ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 29日

師走の京都(墓参り)

d0090161_16593146.jpg

年賀状も書き終えて、ほっとまどろむ朝の光。
昨夜から急に寒波襲来、京の路地に薄氷。

行くべきか、行かぬべきか・・・行けない理由を探すが見つからない。

思い切って行って良かった。
あちこちの墓石には綺麗な花が添えてあった。

南天の実が映えていた。
振り返れば、悟りの格子窓。




(京都・建仁寺内)

FUJIFLIM XQ1 

by chura-photo | 2013-12-29 16:59 | お寺・神社 | Comments(6)
Commented by pico at 2013-12-30 18:16 x
お墓まいりの気持、良くわかります。まいった後の
安ど感と爽快さも。
Commented by tad64 at 2013-12-30 22:50
年末の墓参されてこられたのですね。建仁寺の帰りはどちら辺りに繰り出されましたか!
ueさんのことだからきっとおいしいお食事なんかで楽しい一時を過ごされたのではないでしょうか!
今年は本当にいろいろとお付き合い下さいましてありがとうございました。
来年も引き続きお付き合いくださいますようよろしくお願いいたします。
お正月はとうきょうですか? それでは良き新年をお迎えくださいますように。
Commented by ミッチ at 2013-12-31 01:21 x
年賀状、手間暇かかりますが、なかなかやめられないですね。でも、年配の
先輩の中には、もうやめますというのがときどきあります。いつかはそういう時が
くるのかと思うと無常感をしみじみ感じます。
Commented by ue at 2013-12-31 16:11 x
♪picoさん、おっしゃるとおりでした。墓参りも行けない、心の貧しさを感じなくて良かったです。
Commented by ue at 2013-12-31 16:14 x
♪tadさん、暮れからウエの娘が帰省し、正月はシタの娘が孫と帰省する予定です。
 tadさんも、マイペースで良いお正月をお迎えください。
Commented by ue at 2013-12-31 16:16 x
♪ミッチさん、パソコンで年賀状宛名印刷ができるようになって、当分この習慣はなくならないでしょう。
 まあ、生きてる証の便りとでも割り切りましょう(笑)


<< 師走の京都(散歩)      師走の京都(繁華街) >>