ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:季節( 149 )


2017年 04月 17日

葉桜から

いよいよ満開の桜は終わろうとしていますが、葉桜の美しさも捨てたものではありません。

京都・岡崎の平安神宮の疎水
に咲く
沢山の桜並木から、疎水に花びらが舞い散っています。
d0090161_15421671.jpg




d0090161_15424496.jpg


d0090161_15431486.jpg

やがてそれらが花筏(はないかだ)とか、花ござになって、
桜は後の宴になってゆくのです。
d0090161_15434984.jpg

花筏の終着点は、東大路通を西に行った京都水道疎水事務所界隈です。
d0090161_15441357.jpg


d0090161_15443190.jpg

(画像はクリックで拡大します)


Nikon Df(Nikkor35mm F2.0D)









by chura-photo | 2017-04-17 15:58 | 季節 | Comments(2)
2017年 04月 16日

紅枝垂れのプロムナード

「なからぎの道」には毎年桜の時期に少し遅れて、素晴らしい紅枝垂れ桜が見られる散策道となる。
京都の加茂川、北大路橋から北山大橋に至る約1.3kmほどの川の土手である。


d0090161_10274506.jpg


d0090161_10280254.jpg

d0090161_10283451.jpg


d0090161_10290091.jpg


土手を隔てて、隣には京都府立植物園があって、ここも手入れがなされた綺麗な桜が咲いていた。
京都市内の桜が散り始めたころ、やがてここには紅枝垂れの桜が咲きはじめ、散策道に訪れる人も少なく
のんびりとシャッターを切ることができる。


d0090161_10291979.jpg

d0090161_10293820.jpg


d0090161_10295586.jpg


d0090161_10301511.jpg

毎年同じ場所で同じような桜を楽しんでいるが、そのような少しの贅沢がいつまでも続くよう願って
、今年もここにやってきた。
d0090161_10303670.jpg

d0090161_10305601.jpg


d0090161_10311767.jpg

d0090161_10313658.jpg

(画像はクリックで拡大します)



Nikon Df( Voigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL IIS)






by chura-photo | 2017-04-16 10:32 | 季節 | Comments(2)
2015年 06月 20日

紫陽花

梅雨なのにジメジメ感がない今年です。
d0090161_1023843.jpg


紫陽花も潤っていません。
d0090161_10234143.jpg


このまま初夏を迎えるのでしょうか?
ちょっとさみしいですね。
d0090161_10235744.jpg








RICOH GR (写真スクエアー:F47mmクロップ&マクロ)

by chura-photo | 2015-06-20 10:20 | 季節 | Comments(2)
2015年 06月 03日

水無月(みなづき)

暦も変わり、6月は「水無月」と言う梅雨の頃になりました。
d0090161_11291541.jpg


京都では「水無月」という名前の和菓子があって、月末の30日に
食べる慣わしがあります。
d0090161_1130886.jpg


ういろうのような水菓子のうえに黒豆がのっていて、
三角の形をしたプルンとした夏の和菓子です。
d0090161_11303592.jpg


6月は一年の折り返しなので半年の厄払いと、後の半年の
無病息災を祈るのです。
d0090161_11305260.jpg


早朝の京都・御所を散歩しながら、甘くあっさりもちもちとした
水無月を思い出していました。
d0090161_1131117.jpg




OLYMPUS E-PL5+M.ZUIKO DIGITAL 35mm F1.8

by chura-photo | 2015-06-03 11:22 | 季節 | Comments(0)
2015年 05月 06日

立夏

暦の上では夏の扉。
これからくそ暑い京都の夏がやってくる。
上賀茂の社家の街並みが京都情緒を和ませる。
d0090161_15205914.jpg


d0090161_15211844.jpg


その前に長梅雨もあって、うっとおしい季節を迎える。
今年は春から異常気象なのか、連日夏日に照らされて、おまけに
雨が降らない。
大好きなスイカの糖度不足が気になる。
d0090161_1521479.jpg


そんなわけで、毎年訪れている
京都・上賀茂の「太田神社」にやってきました。
d0090161_1522473.jpg


ここはカキツバタの群生で有名なのですが、
今年は元気がない。
やはり潤いが足らないのだろうか?
d0090161_15222163.jpg



RICOH GR DIGITAL Ⅱ(F21mmワイドコンバーター)

by chura-photo | 2015-05-06 15:23 | 季節 | Comments(2)
2015年 05月 01日

藤の棚(宇治平等院)

3年前のこと。
樹齢数百年の老木があって、
老木ゆえに新旧交代と相成りました。
d0090161_23362952.jpg


d0090161_23372339.jpg



植え替えられた新木は、今年始めて花を付けました。
まだまだ子供のような幼さがありますが、
それはそれで立派な成長ぶりでした。
d0090161_2337448.jpg


d0090161_23381022.jpg


今回、ひょんなことから魚眼レンズを手に入れまして
撮ってみたところ、まあ・・・未知のアングルにハマりましたね。
d0090161_2342269.jpg


花の命は短くて、やがてサツキや菖蒲につないでゆくのでしょうか。
d0090161_23384238.jpg



OLYMPUS E-PL5+フィッシュアイ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)

by chura-photo | 2015-05-01 20:38 | 季節 | Comments(2)
2015年 04月 08日

半木の道の紅垂れ桜(なからぎのみち)

京都府立植物園の西側に沿う賀茂川の左岸、約800メートルの堤防上には紅枝垂桜が植えられ、

桜に囲まれて歩く散策路は半木(なからぎ)の道と名付けられて、京都の桜の名所の一つとなっています。
d0090161_20535619.jpg


d0090161_20541448.jpg


 今の府立植物園のある地は、その昔、神木が流れついたという由縁から流木(ながれぎ)神社の森と言われていました。その流木(ながれぎ)が半木(なからぎ)になったのは、繰り返される洪水の

為に流されることを嫌って流木(ながれぎ)を半木(なからぎ)に変えたという説もあります。
d0090161_20543697.jpg


d0090161_20545228.jpg


半木の道の東側にある京都府立植物園には流木(ながれぎ)の森があり、流木が流れ着いたと伝えられる場所に園内の鎮守社として、

天太玉命(あめのふとだまのみこと)を御祭神とする上賀茂神社末
社の半木神社が鎮座しています。
d0090161_20551772.jpg


 半木の道は賀茂川に架かる北大路橋と北山大橋の間の散策路ですが、桜が美しい植物園の入り口は半木の道の南端の東側と北山大橋を少し東に歩いた南側にあります。
d0090161_20553569.jpg


(キャプションはWebサイトを参考)

NikonD7100+AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2015-04-08 13:10 | 季節 | Comments(4)
2015年 04月 06日

桜の花茣蓙(はなござ)

ことば・・・このように花が散って、
まるで茣蓙(ござ)を敷きつめた様を言うのです。

ところが「ごさ」そのものが死語になりつつある昨今、どのように表現すればいいのでしょうね。
d0090161_105494.jpg



京都・岡崎の冷泉通りという処。
毎年ここで花茣蓙を撮っています。
(平安神宮界隈)
d0090161_10542589.jpg


京都は小さな街ですが、この季節になるとまるで桜に覆われたかのように
あちらこちらで咲き誇ります。
d0090161_10544143.jpg


日本に京都があって良かった・・・を実感する頃でもあります。
(鳩を追いかけています。)
d0090161_10545154.jpg


Nikon Df+Nikkor AF24mm F2.8D

by chura-photo | 2015-04-06 10:54 | 季節 | Comments(2)
2015年 03月 31日

哲学の道(京都・東山)

満開の桜小道は、疏水沿いに南へ。
やがて南禅寺界隈にやってくる。
d0090161_1382739.jpg


銀閣寺に近いので、外人観光客の目玉スポットの一つ。
d0090161_138511.jpg


明治の文人で哲学者の西田幾太郎やその仲間が愛した小道が、
やがてそのような名前で呼ばれるようになった。
d0090161_1391615.jpg


昨日は夏日に近い日中の暑さで汗ばむ陽気。
桜も一気に開花した模様。
d0090161_1394165.jpg




NIKON D7100+シグマ 10-20mm F4.0- 5.6 DC HSM

by chura-photo | 2015-03-31 23:09 | 季節 | Comments(4)
2015年 03月 31日

さくらの便り(京都府庁旧本館)

京都の重要文化財になっています。
有りがたいことに、今も一般に無料公開されています。
d0090161_20553660.jpg


明治37年に、西洋建築のモダンな建物として建てられました。
日本で最古の官公庁の建物です。
d0090161_2056211.jpg


d0090161_20563291.jpg



内部は和洋折衷の匠の技が、あちこちに見られます。
建物に囲まれた庭には、祇園垂れの桜が綺麗。
d0090161_20565396.jpg


d0090161_20571659.jpg


今日3月31日は、お役所の定年退職の日。
花束をもらって、しみじみされた様子の公務員さん。
d0090161_2144543.jpg



NIKON D7100+シグマ 10-20mm F4.0-5.6 DC HSM

by chura-photo | 2015-03-31 20:57 | 季節 | Comments(2)