<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 30日

台風13号・特派員報告(沖縄県石垣島発)

2006年9月30日(土曜日)

(電柱の残骸:Y子さん撮影)
d0090161_1336358.jpg
私の石垣島時代に、公私にわたりお世話になったY子さんは、石垣島の小中学校の音楽担任の先生です。普段の生活に戻り、彼女からの報告が来ました。
台風13号は15日の夜、勢力を強めながら八重山地方を直撃しました。瞬間最大風速は石垣島で67メートル。私も経験した事の無い事態だったようです。
                                     
                                (街路樹:Y子さん撮影)
d0090161_13384864.jpg
特派員報告:「台風13号がもたらした被害は想像以上のものでした。私の住む、真喜良地区も2日間停電、断水でした。学校のある、富野地区では1週間。学校も給食ができずに、午前授業で対応したり。もちろん職員は弁当持参で午後は台風の後かたづけでしっかり5時までの勤務でした。
水は早くでましたね。停電が長かったです。」

Y子さんは、生徒達から人気のあるピアノの先生です。彼女の旧知の友人で、神戸出身のJazzピアニストの「黒江明彦さん」の消息を探しておられます。阪神大震災以来音信不通とか、消息ご存知の方は、ueまでご連絡ください。

by chura-photo | 2006-09-30 13:53 | 写真 | Comments(4)
2006年 09月 29日

試し打ち会

2006年9月29日(金曜日)

LumixFx01
d0090161_7494443.jpg
水曜日のラウンドの反省です、我がプライベート練習場(極近いので勝手に決め込んでます。上ヶ原練習場)にゆきました。
ドライバー:スライスは出なかったけれど距離が不満=まっすぐ飛んでいるがやはりフェースが開いているのでは?=腰の移動を先行し、スイングのトップはタイムラグを作る。こんな調子でやってると、なんだかちょっとだけうまくいってるような感じです。
アプローチ:練習場ではほとんど問題ないが、ラウンドではいつもショート=実践あるのみ?
金曜日の午後の練習場はいつも、そこそこ賑やかですが本日は閑散状態です。BShiで藍ちゃんの日本女子オープンをみてるのかな?と思いつつ真面目に白球をたたいてました。金曜日ということもあって、ブリジストンの試打会をやってましたが、客は閑散で爺さん連中がひやかし程度に行ったりきたり、販売員も手持ち無沙汰でこちらも近寄りがたいムードです。アンケートとかなんとか煩わしいことが・・。適合ルールクラブに心をひかれつつとりあえず訪問しましたが、お姉さんはどうぞと「ブリジストンVIQ 10.5度 Rタイプ」を貸してくれました。「自分の席で打ってもいい?」「どうぞ・・・」
 ヘッドが軽い!大きい!当たりそう!・・・・自分の打席ですから、お姉さんの視線も気にならず。感触OK!!

by chura-photo | 2006-09-29 19:14 | Comments(0)
2006年 09月 28日

デジカメ・リポート(Ⅲ)

2006年9月28日(木曜日)

d0090161_20222614.jpgNikonD-200を手に入れて明日で一週間です。分厚いマニュアルもまだ半分を残しています。液晶モニターのセッティングで、初期設定から変更したのは、ファインダーの格子をいれました。(風景写真では縦横の構図設定に便利です)次に、露出補正をコマンドダイアルで出来るようにしました。(初期設定は補正ボタンを押しながらサブダイアルを・・)最後に、ISO感度を自動設定にしました。この一週間太陽の下での写真がありません。次回は屋外で試したいと思ってます。

(D-200 ニッコール85㎜ F1.8)

by chura-photo | 2006-09-28 22:10 | 写真 | Comments(5)
2006年 09月 27日

ショット&ショット

2006年9月27日(水曜日)

d0090161_12543190.jpg
今月始めてで最終のラウンドでした。K場さんのご紹介での格安コースでした。みっちさんとお連れさんの3人、こちらはK先生、和食店のオーナー、外車ディーラーの重役さんとの4人で、秋晴れの絶好のコンディションでスタートです。私は、練習不足がたたって、今回も100切りならずでしたが、グリーンまでおよそ60ヤードの距離、目の前に見上げるような樹木が行く手を阻んでます。AWをおもむろに構え、枝の間をうまく抜けてくれればラッキーと無心でのショット。なんと、木越えのグリーンON!!。これはプロ並!とK先生のお言葉でこの日は満足でした。
 K先生は、パー5でのチップインに上機嫌、珍しくランチでジョッキ2杯でした。テーブルの皆さんは、飲酒運転がどうのこうのと話題になりましたが、おおかた自分だけは大丈夫とひそかに思われてるようでした。

d0090161_12554414.jpg
夕方5時に阪急西宮北口でK先生と待ち合わせて、ごひいきの良佳さんのライブに誘われました。ミスター・ケリーです。ところが、電車の中でK先生は、「東梅田や・・」と確信されてましたので、私は「三井ガーデンホテルだったら西梅田とちがいますか?」・・・結局みっちさんに携帯で確認されてほっと!近くまで行くと、見覚えのあるビルが左手にみえます。jam3の入ってる建物でした。




d0090161_12564395.jpg
d0090161_12584797.jpg


















7時前にライブハウスに入り、開演までの半時間カクテル、おつまみを注文して、いよいよ良佳さんの登場です。バックはピアノ、ギター、パーカッションでしたが、それぞれ実績のあるメンバーさんながら、良佳さんの紹介を聞いても私は初対面でした。パーカッションさんは元チューブのメンバーだったとのことです。


d0090161_12573923.jpg
2ステージに入る頃、ファンドマネージャーさんがこられました。ブログではちょくちょくお名前を拝見してましたが、はじめてK先生に紹介していただきました。これからもよろしくです。

(追伸:デジ一眼での初ショット。最初はお任せモードでゆこうと思ってましたが、いざとなって、液モニのセッティングをいじって、酒の酔いも手伝い露出モードのセットを間違ってしまいました。-0.7補正。何もしないほうがよかったんです。)

(D-200)

by chura-photo | 2006-09-27 22:07 | Comments(8)
2006年 09月 26日

因幡路

2006年9月26日(火曜日)


d0090161_1154766.jpg
tetsuさんの鳥取紀行を拝見してまして、私もむしょうに、当時の友人仲間に会いに行きたくなりました。家族と5年間、仕事や生活に馴染み、また人間関係など苦労して作り上げたものを、転勤辞令とともに捨ててゆく会社人間の悲哀みたいなものを背負ってきたのは、私だけではないと思います。 (浦富海岸を望む)












d0090161_116559.jpg



当時の仕事を通じて出来た友人は、ペンタックスマニアです。奥さんもカメラが趣味で、三人で撮影ツアーをした時の思い出です。
(出石祭り)

(F-100)

by chura-photo | 2006-09-26 23:50 | 旅行 | Comments(2)
2006年 09月 25日

デジカメ・リポート(Ⅱ)

2006年9月25日(月曜日)


d0090161_17463867.jpg
分厚いマニュアルも半分で読み疲れました。解説項目から、あちこちのページに振られ、ふらふらです。時間の無駄!とにかく写してみました。我が家の食卓が簡易スタジオとなりました。室内照明だけが頼りの悪条件です。Pモードのお任せですが、露出補正,色合いモード、画質モードなどいじってますがデーターは省略させてください。レンズは24-85㎜のおよそ38㎜のF値です。
 ちょこちょこいじってみて、D-200は、起動、レリーズタイム、ミラースピードともまったくストレスがありません。フイルムのF-100以上です。ただし、電池の減り具合がちょっと早いように思います。予備を買わねば・・・。

(D-200)

by chura-photo | 2006-09-25 16:41 | 写真 | Comments(9)
2006年 09月 24日

デジカメ・リポート

2006年9月24日(日曜日)


d0090161_20353421.jpg念願のNikonデジ一眼、D-200をゲットしました。愛機のフイルムNikonのF-100での現像待ちとフイルム代から開放されると思うとわくわくします。ゴルフ練習場でのウイークリーサービスの2時間打ち放題とは違い、時間無制限の撮り放題なんです。
 只今、マニュアルと格闘中で、電話帳のような分厚い本とにらめっこですが、取り敢えず簡単マニュアルコースで試し撮り、画像ソフトもインストールしました。D-200はフイルム一眼のF-100のデジタル版と言われ、ボディーサイズ、ホールド感、操作スイッチの配置など、F-100ユーザーにとってまったく違和感のない仕上がりです。内臓ストロボが付いたこと、スイッチのクリック感などが向上していて総合的な質感は失われてません。
見た目、いじった感じは☆☆☆☆です(☆5つが満点)。
 だだ、ボディーの裏にMade in Thailandと刻印されてました。同じく、トヨタのクラウンが中国製になろうとしている今日、日本の職人技が失われてゆく寂しさを感じました。

(Lumix-FX01)

by chura-photo | 2006-09-24 20:30 | 写真 | Comments(8)
2006年 09月 24日

禅寺と花街

2006年9月23日(土曜日)


d0090161_19275.jpg
お彼岸のお墓参りも無事終了しました。墓地は、臨済宗建仁寺山内の塔頭である、両足院にあります。祖父が生前たまたま親戚の墓参りに行って、場所が気に入って、祖父とお寺の住職との立ち話で墓地を買うことになりました。契約書も領収書も無しの口約束で今日に至ってます。(ええかげんな時代やったなー、とホームに暮らす母親は口癖のように言います)

d0090161_19122380.jpg
曰く因縁、いきさつ成行きは分かりませんが、お寺の北門を出れば、そこは京都の花街、祇園花見小路に出ます。「おたくのお墓はどこえ・・」(うちは祇園の建仁寺え・・)とこんな調子です。夕暮れ時ともなれば、御茶屋のおかあはん、出勤前の芸子さんとすれちがいます。花見小路をちょっと上がった(北に行く)ところに、ライブハウスのCANDYもおますえ・・・。

(Lumix-FX01)

by chura-photo | 2006-09-24 19:16 | 散歩 | Comments(1)
2006年 09月 22日

散歩の友

2006年9月22日(金曜日)

d0090161_1822167.jpg暑さ寒さも彼岸まで、の読みどおりめっきり秋らしくなってきました。明日のお墓参りに京都の実家に来ました。家の近くに御所があります。正しくは、京都御苑といって、その中に御所があります。春と秋に一般公開がありますが、普段の御苑内はだれでも入れます。ただし、キャッチボール、ゴルフの練習、宴会などは禁止で犬の散歩はマナー厳守でOKです。

d0090161_1892414.jpg早朝の御所は、森林浴を兼ねて気持ちよく散歩できます。ワンちゃん仲間のお連れさん、出勤前の会社員らしき人のランニング、シニアご夫婦の仲良し散歩、などなど平和な庶民の贅沢な空間です。

d0090161_18141032.jpg幾百年の歳月を経て圧倒されるような古木がたくさん見られます。

















d0090161_18313412.jpg
見慣れた景色の中を、漫然と散歩するのは案外つまらないものでもあります。話を交わすこともなく、足腰を鍛えるためのウォーキングとかなんとか、自分を納得させても長続きしないようです。生活のリズムが狂ってる時などは、答えの出ないマイナーな雲が頭の中に垂れ込めてしまい、せっかくの散歩がストレスになってしまうことがあります。
 そんな時、そっとポケットからとりだした、デジカメでブログのネタを探すのは、散歩の癒しとなります。

(Lumix-FX01)

by chura-photo | 2006-09-22 17:52 | 散歩 | Comments(0)
2006年 09月 21日

美ゆら島の版画家(儀間 比呂志=ぎまひろし)

2006年9月21日(木曜日)

1923年、沖縄本島、那覇の生まれです。国際的な版画家で絵本作家でもあります。その作風は力強い線とおおらかな色彩のコラボでしょう。この2点は晩年の作品です。私の石垣島赴任時代に数点収集し、持ち帰ったものです。
d0090161_23441020.jpg「芭蕉の花」

沖縄出身の俳優、仲間由紀恵さん風でしょうか。







d0090161_2348618.jpg「宮良殿内」

琉球王朝時代の役人の住居で、現在も石垣市にて保存されてます。

by chura-photo | 2006-09-21 23:49 | つぶやき | Comments(1)