ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 18日

インストの魅力

d0090161_1537434.jpg京都のライブハウス「ふらっとホーム」は四条大宮のピアノパブ。今夜のもう一人の主役はサックス・フルートの旧橋 壮(ふるはし つよし)さんです。Emiとは昨年の枚方宿で一緒にイベント参加した縁で、今回関西公演での共演となりました。東京で活躍する旧橋さんは、すばらしい演奏をしてくれました。そのサウンドは切れのある味わいに、ソフトなタッチが加わりメビウス的という印象です(私個人的印象ですが・・)。ドラム、ピアノ、ベースそして今夜のゲストとなったEmi達を不思議な魔力でひっぱってゆきました。
 


前重英美(Vo)
d0090161_9271366.jpgとても狭いカウンターですが、お客さんは肩を寄せ合うように座っていました。私とお友達になったカウンターの初老の紳士は、サックスこそジャズという方ですが、Emiの登場でさらに機嫌がよくなったようです。「お店の雰囲気をぱあっと明るくしてくれるんやね・・、いやあ~素晴らしい、京都にはこのようなボーカリストはいまへんな」「どこで歌ってるの?、こんど聞きに行くさかい・・」とEmiのフアンがふえました。
 その方の横顔を拝見していますと、心からジャズに陶酔するとこのような表情になるんだ・・と共感しました。ジャズの匠「古谷 充さん」と同い年とおっしゃてました。その方の横でカメラのシャッターを切る気持ちはなく、席をはずして数枚撮影しました。珍しく露出に苦労したライブハウスです。そんなわけで、モノクロ写真を交えての掲載とします。

d0090161_9323046.jpg

他のお客さんも、皆さん同じ印象だったと思います。私は彼女に「EmiさんCD持ってる?」彼女は(・・・持ってくるの忘れました!)・・ちょっとビジネスチャンスを逃したようです(笑)
とにかく、良き父の日のプレゼントでした。
d0090161_9332091.jpg


17日(日曜日)ピアノパブ「ふらっとホーム」にて

by chura-photo | 2007-06-18 09:36 | Comments(2)
Commented by みっち at 2007-06-19 00:41 x
モノクロもいいムードですね。人物の存在感が高まるみたいです。
Commented by ue at 2007-06-19 20:27 x
ジャズPHOTOはモノクロが似合いそうですね、それに複雑な人工照明も気にならないし・・・。


<< 生体のリズム      朝から祇園へ >>