2015年 06月 04日

バウムクーヘン

神戸・三宮界隈を散策。
少し雑踏の中を歩いて元町商店街にやってきた。

関西ファッションの発祥と言われる町も、ここは下町の匂いがする。

夕刻、西日が反射するアーケードを歩いて、
そしてユーハイムというお店の喫茶店で一息入れた。

このお店は、「バウムクーヘン」というお菓子を日本に広めたドイツ人菓子職人、
カール・ユーハイムの創業のお店なんです。

そしてマロングラッセを、始めて日本でも発売したことはあまり知られていない。
d0090161_11423311.jpg


カール・ユーハイムは戦争中に日本軍の捕虜となり戦後も日本に残り、
その生涯を閉じたと言われている。


RICOH GR 

by chura-photo | 2015-06-04 16:39 | スナップ | Comments(0)


<< 紫陽花園      水無月(みなづき) >>