ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 02日

茅の輪くぐり(ちのわくぐり)

6月30日は夏越の払(なごしのはらい)いとう神事があります。

これから一年の半分を無事に過ごせるよう、神社で厄払いをする日本の古くからの習慣なのです。
d0090161_16323064.jpg


それぞれの神社では、7月の初めまで茅の輪くぐりができます。

太い縄で編んだ大きく太い輪(茅の輪)を、左・右・左・左とくぐって、
最後に正面でお参りをするのです。

d0090161_16350041.jpg


とくにこの暑い夏を無事過ごせるように、僕もお参りしてきました。

このような日本の古い習慣は、それなりの根拠があるのでしょう。

d0090161_16355582.jpg


d0090161_16365024.jpg

お参りしたから、しなかったからとて、特にどうこうと言ったことはないでしょう。

人は誰かのために生きていると信じます。
自分で気づかなかったとしても、長い人生の道筋でそのことが光を放つ時が来るのです。

d0090161_16371781.jpg

d0090161_16403288.jpg




京都・護王神社にて

(画像はクリックで拡大します)


Nikon D7100(AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR)




by chura-photo | 2017-07-02 16:41 | スナップ | Comments(0)


<< 北海道へバカンス      夏越の祓(なごしのはらえ) >>