カテゴリ:旅行( 166 )


2015年 08月 19日

種子島から鹿児島へ。

(種子島にて)

d0090161_895547.jpg

16日の日曜日、僕たち(娘、夏休み中の孫)は種子島宇宙センターにやってきました。
大阪・伊丹空港からの直行便はプロペラ機でした。

d0090161_8101220.jpg

今回は旅行会社が企画した「種子島ロケット発射応援ツアー」に参加したのです。
日本が世界に誇るH2Bロケットで宇宙ステーションに水、食料などの生活物資や機材など沢山の荷物を打ち上げるのです。

d0090161_8102537.jpg

種子島に着いた日、発射は一日延期され、さらに続いて二日の延期となりました。
もともと、そんな事態を覚悟の旅行でしたが、こちらの日程が限界になりました。


(鹿児島・指宿温泉にて)

d0090161_812125.jpg

急遽予定を変更し、ツアーから離脱。
一路鹿児島の指宿温泉に向かいました。

種子島から最も近い温泉地だからです。
桜島を眼下に望み、鹿児島空港に。

さらにレンタカーで1時間半で指宿温泉にやってきました。

孫が喜んだのは「砂風呂」。
厚い砂を胸元まで掛けてもらって、サウナ状態になりました。

d0090161_8162035.jpg

南国の趣を漂わせる鹿児島。
瓢箪から駒的な今回の旅。
いい経験になりました。

ロケット発射は年3-4回と言うことで、次回もリベンジして見たいと思います。


OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ &45mmF1.8

iphone6

by chura-photo | 2015-08-19 22:13 | 旅行 | Comments(4)
2015年 07月 02日

八重山諸島の旅(石垣島)

d0090161_1102771.jpg

天気晴朗なれども波高し。
コーラルリーフに青い空がどこまでも。

d0090161_1104091.jpg

浜に咲く「軍配朝顔」。
葉っぱを見れば、行司がさばく軍配に良く似ている。


NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-07-02 10:56 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 01日

八重山諸島の旅(石垣島)

d0090161_8215574.jpg

サトウキビとマーペ岳。

d0090161_822820.jpg

川平湾とキビ畑。



NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-07-01 18:22 | 旅行 | Comments(0)
2015年 06月 30日

八重山諸島の旅(黒島)

d0090161_18254531.jpg

ギラギラと照りつける太陽に強い紫外線を感じる。
リュックのポケットに入れたペットボトルのお茶もすぐにぬるくなった。

d0090161_1826747.jpg

沖縄独特の魔除けの飾り物、「シサー」。
雄雌と一対で、何も言わずに鎮座している姿はほほえましい。

d0090161_18262658.jpg

家人は何をしているのか。
昼寝をしてから、夕方遅くまで働くのだろうか。

d0090161_18272696.jpg

島の太陽は沈まない。




NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-06-30 19:27 | 旅行 | Comments(4)
2015年 06月 30日

八重山諸島の旅(黒島)

d0090161_8194827.jpg

島の人口の10倍、牛さんがいます。
牛乳とか、子牛を内地に出荷しています。
その子牛が、内地でブランド牛に変身して行くのです。

d0090161_8201366.jpg

石垣島から高速艇で25分。
えんえんと続く道路と、たまに行き交うトラクター。
観光客には何も魅力のない島。

d0090161_8203844.jpg

しかし何もないのが貴重な環境でもあるんでしょうね。

d0090161_82126.jpg

それを求めて何回もこの島に来る変わり者もいるらしい。





NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-06-30 18:21 | 旅行 | Comments(4)
2015年 06月 29日

八重山諸島の旅(石垣島)

d0090161_1832032.jpg

天気清朗なれど波高し。

d0090161_18351368.jpg

果敢にもダイビングに挑戦する人達。




NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-06-29 08:30 | 旅行 | Comments(0)
2015年 06月 28日

八重山諸島の旅(石垣島)


d0090161_18222949.jpg

今年の石垣島、例年より早く梅雨明けした模様。
とにかく蒸し暑い、島の人たちも難儀していた。

d0090161_18224428.jpg

東シナ海の夕日は魅力的。
沈まぬ太陽を見つめていた。


NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-06-28 19:17 | 旅行 | Comments(4)
2015年 06月 11日

有松絞り(ありまつ)

d0090161_6542232.jpg

日本独特の絞り染めの産地、名古屋市有松町に行ってきました。

ここは江戸時代、尾張藩の頃に栄えた街道・宿場町で、
浮世絵の東海道五十三次「鳴海宿」の舞台にもなったところ。

d0090161_6544583.jpg

格式ある商家の軒先に、風になびく絞り染めの暖簾。
古い格子戸、まるで江戸時代にタイムスリップしたようです。

d0090161_6552551.jpg

絞り染めは糸で固く絞ったところは染料がしみこまないので、その糸をほどくと
白生地模様が浮き出てくる、所謂にじみを風合いとした織物ですね。

d0090161_755820.jpg

お店のご主人のシャツ、お洒落ですね!
勢いで買っちゃおうかな…と思いましたが、僕の3Lサイズは無かったのです。

d0090161_6554667.jpg

手ぬぐい、風呂敷、ゆかたに帯、現代のファッションから取り残されたようですが、
それはさておき記念に絞り染めの手ぬぐいを買いました。

d0090161_6562278.jpg


d0090161_6564385.jpg

粋(いき)なという表現がありますが、江戸時代にはこの絞り染めは
ファッションの最先端を走っていたのでしょうね。



OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

by chura-photo | 2015-06-11 19:52 | 旅行 | Comments(4)
2015年 03月 01日

城崎温泉にて

日本海の豊岡市。
 城崎温泉にいってきました。
d0090161_2321226.jpg


一泊二日の旅。
 老舗旅館が立ち並び、若者たちの散策道も出来て、
すっかり賑やかな温泉町に変貌していた。
 城崎と言えば蟹!期待は膨らむ。
d0090161_1343137.jpg


小学校の同級生が、旅館の主人をやっている。
 かれこれ半世紀のなる人の繋がりは、なにものにも代えがたい。
二人の娘さんも独立し、夫婦でこじんまりと宿を営んでいた。
d0090161_2313221.jpg


温泉街には六つの外湯があって、浴衣、丹前姿の団体が下駄を鳴らして
 暖簾をくぐってゆく。
山陰の冬はとても厳しいが、この日は幸い雪もなかった。
d0090161_237073.jpg


一年の半分、秋・冬のカニのシーズンで稼ぐ温泉旅館。
 松葉蟹が甲羅を天井に向けていた。
d0090161_2394735.jpg


これといった名所・旧跡もないが、友人が天然記念物の「玄武洞」を
 案内してくれた。
火山活動で出来た奇岩が見事。
 そうこうしているうちに、冷たいみぞれが降ってきた。
d0090161_23135144.jpg


d0090161_231413100.jpg


OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

by chura-photo | 2015-03-01 23:09 | 旅行 | Comments(4)
2015年 02月 25日

富士山巡礼

「世界遺産・富士山を学ぼう」という旅行会社のツアーに参加し、
二泊三日のバスの旅をしました。
ガイドさんと総勢10名の気がるな旅。
d0090161_11455342.jpg


のぼる富士、眺める山、そして富士山の歴史を
知ろう。
広大な富士の裾野に広がる森、湖。
新幹線から眺めるだけが、富士山ではなかったのです。
d0090161_1147545.jpg


富士山からの雪解けの湧水がいたるところで湧き出でて、
ニジマスが清水に身を洗われていました。
d0090161_11484450.jpg



有史以来、富士山は噴火を繰り返してきました。
昔の人は神の恐れを沈めるために神社を建て、信仰と修業の場として
富士山と長く係わってきたのでしょう。
d0090161_11491929.jpg


d0090161_11494379.jpg


d0090161_11502169.jpg


富士山は25の構成による、世界遺産ということを
               始めて知りました。
裾野の遺跡、神社、湖などなど、富士の山だけではなかったのです。
d0090161_1151311.jpg


富士山の雪解け水が、白糸の滝になって。
d0090161_11512622.jpg



雲の合間に見え隠れする富士の山。一分一秒たりとも同じ姿を
                   表さない神秘な雄峰。
d0090161_11521039.jpg


ホテルからみた早朝の富士山。
目が覚めるような絶景は、写真では表せない臨場感とともに迫ってきました。

羽田を飛び立った一番機は、富士山を眼下に西の空に
消えてゆきました。

富士の山とひこうき雲。
d0090161_1151509.jpg



NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-02-25 11:21 | 旅行 | Comments(8)