎜ F2なんて普通のカメラマンなら無視される品物と思います。リビングに26インチのTV、ツーリングに125cc、メバル釣りにカワハギ竿、おでんにウインナー、はたし合いに脇差し・・・。関西弁なら「もうちょっとましなんあらへんのかあ・・」といったところでしょう。

ULTRON 40㎜ F2 SL ASPHERICAL
d0090161_1646308.jpg

私は、カメラの粋人ではありませんので今でも、風景、ポートレート等でも無難なレンズで満足しております。
まだ、買ったばかりでこのレンズの良さは判りませんが、D200のボディーがマニュアルレンズに細かい配慮がされており、なによりも往年の手動撮影の感触が心地よい郷愁となったことです。フォーカスエイドの助けでMFも簡単にこなせます。一枚一枚のシャッターの重みが蘇ったのでしょうか。

d0090161_16582787.jpgヨドバシのレストランから

by chura-photo | 2007-01-23 16:54 | Comments(0)
2007年 01月 22日

淀桥照相机、요도바시 카메라、ヨドバシカメラ・・・

2007年1月22日(月曜日)

ドイツの老舗工学機器メーカー、フォクトレンダー社のULTRONシリーズのマニュアル・レンズを買い求めました。250年の歴史を誇り、カールツアイス社と並び珠玉のレンズとしてマニア絶賛の代物らしいです。

d0090161_1862241.jpg

・・・らしい、と言うのは私が自分で見つけた代物ではないのです。写真と機材をこよなく愛するブログ仲間Yさんの数々の検証・実写・思い入れの行き着くところ私の決断と相成りました。

 ドーム型レンズフードもお洒落・・
d0090161_1891822.jpg私の愛機D200は、非CPUレンズ情報手動設定というハイスペックな機能が付いています。レンズの焦点距離と開放値を入力すれば、MF以外はフルに機能が作動するチャームポイントがあります。もちろん、MFもフォーカスエイドが作動します。要するに相性が極めてよろしいのです。
コシナ社(本社:長野)が生産しレンズ、純金属性鏡筒の一貫生産となっており、超精密な仕上げはさすがメイド・イン・ジャパン(ナガノ)と思いました。目盛りのクリック感、ヘリコイドのグリースの粘り気などの気持ちよさは異質の感覚です。
 
ULTRON 40㎜ F2 SL ASPHERICAL・Nikonマウント
実売価格:33,700円(ヨドバシ価格28%OFF)。

by chura-photo | 2007-01-22 18:13 | Comments(8)