ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 04月 16日

「長崎の世界遺産を巡る旅」 その一

(初日)
4月14日、九州熊本県を震源地とする大きな地震発生のニュースがあった。
翌5日、我々ツアー一行は、余震の余波を気にしつつも予定通り長崎に向けて大阪を出発した。

山陽新幹線、長崎本線を乗り継いで5時間余、無事に長崎駅に到着した。

「産業革命世界遺産・三菱長崎造船所」

昔NHKの大河ドラマ「竜馬がゆく」に登場した,岩崎弥太郎が創業した鉄鋼、造船、石炭の関連施設。

奇跡的にもその施設が、永年に亘り今の造船所に保存されていたのです。

d0090161_914168.jpg


d0090161_975362.jpg


d0090161_914144.jpg


d0090161_983327.jpg


d0090161_985239.jpg





(二日目)
深夜、宿泊ホテルが強烈な揺れに遭遇した。
スマフォの緊急速報が何回も鳴り響き、不眠と不安な一夜を過ごした。
これが本震だった。

旅行中、熊本県では度重なる余震に見舞われ、被害は大きくなり政府の救援活動が始まった。
九州のJR各線は運休などとなり、我々は退路を断たれた形となった。

午前中は、軍艦島の見学に観光船に揺られて1時間、長崎の南西4.5kmの洋上に浮かぶ
石炭の廃坑跡(端島)の見学に。

ここでハプニングがあった。
南風が強く、観光船が着岸できないのである。
泣く泣く我々一行は、観光船で周囲を見学し長崎港に戻った。

d0090161_917418.jpg


d0090161_9172712.jpg


d0090161_9174640.jpg


d0090161_918521.jpg


d0090161_9182833.jpg


(続きます)


OLYMPUS E-P5 
RICOH GR Digital 2

by chura-photo | 2016-04-16 23:05 | 旅行 | Comments(2)
Commented by picoswindow63 at 2016-04-19 22:29
大変な時に大変な旅をされましたね。
これを出されてるからには無事にお帰りになったのだと
思っていますが。 私は5月8日出発予定の長崎への旅を取りやめました。
Commented by ue at 2016-04-19 23:17 x
♪Picoさん、無事に旅程を消化できて帰ってきました。
(朝日旅行さんです)
八名のグループでしたが、皆さん旅の強者でいろんなトラブルを経験されていますから、地震で旅行を中止する話題はなかったですね。

そちらは来月の旅行ですか?
まあ、危うきに近寄らず。他に行けるところが沢山ありますからね!



<< 「長崎の世界遺産を巡る旅」       京都情緒 >>