ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ライブハウス( 2 )


2007年 06月 24日

Yuki’s LIVE in BODY&SOUL

六本木のホテルからタクシーに乗り、着いたところは南青山6丁目。骨董通りから一筋入った処は静かな住宅地のようです。ラウブハウスの場所を聞くにもあたりは暗くなって人通りはありません。周りを見渡してもライブハウスらしい雰囲気の店もなく、少し不安になりましたが、たまたまビルの地下から人影がみえたのでそちらのほうに降りてゆくとちゃんとありました。予約を入れておいた席には、すでに娘夫婦がいて手招きして迎えてくれました。

昨夜のライブは、ドラムを担当するトミーキャンベルのヴォーカルセッションで山口有紀、伊藤大輔のデュエットヴォーカルに野本晴美(pf)グレッグ・リー(b)が加わるセッションライブです。
      
          ヴォーカリスト:山口有紀さん
d0090161_20522986.jpg


8時半を廻ったところでライブが始まりました。いつも関西で見慣れている有紀ちゃんのソロライブとはまるで違う雰囲気です。トミーの強烈なドラムは手に持ったメニューにビリビリ伝わってくるし、二人のデュエットヴォーカルも絶妙の呼吸とタイミングに乗って素晴らしい。言葉や写真で伝えられないのは誠に残念です。
       
         ヴォーカリスト:山口有紀さんと伊藤大輔さん
d0090161_20533939.jpg

d0090161_20541949.jpg

野本さんのピアノも切れの良いタッチ、ベースとエレキギターを操るグレッグさんもキャリアの渋みが窺がえます。

       Tommy Campbellさん(ds)
d0090161_20544541.jpg

私の印象に残ったのは、トミーの圧倒的なドラムサウンドもさることながら、MCも務める彼のパフォーマンスは、有紀ちゃんはもちろんそれぞれのメンバーも、そしてお客さんも皆主役にしてくれる素晴らしいトークであり、ライブパフォーマンスのお手本のようでした。

d0090161_20592056.jpg

d0090161_2055912.jpg


ここは東京でも老舗のライブハウス、けっして広くはないお店ですが外人客も多く、満席となったこの日は50人ぐらいは入っていたと思います。骨董通りをはさんだ北側には東京ブルーノートがあり、公演がオフのミュージッシャンも何名かライブを楽しみにやってきました。
土曜の夜は、とてもインターナショナルなライブでありました。

by chura-photo | 2007-06-24 22:30 | ライブハウス | Comments(5)
2006年 12月 26日

X‘mas Queen&King in ミスターケリーズ ・Ⅱ

2006年12月26日(火曜日)

Paul Fleisher Christmas Liveのセカンド・アルバムを紹介しておきたい。私のイヤーエンドの一つを飾るライブPHOTOである。
d0090161_20255012.jpg

d0090161_20295560.jpg


ヴォーカリスト山口有紀さんとの初対面は今年の10月8日、大阪中の島ミュージックカーニバルで、ポートレート写真家の師匠SHINさんの紹介である。彼女の前評判はジャズ界の仲間由紀恵であった。沖縄出身の演技派アイドルであり、私も沖縄は仕事の関係で馴染みがあったので 期待していた。私的結論だが、お二人の共通点は若き新進気鋭のアーティストで、成長株として年齢を問わない多くのファンに支えられていること。仲間さんは赤ワイン系、山口さんは白ワイン系と思う。私も仲間フアンであり来年、調子の悪い携帯をdocomoからauにチェンジする。
話はそれたが、二回目は11月3日の神戸ベイズン・ストリートそして今回のライブに至った。
2007年も更なる飛躍を大いに期待したい。

by chura-photo | 2006-12-26 23:23 | ライブハウス | Comments(0)