ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

追憶・2006年

2006年12月31日(大晦日)

今年はブログ開設第一期、本日がueカンパニーの決算発表となりました。ブログを支えていただいた多くの株主の皆様に熱く御礼申し上げます。

(決算概要)
営業面では、ライブハウスの素敵なヴォーカリストをゲット、ランドスケープの分野では印象的な作品を多く収録いたしました。

設備投資におきましては、デジカメNikon D-200の本体とライブハウス撮影対応としてNikonF85㎜、風景用にシグマ17-35㎜の交換レンズを調達いたしました。加えてコンデジのパナFX-O1を待機させております。

一方資金面におきましては、デジカメ本体及び交換レンズ群の調達で上半期はおおきくマイナスとなりましたが、画像処理において現像コストを大幅に削減しました結果収支トントンとなりました。

以上の結果、株主の皆様には今期の配当は見送らせていただくことになりました。尚、株主優待といたしまして、今期の秀作の一部をご覧ください。

(株主優待作品)
d0090161_2071075.jpg

d0090161_2072696.jpg

d0090161_2074841.jpg

d0090161_208922.jpg

d0090161_2082534.jpg

d0090161_2083886.jpg

d0090161_2085549.jpg

d0090161_2091183.jpg

d0090161_2092221.jpg

d0090161_209385.jpg

d0090161_209531.jpg

d0090161_2010738.jpg

d0090161_20221927.jpg

d0090161_20223656.jpg



       皆様どうぞよい年をお迎えください。

by chura-photo | 2006-12-31 20:16 | ご挨拶 | Comments(5)
2006年 12月 30日

松竹梅

2006年12月30日(土曜日)


 Nikon F100 REALA 1SO100
d0090161_1643688.jpg

年末のこまごまとした雑用、買い物も済ませ、なんとか新年を迎える準備が終わりほっとしました。明日は年末ジャンボ宝くじの抽選が楽しみです。迎春にふさわしいお軸を掛けかえました。

by chura-photo | 2006-12-30 23:57 | Comments(0)
2006年 12月 29日

木枯らし

2006年12月29日(金曜日)

NikonF100 REALA ACE ISO100
d0090161_234584.jpg

今日は年末のぽかぽか陽気がうって変わっての小雪交じりとなりました。京の街も北の方は積雪があったとか聞いています。
 祖父が集めたガラクタ掛け軸で、そんな季節にふさわしい江戸時代のお姉さんの姿です。

by chura-photo | 2006-12-29 23:37 | Comments(2)
2006年 12月 28日

BLUE NIGHT in 大阪 BLUE NOTE ・Ⅱ

2006年12月28日(木曜日)

2006年の最後を飾るライブPHOTOです。

  Cinderella of Vorcal 前重英美
d0090161_0233242.jpg

d0090161_0255147.jpg



ジャズヴォーカリストの熱唱とバックバンドのサウンドにひと時の異次元空間をさまよい、カクテルとディナーに酔いしれてやがてライブハウスを後にする。家路に着くにつれその余韻は次第に醒め始め、そして現実の見慣れた空間に溶け込んでゆく。今夜の主役達もお客さんの喝采を確かな手ごたえとしてファンを見送るが、脳裏をよぎるライブハウスの幻は再現できる術は無い。
2006年、そんな流れのなかでライブフォトはシャッタースイッチをOFFとした。
デジカメ太郎お疲れ様でーした!

by chura-photo | 2006-12-28 23:21 | Comments(2)
2006年 12月 27日

BLUE NIGHT in 大阪 BLUE NOTE ・Ⅰ

2006年12月27日(水曜日)

ヴォーカルのシンデレラ・前重英美さんのイヤーエンドデビューは大阪ブルーノートであった。夜の公演は二部に分かれていたが満席の会場はとてもハイソな雰囲気で、そんな流れで選曲は進行していった。いつも小さなライブハウスで大きく羽根を伸ばしていた彼女にふさわしいロケーション、そしてバックバンドのメンバーも一流処。
d0090161_232243.jpg

d0090161_23231057.jpg

d0090161_2324592.jpg




一部は舞台左手のかぶりつき、二部はアングルを変えての右中央席となり、英美・応援団とともに楽しい夜を堪能しました。ノリノリの歌と知性的なMC、そして素敵な衣装に可愛い靴が印象的であった。
d0090161_23245038.jpg


YEAREND JAZZ FESTIVAL at 大阪ブルーノート

「前重英美 with Her Trio」
  
前重英美(Vo)奥村美里(P)中山良一(B)田中ひろし(D)

by chura-photo | 2006-12-27 23:30 | Comments(6)
2006年 12月 26日

X‘mas Queen&King in ミスターケリーズ ・Ⅱ

2006年12月26日(火曜日)

Paul Fleisher Christmas Liveのセカンド・アルバムを紹介しておきたい。私のイヤーエンドの一つを飾るライブPHOTOである。
d0090161_20255012.jpg

d0090161_20295560.jpg


ヴォーカリスト山口有紀さんとの初対面は今年の10月8日、大阪中の島ミュージックカーニバルで、ポートレート写真家の師匠SHINさんの紹介である。彼女の前評判はジャズ界の仲間由紀恵であった。沖縄出身の演技派アイドルであり、私も沖縄は仕事の関係で馴染みがあったので 期待していた。私的結論だが、お二人の共通点は若き新進気鋭のアーティストで、成長株として年齢を問わない多くのファンに支えられていること。仲間さんは赤ワイン系、山口さんは白ワイン系と思う。私も仲間フアンであり来年、調子の悪い携帯をdocomoからauにチェンジする。
話はそれたが、二回目は11月3日の神戸ベイズン・ストリートそして今回のライブに至った。
2007年も更なる飛躍を大いに期待したい。

by chura-photo | 2006-12-26 23:23 | ライブハウス | Comments(0)
2006年 12月 25日

X‘mas Queen&King in ミスターケリーズ ・Ⅰ

2006年12月25日(月曜日)


今夜は大阪のハイソなライブハウス「ミスターケリーズ」で山口有紀さんのデュエットライブがあった。サックスのジェントルマンPaul Fleisher さんがエスコートをする二時間のライブファンタジーはジュピターカンパニーの独占プロデュースである。
King of saxophone  Paul Fleisher
d0090161_20241179.jpg

d0090161_20252249.jpg


Queen of vocal 山口有紀
d0090161_20262174.jpg

d0090161_20273310.jpg

d0090161_20281547.jpg


Paul Fleisher Christmas Live
Paul Fleisher(Sax, Fl, Vo)
山口有紀(Vo)、

生田幸子(P)、村松泰治(B)、武田達彦(D)

by chura-photo | 2006-12-25 22:30 | Comments(12)
2006年 12月 24日

下仁田ネギの鴨鍋

2006年12月24日(日曜日)

今日はクリスマスイブ、といっても日曜日でもあり明日からの、今年の最終週の仕事を思うとのんびり外で浮かれてもおれない。娘も早々に帰宅して夕食のレシピを気にしているが、かといって自分で工夫する様子もない。栃木の知人が、気をd0090161_20262820.jpg利かせて送ってくれた葱の三ツ星ブランド「下仁田葱」が夕飯となった。この葱、江戸時代から武士セレブ社会で珍重された珍品である。別名「殿様ネギ」と呼ばれてきた。大根のような太い胴体ととろけるような舌触りで、お味はネギの王様である。スパーで合鴨を買い、鴨鍋となりました。土を落とし、二寸間隔で捌いたネギは捨てるところが無く葉っぱまでとろけるようなお味でした。明日は肉ジャガに添える予定。

by chura-photo | 2006-12-24 20:28 | グルメ | Comments(0)
2006年 12月 23日

ツインタワー・クリスマス

2006年12月23日(土曜日)

d0090161_123321.jpg

日中の穏やかな陽気が夜まで続く京橋の大阪ビジネスパークの「ツイン21」です。今夜は恒例のクリスマスコンサートが開催されました。二棟のタワーを結ぶ4F分の吹き抜けの空間ギャラリーで、LEDが燦然と輝くシンプルなツリーをメインにオープンしました。松下グループから選りすぐりの合唱員は男女総勢60名余、楽しい空間をカメラに収めました。後半は「赤鼻のトナカイ」を合唱、澄み切った歌声のとても綺麗なお姉さんが、手話のエスコートをして観客も一緒になって手振りたどたどしく歌いました。

d0090161_1236147.jpg一瞬子供時代にワープして、音楽のお姉さん先生にやさしく教えてもらった遠い昔の錯覚に落ちたひと時でもありました。
   

  この日は、ハンガリーのピアニストとソプラノ歌手のご夫妻がプロデュースされたティータイム・クリスマスコンサートに参加しての帰りでした。
(GM Art Grace)

by chura-photo | 2006-12-23 21:44 | 散歩 | Comments(3)
2006年 12月 22日

河本江閲子 DEBUTS - Besun Street-

2006年12月22日(金曜日)

d0090161_1361221.jpg夜風が穏やかな花の金曜日、そして明日の祝日ムードの余韻もあって神戸三宮の北野坂は若者、カップルで華やいでいた。ここBESUN STREETはジャズ発祥の地、神戸のなかでも老舗の人気あるライブハウスである。



d0090161_1373143.jpg

新進気鋭のヴォーカリスト:河本江閲子が初デビューしました。バックバンドはピアノ、ベース、ドラムのトリオであったが、江閲子さんをぐいぐいと盛り上げ、本人もやる気満々の笑みを浮かべて選曲をこなしていった。
d0090161_1401539.jpg

B・STREET初舞台にもかかわらず、ノリノリの度胸は穏やかな笑顔からは窺いしれないものがあった。
d0090161_223831.jpg

来年3月にはトップアーチストの登竜門、神戸北野坂・ソネでのデビューである。多くのファンを追い風に躍進する若いEmiko歌姫はうらやましい。

ピアノ)赤松真理さん
d0090161_144483.jpg

by chura-photo | 2006-12-22 22:45 | Comments(3)