ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 31日

沖縄の旅(石垣島)

石垣島に訪れるのは三年ぶりかな。
青い海に浮かぶサンゴ礁の島は、僕を快く迎えてくれた。

京都を朝の6時に出て、那覇空港で昼食休憩し、さらにJTA便で石垣島に夕刻到着。
直行便もあるが、那覇空港が気に入っているからそうするのです。
d0090161_13415663.jpg

地元の友人にも再会した。
お孫さんは女の子二人。
お互いに歳を取ったなあと、励ましあって・・・島の農業も大変な重労働と思った。
サトウキビ畑をもって、そして畜産農家でもある彼と奥さんの毎日は厳しい労働だ。


d0090161_14103180.jpg

一昨年、石垣新空港が出来て急に観光の島となった。
加えて香港、台湾からクルーズ船が定期的にやってくるので、
インバウンドの上陸がある日には、スパーマーケットは雑踏に参れて地元の人も迷惑するとか。
d0090161_13424190.jpg


市内は観光地化して、ホテルや居酒屋がにぎわっていて、かってのようなのんびりとした自由な空気感はない。
そんなことで、今回も野底という裏石垣のペンションに滞在。
東シナ海の夕日を思いっきり堪能した。
d0090161_13431909.jpg

d0090161_13434045.jpg

d0090161_13435902.jpg

d0090161_13442786.jpg

石垣島の楽しみは離島訪問である。
八重山諸島といって、石垣島を中心に八つの島が連なり、
最西南端の島、波照間島から台湾は目と鼻の先。


最初に訪問したのは竹富島。
小さな島に人口四千人余。赤瓦に家守のシーサーが鎮座している。
民宿が増えた。
ここも、観光化の波にのまれてゆくのだろうか。

d0090161_13461760.jpg

d0090161_13464041.jpg

d0090161_13470799.jpg

d0090161_13472930.jpg


西表島では仲間川のマングローブを船でさかのぼった。
ちょうど満潮時にあたり、かなり上流まで入っていった。

d0090161_13481550.jpg

d0090161_13483570.jpg

水牛に引かれて、干潮の海を由布島まで渡った。
時折スコールがやってきて、ほてった体を冷やしてくれた。

d0090161_13490085.jpg

d0090161_13491927.jpg

d0090161_20040979.jpg


d0090161_13494307.jpg

ここは別世界かも知れない。
時間の感覚が他と違う。
日本語の通じる安堵感が実は旅のくつろぎで大切な事と思った。
この島に来て本当に良かったと思う。




(画像はクリックで拡大します)

OLYMPUS E-PL5( 14-42mm f3.5-5.6 EZ ED MSC)
 

OLYMPUS TG-2



by chura-photo | 2017-07-31 13:50 | 沖縄 | Comments(2)
Commented by tad64 at 2017-08-04 11:46
石垣島いいですね! 未だ行った事が無いだけにとても素敵に感じます。
島巡りもあって楽しめそうですね。続きの写真を楽しみにしています。
Commented by chura-photo at 2017-08-05 08:29
♪tad64さん、僕は現役時代にこの島で仕事に関係していましたから、馴染みがあるんですよ。

観光と農業の島ですが、いいこともそうでないことも沢山経験しました。

綺麗なところを記憶に残しておきたいですね^^!


<< お盆の墓参り      御手洗(みたらし)祭り >>