ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行( 173 )


2008年 07月 27日

旅の始まり(早朝のニューヨーク) Ⅲ


d0090161_049342.jpg

僕は過去に一度ニューヨークのマンハッタンに来た事があります。18年前仕事の関係で、それも東から西のサンフランシスコまでの慌しい旅ではありました。

d0090161_050013.jpg

今回この地に来てみて、まずずいぶん静かで清潔な街になっているなあと感心しました。当時は治安もよくなくて、街にはよく判らない異臭やゴミがあちこちに散らばっていました。パトカーのサイレンが昼夜の区別無くビルの谷間にこだましていた様に記憶しています。

d0090161_0502876.jpg

タクシーの運ちゃんは相変わらずぶっきらぼうですが、イエローキャブといわれる車は綺麗に洗車されていました。メーターは日本製らしく文字も馴染みがあり、明朗会計となったようです。J・fケネディー空港から市内まで、一律$45ドル+高速代$5ドルです。


旅はしんどいものですが、少しの好奇心とチャンスにめぐり合えば何とかなるものですね。成田空港から直行便で13時間の長旅を克服できた自信は大きな成果でした。

次回はニューヨークのジャズライブ&ミュージカル編です。



GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-07-27 01:00 | 旅行 | Comments(5)
2008年 07月 25日

旅の始まり(早朝のニューヨーク) Ⅱ


d0090161_895522.jpg

朝6時からオープンするスーパーマーケットの開店待ちでのワンショットです。ホテルでの朝食はお値段が高いので買出しに出ました。ポーク&シュリンプサンドイッチ、マンゴージュースにストローベリーヨーグルトをホテルに持ち帰りました。

d0090161_8102964.jpg

アメリカ経済が低迷している様子はここマンハッタンの中心街では判りません。でもスターバックスのお店は相次いで閉店の憂き目にあっています。開店早々のお店で、夜勤明けの仮眠をとっているような風景でした。

d0090161_811240.jpg

早足で通り過ぎた青年は何処に行くのでしょう?

d0090161_8113477.jpg

ドルを引き出しに行って銀行のキャッシュコーナーの扉に手をかけました。押しても引いてもびくともしません、でも機械は明かりがともっていて稼動しているようです。ふと見ると、扉の脇にカード挿入ボックスがあって、自分のカードーを通せばよかったんです。

d0090161_812678.jpg

名前は忘れましたが、有名な現代アーティストのこの作品は世界の主要都市にあるらしいと聞いていました。実物は6番街にありました。




GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-07-25 08:14 | 旅行 | Comments(4)
2008年 07月 23日

旅の始まり(早朝のニューヨーク) Ⅰ


d0090161_2344221.jpg


d0090161_2352338.jpg


一昨日、僕はニューヨーク発21日の午後12:30の飛行機で成田空港に帰ってきました。日付変更線をまたいで13時間の長旅でありました。この旅は大阪梅田で知人とライブハウスに行く途中、一緒に来ないかと立ち話で誘われて決断した旅行でした。

d0090161_2355147.jpg


d0090161_2361731.jpg


d0090161_2372128.jpg


今回の旅は何の目的でニューヨークに行ったかと言うことではありません。永い人生の間には、時間、お金、健康の余裕というものが誰にでもやって来る。しかし、その三拍子が全て揃うのは、人生のほんの一瞬である。ゆえにそのチャンスがくれば、躊躇せずに飛び込めという父親の口癖でありました。息子の僕はそれをまずニューヨークの旅から実践してみたわけであります。



GR-DIGITAL 2

by chura-photo | 2008-07-23 23:23 | 旅行 | Comments(9)
2008年 06月 04日

南知多半島の旅 Ⅲ(終わり)


d0090161_995711.jpg

旅館での夕食の様子。何気ないシーンですが、実は難しいのであります。自分の料理も食べたいし、仲間のプライバシーもあるし、写真撮ってる場合ではないし・・・。マクロモードで構図を決めて、例のフォーカスターゲットを手前の料理に移動しました。大アサリと伊勢海老です。向かいの子、色っぽいね!

d0090161_9102266.jpg


d0090161_9104224.jpg

陶芸マニアのK君が持参した花器、自分で焼いたものとか。わざわざ今回の旅行に持ってきてくれて部屋に飾ってくれた。気分だけは超セレブということで、ご褒美にきばって写真を撮ってやった。

d0090161_911323.jpg

旅館から見た夕暮れの漁港。殺風景なシーンですがホワイトバランスをオートから電球色にしたらグッと雰囲気が変わります。

d0090161_9112524.jpg

浜辺の歌が聞こえるようです。望遠ズーム200㎜、手ぶれ補正が有りがたい。


d0090161_2047343.jpg

「人生を楽しむ条件は大雑把に言って、健康、気持ちと時間のゆとり、そしてお小遣いと思うのです。皆それぞれ境遇も違うし、諸々の事情もかかえています。でも、その一瞬は必ずやってくるはずですが、いかにそのタイミングを物にするかが思案のしどころと思います。何かにかこつけて見過ごすとチャンスは無くなります。割り切って、切り捨てるものは切り捨てて旅に出ようと思いました。」

リコーR8&au W61CA

by chura-photo | 2008-06-04 09:27 | 旅行 | Comments(7)
2008年 06月 03日

南知多半島の旅 Ⅱ


d0090161_10391135.jpg

知多半島には、名古屋市内から縦断高速道が通っています。南に下るおよそ20キロの所に常滑市があります。焼き物の里「常滑焼」で少し名が通っています。


d0090161_10402484.jpg愛知の焼き物は「美濃焼き」に代表されるようですが、古くは室町時代からあって江戸時代には壷や鉢物、明治になってタイルや土管で脚光を浴びてきました。旧帝国ホテルの壁を飾ったテラコッタも有名です。



d0090161_1171480.jpg焼き物の里では土管や壷の陶器が旨くアレンジされて、町の景観とマッチしています。



d0090161_10441515.jpg

これは常滑焼の特徴がもっとも良く出ている品だと、同級生の陶芸マニアから教わりました。
(マクロで撮影し、フラッシュはソフト発光モードにしました)



d0090161_10455399.jpg

こんな可愛い焼き物もありました。衝動買いの癖がムラムラと・・・(笑)


d0090161_10471443.jpg

僕は今回の旅行ではじめて、渥美半島と知多半島の位置関係が良くわかりましたし、常滑(とこなめ)という漢字も覚えました。


d0090161_10494574.jpg

名古屋名物「味噌煮込みうどん」です、・・・関西人の味覚にはちょっと?でした。お味噌の出汁はとっても濃厚です。後学のためには良いかと・・・。




リコーR8

by chura-photo | 2008-06-03 10:57 | 旅行 | Comments(2)
2008年 06月 02日

南知多半島への旅 Ⅰ


d0090161_1814147.jpg

午前10時30分にJR京都駅に集合したのは、中学3年の同級生9人です。地元でよく顔合わせしている仲間や45年ぶりに再会した女の子もやってきた。卒業してそれぞれ違う高校、大学そして社会人となって、今再会できる仲間達とは何のしがらみや利害関係もない。皆それぞれ苦労してきたであろうことはお互い暗黙の了解として、名古屋に向けてにこやかに改札口を通っていった。

d0090161_18224.jpg

JR京都駅にて

R8(オートHIモードでISO感度400としました。暗いところでもシャッタースピードが上がりますので手振れ補正がさらに効果を発揮します。奥行きまでシャープに写ります。)


リコーR8

by chura-photo | 2008-06-02 18:03 | 旅行 | Comments(9)
2008年 04月 07日

信楽情報


d0090161_285664.jpg

2月23日に、新名神高速道路の草津JCから三重県の亀山JCまでの区間が開通したおかげで、信楽までの所要時間は京都からおよそ40分(高速30分+県道307号10分)。昔は陸の孤島と言われた陶芸の里も本当に身近な所となりました。6月末まではサービスとして通行料は半額になっています。・・・というわけで先週の日曜日に陶芸の故郷「信楽」に行ってきました。

d0090161_292498.jpg

この日はFM滋賀の生放送が午後12時からあって、陶芸の森というイベント広場での野外ライブがありました。出演者は前重 英美ちゃんと大津の堅田にあるライブハウス「ねこ」のオーナーでトランペット奏者の浜田さんトリオでした。

d0090161_294395.jpg

陶芸に興味のある方はお弁当をもって、沢山ある窯元で陶芸教室の焼き物なんか体験して、そして愛嬌のある狸の焼き物をバックに写真でも撮って、そしてのんびりと楽しいアウトドアライフの一日を過ごすのはオススメですね。

GR-DIGITAL

by chura-photo | 2008-04-07 23:07 | 旅行 | Comments(2)
2007年 11月 16日

銀座界隈


d0090161_21342556.jpg


d0090161_21432885.jpg

入院して8ヶ月になりますが、本人の治療・リハビリ経過も順調でした。無事な様子に安心し、足利を後にして都内に戻り、その夜娘夫婦とともに銀ブラをしました。TVで一時期有名になった道場六三郎のお店にも連れて行ってくれました。


d0090161_21454293.jpg

ホテルの夜景も新鮮です。、この歳になるまで東京に馴染みがなかったせいでしょうか・・・。

ホテル代や夜の食事も全て娘夫婦が賄ってくれました。年金暮らしの父親を気遣ってくれていると思って、ありがたくお世話になり大阪に戻ってきました。

  GR-D

by chura-photo | 2007-11-16 21:51 | 旅行 | Comments(0)
2007年 11月 15日

小春日和の東京


d0090161_2145945.jpg

昨日は伊丹を12時半に出発して東京にやってきました。お昼間のターミナルは行き交う人も少なく、広いロビーを眺めながらモノレールの切符売り場に向かいました。
見慣れた空港の景色ですが、好きですねこの空間。

d0090161_21203477.jpg

有楽町のホテルに泊まって、浅草から電車で足利市の病院に親戚の見舞いに行きました。地理不案内の私を気遣って、嫁いだ娘がわざわざホテルまで迎えに来てくれました。



GR-D

by chura-photo | 2007-11-15 21:03 | 旅行 | Comments(3)
2007年 06月 23日

六本木から南青山へ

d0090161_11251770.jpg東京で暮らしている娘夫婦を訪ねてみよう、今月は比較的時間に余裕があるので是非という誘いもあって・・、そしてヴォーカリストの山口有紀さんのライブもフアンの一人として是非見ておきたいし・・そんな思いが重なって週末を東京で過ごすことになりました。

東京に着いたのはお昼過ぎ、夜のリザーブは南青山のライブハウス「BODY&SOUL」です。共稼ぎの夫婦が仕事を終えるのは夕方7時頃ということで、東京タワーに昇ってみよう、バブルの塔?六本木ヒルズも見学してみたいという計画も立てていました。

d0090161_11285259.jpgホテルにチェックインし、まずは六本木ヒルズ界隈へ・・・、胸のポケットには旅カメラGR DIGITALとブレザーにはワイコン21ミリを放り込んで出かけました。東京の空も青い、梅雨の合間の午後です。
ツインタワーのマンション、ペットOKということもあってけっこう大きなワンちゃんを連れて散歩する人が多かったです。






お馴染みの六本木ヒルズ、直線と曲線のコラボがダイナミックです。
d0090161_11324165.jpg

東京タワーのルックダウンウインドウ(地上145m)、まるでグラスボートの空中浮遊です。・・・とっても気持ちいい。
d0090161_11364149.jpg

エレベーターの待ち時間がずいぶんあります、待ち疲れのようですね・・・
d0090161_11375819.jpg

私も、けっこう待ち疲れのタワー見学でした。ホテルに戻って転寝をしていましたら娘から携帯が入りました。時計を見ると7時すぎ、早速待ち合わせの南青山に出かけました。
d0090161_11392943.jpg


by chura-photo | 2007-06-23 22:24 | 旅行 | Comments(0)