ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:お寺・神社( 38 )


2015年 09月 04日

臨済宗・永源寺 (滋賀・東近江)

d0090161_14262100.jpg

京都から名神高速を東に。
八日市インターを降りて間もなくのところに、臨済宗・永源寺がある。
禅寺としてそこそこの歴史、由緒があるようだ。

d0090161_10513980.jpg

駐車場からなだらかな階段を登ってゆくと、苔の香りがして、
もう紅葉の気配すら感じられた。

d0090161_10532347.jpg

ちょうどこの日は小雨交じりとなったが、幸い訪れる人もなく
ゆっくりと境内を拝観出来た。

d0090161_10551324.jpg

永源寺といえば、こんにゃくが有名。
禅寺と精進料理、そのような組み合わせも理解できる。
もっとも、今風のライフスタイルに、蒟蒻が馴染むかどうかわからない。

d0090161_1058241.jpg

朱印帳に記帳してもらった。
お寺のサインのようだが、じつは参詣者がお参りした証に頂くお守りに似たもの。
有りがたく頂戴し、また次に訪れた寺で記帳を得て徳を重ねて行けばよい。

d0090161_117525.jpg

方丈には大きな、まるで座布団を十枚ほど重ねたくらいの木魚があった。
お経を唱えるには大変な体力がいりそう。

d0090161_11101387.jpg

紅葉の頃には、大勢の観光客で混雑するであろうこの寺も、
普段の佇まいにこそゆっくりと精気をもらってみたい。



LEICA X2

by chura-photo | 2015-09-04 14:26 | お寺・神社 | Comments(4)
2015年 09月 02日

源光庵(京都・鷹ヶ峰)

d0090161_14275468.jpg

悟りの窓。
禅と円空を表し、円とは宇宙。

d0090161_14281388.jpg

迷いの窓。
生老病死の人間の世界感。

d0090161_7495825.jpg

迷い迷って60有余年、悟りに至るはほど遠し。



RICOH CX3

by chura-photo | 2015-09-02 14:28 | お寺・神社 | Comments(0)
2015年 08月 23日

南禅寺とその塔頭

d0090161_20445092.jpg

塔頭の一つ。
蓮池が特に優雅な庭園を配しています。
「天授庵にて」

d0090161_20453816.jpg

琵琶湖疏水の分岐点として明治に建てられました。
南禅寺水路閣は、東山の名所の一つになっています。

d0090161_20455722.jpg

お寺の境内を通過するために、周囲の景観に溶け込むように設計されました。
レトロですね。

d0090161_905946.jpg


d0090161_20461992.jpg

レンガ作りの面表には、苔むした処が見え隠れしています。
d0090161_20464762.jpg


d0090161_2047669.jpg

訪れる人も少なく、静寂に身をゆだねるひと時。

RICOH GR 

by chura-photo | 2015-08-23 20:47 | お寺・神社 | Comments(0)
2015年 08月 15日

真夏の相国寺

d0090161_20511631.jpg

相国寺は14世紀、室町幕府の三代将軍「足利義満」により建てられた臨済宗の禅寺です。

京都市内の中心にあって、京都御所の北に位置します。

d0090161_20513952.jpg

金閣寺や銀閣寺は、相国寺の塔頭(たっちゅう)で、格でいえば支店なんですね。
そんな立派な寺院に美術館があります。

d0090161_20515546.jpg

特に京都・琳派の絵師、伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)の作品が多いのは、相国寺の和尚がパトロンになっていたと言われています。

古今東西、芸術の世界を極めるには資力が欠かせないということでしょうね。


RICOH GR 

by chura-photo | 2015-08-15 08:52 | お寺・神社 | Comments(0)
2015年 06月 15日

三室戸寺(みむろどじ)



d0090161_13172726.jpg

紫陽花庭園の規模では、関西屈指のお庭を拝見しにゆきました。
その日はちょうどうす曇りでしたが、
それでも広い庭を歩いているとじっとり汗ばんできました。

d0090161_13132078.jpg

梅雨花と言われているように、紫陽花は直射日光でみるより
色鮮やかなんですね。

d0090161_13134149.jpg

関西も梅雨真っ最中なのですが、あまり雨らしい雨もなく
ちょっと肩すかしをくらったようです。

d0090161_13135965.jpg

今回撮影に持ち出したカメラは、35mm単焦点のライカです。
そこそこいいボケを醸し出しますが、なんたって軽いのが助かりました。



LEICA X2

by chura-photo | 2015-06-15 13:11 | お寺・神社 | Comments(2)
2015年 05月 17日

奈良・法隆寺探訪

d0090161_10211586.jpg

神社仏閣に囲まれた京の都に住む吾輩、
なにを思ったか、はるばる「奈良の斑鳩の里」にやってきました。
斑鳩(いかるが、と読みます)

旅行社が企画した16名のツアーでした。

d0090161_10212770.jpg

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺6丁目付近。
のどかな田園地帯を歩く。

d0090161_10214324.jpg

法隆寺は7世紀の「奈良時代」に、
「聖徳太子」が建立したと言われている。

今は昔となった千円、五千円、そして一万円札でお馴染み。

「夢殿特別秘仏」公開中でした。

d0090161_10215563.jpg

といっても、そんなお札は今の若い人は見たこともないでしょうね。
でも現行流通紙幣なんです。

まあ、タンスの肥やしになっているお家もあるのでは。
爺さん、婆さんの遺品整理で発見というケースですね^^;

d0090161_1024583.jpg

このお寺、日本の「世界遺産登録一号」の由緒あるありがたいものです。
そして日本で最古の木造建築らしいです。

昔の匠は素晴らしい仕事ぶり。

d0090161_10223631.jpg

でも広い、奈良はとても歩きがいがあったのです。
京都みたいに、門をくぐれば本堂、その隣に塔や鐘楼。
ちょっと歩けば枯山水のお庭。
・・・そんなコンパクトなお寺ではありません。

d0090161_102310100.jpg

奈良(市内)のお寺と言えば、
東大寺(大仏さん)、薬師寺、唐招提寺に興福寺・・・法隆寺は何処?
・・・というのが僕の印象でした。

d0090161_10234179.jpg

奈良市内から遥か南西に斑鳩町がありました。
生駒山に近い大阪の県境でした。

d0090161_1505938.jpg

寺の中には、国宝、重要文化財のオンパレードでした。
国宝と重要文化財はどう違う・・・と思ったりして。

d0090161_1024429.jpg

修学旅行生ばかりが目につきました。
お寺のPR不足か、アクセスが良くないのか、その両方か。

d0090161_10252820.jpg

まあ・・・とにかく良く歩きました。
ここでは割愛しますが、吉田寺(ぽっくり往生の寺)とか龍田神社(竜田揚げ発症の地)も行きました。

とにかく、歩いて歩いて、竜田揚げを食って、ポックリのお寺で朱印帳を作ったり、
有意義な初夏の日曜日でした。


OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ

RICOH CX3

by chura-photo | 2015-05-17 21:52 | お寺・神社 | Comments(2)
2015年 04月 12日

常照皇寺(じょうしょうこうじ) その弐

周山街道を走っていると、突然目の覚めるよな山肌が見えて、
あわてて車をとめてシャッターを切った。
d0090161_23274433.jpg


寺の山門。
苔むす石段は滑らかに連なって出来ていた。
d0090161_23294372.jpg



NIKON P310

by chura-photo | 2015-04-12 23:29 | お寺・神社 | Comments(2)
2015年 04月 11日

常照皇寺(じょうしょうこうじ)

京都市内から車で北西方面に車を走らせた。
市内はもう桜の見ごろも終わりかけてすこし間が空く趣の頃。


d0090161_1873295.jpg

国道162号線を走って行くと、やがて左右に真っ直ぐ天空に伸びたような杉の山が迫って来た。
ここ京都では有名な北山杉の産地である。

d0090161_18855.jpg

この国道は、やがて日本海の小浜に通じる西の鯖街道と言われている。
その昔、海から遠い京都では新鮮な魚が貴重であったため、鯖を酢で〆たものが重宝された。

d0090161_1883242.jpg

その杉林に囲まれて、細いくねった道路を走ることおよそ一時間余。
臨済宗の禅の寺「常照皇寺」にやってきた。
春は桜、秋には紅葉も大変美しい山里の古寺と言った処でしょう。

d0090161_1884827.jpg

古びた山門をくぐると
ここには天然記念物にもなった「九重桜」がある。
かなりの老木で、四方八方に伸びた枝は太い木で支えられていた。



Nikon Df+Nikkor AF 20mm F2.8D

by chura-photo | 2015-04-11 18:05 | お寺・神社 | Comments(0)
2015年 03月 15日

梅宮大社の梅の木


d0090161_21121698.jpg

梅という名がついてはいますが、
けっして大きな梅林があるわけではないのです。

d0090161_21125918.jpg

ちょっと不便な場所と周辺にはなにも変わった見所どころもなく、
ましてやグルメ的な話題のお店もありせん。

d0090161_21131528.jpg

でも、枝ぶりは見事でした。
こんな京都の外れの神社で
のんびりするのもいいのではないでしょうか。



RICOH GR

by chura-photo | 2015-03-15 21:13 | お寺・神社 | Comments(4)
2015年 02月 01日

冬の高山寺(世界遺産・栂ノ尾三山)

京都の大雪は元旦の夜からしんしんと。
一カ月たって、また朝から雪の積った京都の街並み。
d0090161_16412535.jpg


(高台寺に伝わる国宝:鳥獣戯画図・・・本物は京都博物館にある。)
d0090161_02715.jpg


久々に雪道ドライブを楽しみたくなって、京都の北西の北山杉街道を走って
京北町までやってきました。
d0090161_022293.jpg


後一時間も走れば日本海の小浜に行ける。
この国道162号線は雪の鯖街道となった。
d0090161_024362.jpg


途中に高山寺に寄って、少し写真を撮ってみました。
凛とした空気感の漂う北山の杉街道。
d0090161_031085.jpg


NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-02-01 22:04 | お寺・神社 | Comments(0)