ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 15日

静寂の禅寺

秋の気配が濃くなろうとしてきた日、思い立って京都市内から北西に車を走らせた。
d0090161_23455625.jpg


その国道162号線は、京都市内から北山杉で有名な京北町を通り抜け、
やがて日本海の漁村、小浜市に通じる有名な鯖街道と呼ばれている。
d0090161_23461863.jpg


日本海で捕れた新鮮な鯖を塩と酢で〆て、京の都に運んだ商人の道である。
その国道から逸れることおよそ10kmほどに「常照皇寺」があった。
d0090161_23463084.jpg


ひなびた山門をくぐり、なだらかな石段を登ると茅葺の方丈が見えてくる。
訪れる人もなく、ひっそりと佇む寺。
d0090161_2346467.jpg


南北朝時代に建立された臨済宗の禅寺である。
秋の紅葉も綺麗だが、春になれば、しだれ桜が目を見張らんばかりに咲き誇るという。
d0090161_2347352.jpg



NIKON D7100+シグマ 10-20mm F4-5.6 HSM
&AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

by chura-photo | 2014-11-15 23:46 | お寺・神社 | Comments(2)
Commented by ミッチ at 2014-11-21 02:08 x
静寂感が素晴らしいですね。観光客でごった返えしているであろう京都市内とは
隔世の感があります。特に三枚目の水面に移った青い空が印象的でありました。
Commented by chura-photo at 2014-11-21 12:05
♪ミッチさん、さすがここまでくれば人里離れた京都の田舎です。
途中、世界遺産の高山寺を通りましたが、ここは紅葉を求める観光客でいっぱいでした。
この鯖街道は、ツーリングにもいいと思いますよ!


(From ue)


<< ならまち散策(奈良市)      御所の影 >>