ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つぶやき( 315 )


2012年 10月 26日

小春日和 Ⅱ

d0090161_17565954.jpg

明日から、韓国の済州島(チェジュ)に旅行します。
始めての韓国、政情不安もすこしありますが、とにかくGOです!

(京都府立植物園にて)


OLYMPUS E-PL2+M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm

by chura-photo | 2012-10-26 17:49 | つぶやき | Comments(8)
2012年 10月 08日

プランター

d0090161_2155272.jpg

今日の夕方の6時頃、NHKのニュース速報が流れました。
ノーベル賞受賞者の発表でした。

大方の予想通り、ノーベル医学・生理学賞の受賞者に、日本人では
京都大学教授の山中伸弥さんが受賞された。

人の細胞から人の臓器を再生させると言った、夢のような、また素人でも納得できる
研究の成果です。

我々の世代ではその恩恵にあずかることは出来ないかも知れない。でも、子供や孫の世代では、
きっと日の目を見ることが出来ると信じたいと思います。


LEICA X2

by chura-photo | 2012-10-08 21:55 | つぶやき | Comments(2)
2012年 09月 26日

お彼岸もすんで


更け行く秋の夜 旅の空の・・・童謡唱歌「旅愁」の歌詞のはじまり。
そう簡単には許してくれない日中の暑さ。

d0090161_14355621.jpg

今年のお彼岸は9月22日だった。たしか、お彼岸は23日では?
お彼岸は春と秋があって、昼と夜の長さが同じ。
でも地球の回転に誤差があって、何年かに一度調整されるとか。
次の22日は2016年(平成28年)です。

お墓参りに行ったお寺の老木。

d0090161_14353819.jpg

虫の鳴き声が聞こえてきそうな感じの、凄くアンダーな写真。

京都・御所にて

LEICA X2


写真をクリックすると拡大します。

by chura-photo | 2012-09-26 10:01 | つぶやき | Comments(0)
2012年 09月 16日

お彼岸まで

d0090161_18455024.jpg

今日はお墓参りをしてきました。
お彼岸は22日ですが、今迄その日に特にこだわってはいません。
お盆や、春、秋のお彼岸にお墓参りをする習慣はありますが、思い立った時に、何かの節目に行くようにしています。

諺に「暑さ寒さも彼岸まで」とありますが、残暑は厳しいですね。
その内に、きっと涼しくなるから頑張りましょう・・・という励ましなんでしょうね!


RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2012-09-16 18:45 | つぶやき | Comments(8)
2012年 09月 14日

女子会レストラン

d0090161_1744433.jpg

ここは、世界をリードするハイテク企業の旧京都本社ビル。
1927年に建設された、由緒ある西洋建築。
今年、レストランとブライダル専科にリニューアルされた。ゴージャスそのもの。

そういえば、日本のハイテク企業は京都に集まっていると言っても過言ではない。
なぜか・・・!? よく分らない^-^);

d0090161_1751561.jpg

ご婦人方に評判が良いと言われて、僕は敢えてランチに行った。
午前11時半、すでに三分の一は席が埋まっている。さらに12時過ぎにはほぼ満席に。
平日でもあり、賑やかな女性グループの声があちらこちらに。

誰が言ったか女子会という言葉、それはちょっと閉鎖的な雰囲気もする。
飲み食いするのは、男女それぞれ自由だが、ことショッピングとなれば、デパートは女子専用。
ここも、あそこも男子の居所が無い昨今である。
・・・それならばと、ご婦人の反論もありましょう。
でも、ここだけの話題なので、そうゆうことです。


RICOH GR DIGITAL Ⅱ

by chura-photo | 2012-09-14 17:05 | つぶやき | Comments(9)
2012年 09月 09日

花の色(隋心院) Ⅱ

d0090161_044259.jpg

ここはお寺の拝観口です。ちょっと興味を削がれそうなたたずまいながら、一歩進んで瓦をくぐれば、そこには平安京の美貌の人が待っている。

小野小町(おののこまち)所縁(ゆかり)の寺、隋心院。

d0090161_05213.jpg

話題は変わりますが、美的鑑賞と言うものは、やはり本物に半歩でも一歩でもすりよる事が大事と思います。
骨董を手に取り、絵画を目前に眺め、劇場に音楽の興奮を求め、さらに写真は大きなスクリーンで臨場感を得て、加えてグルメのシズル感も味わうことが出来るのです。

NET環境やモバイル時代全盛期になり、聞いたつもり、観たつもり、情報は川の流れのような泡沫の物語。時代の流れに逆らうつもりもなく、悪い事とも思わない。



LEICA X2

by chura-photo | 2012-09-09 23:30 | つぶやき | Comments(0)
2012年 08月 28日

秋模様(空)


d0090161_9442855.jpg

空を見上げてたら、ひろくて遠くてだんだん季節が変わって行くのが感じられます。
でも、なんですか・・・この残暑は!
連日熱帯夜も続くし、冷房もスイッチを切る気になりません。

詳しい事は言えませんが、日本の政治もまさに内憂外患を絵に描いたようですね。
オリンピックも終わって、日本が沢山のメダルを取って若者が頑張っているのに、金メダルの数が少ないと言ってはテンションをさげています。
でも女子の活躍は素晴らしい!
さいきん、何事もこの青空のようにスッキリしませんね。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2012-08-28 09:44 | つぶやき | Comments(2)
2012年 08月 04日

ひまわり

d0090161_19292136.jpg

夏と言えば・・・居酒屋で生ビールにハモの炙りとか。
オリンピックを観ながら、ステテコ姿でリラックスするとか、いろいろありますが・・・。

とても元気のいい大きな顔をしていました。
連日の猛暑の中、こんなヒマワリにカメラを向けている自分も頑張っているなあ~と思います。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2012-08-04 19:29 | つぶやき | Comments(6)
2012年 07月 28日

甘党


d0090161_17334114.jpg

やっと、祇園らしいと満足げな若いカップル。お昼に映える祇園。

d0090161_173455.jpg

人気とは恐ろしい、祇園・白川・巽橋。

d0090161_17342795.jpg

女子(おなご)も食す白玉あんみつを、我も食さんとす。



(京都・祇園白川・巽橋付近)

RICOH GR DIGITAL Ⅲ

by chura-photo | 2012-07-28 17:34 | つぶやき | Comments(4)
2012年 07月 02日

祇園囃子(ぎおんばやし)

d0090161_21573729.jpg

7月の京都は祇園祭り一色となります。
京都・東山の八坂神社が主宰神社となって、ほぼ一カ月続きます。

もちろん、祭りのハイライトは15日、16日の宵山。
「そして17日(火曜日)の山鉾巡行で、祭りは最高潮に達します・・・」とは、良く聞く
マスコミの決まり文句(笑)

鐘と太鼓の祇園ばやしが、朝から一日中BGMのように繁華街に鳴り響きます。
街を祭りムードに盛り上げて、商魂たくましい京都商人の叫びの様にも聞こえます。
(有線かなにかのBGMです。実際に囃しているのではありません)

もっと、静かな街であったはずの京の夏。蝉しぐれのような、じっとり感を味わう時もあります。


(季節に合わせて、目を楽しませてくれるホテルロビーの前衛飾り:今月はかんざし)


RICOH GR DIGITAL Ⅱ

by chura-photo | 2012-07-02 21:58 | つぶやき | Comments(2)