2013年 09月 25日

紀伊半島の旅(白浜温泉~湯の峰温泉)

d0090161_9335724.jpg

暑さ寒さも彼岸までと言うが、まだまだ残暑抜けきれぬ連休は、
家族で旅行を楽しんだ。

まずは白浜温泉、関西では有馬温泉と並ぶ歴史ある保養地。
東京に住む娘、孫たちと、京都からやってくる僕とは現地集合。
家族の旅は国内でも、海外でも現地集合が原則だ。

d0090161_105284.jpg

お目当ては、白浜アドベンチャーワールド。
南紀白浜空港に隣接しているので、到着即遊園地入りができる。
昨年生まれたパンダの赤ちゃんも、大きく育っていて身近に見るととても愛くるしい。
「優浜(ゆうひん)」とネーミングされていた。

旅館での夕食は少し贅沢を。ヒラメの薄作りにエンガワは最高!
アワビの踊り食い。ちょっと残酷でもあるが食欲が勝った。


東京組みは一泊して、翌日の夕方の便で帰って行った。
フライトは一時間、ドアツードアで二時間という便利さ。
京都から車で3時間半と、そのハンディーは大きい。

娘たちを見送って、僕は一路「湯の峰温泉」に車を走らせた。
白浜から北東に連なる山間部を縫っての夜道は、カーナビが唯一の道案内。

d0090161_935661.jpg


d0090161_1035017.jpg


d0090161_9544297.jpg


紀伊半島、熊野三山の麓のひなびた温泉旅館は、湯けむりと杉木立に囲まれ
神秘的でもあった。

由緒、いわれを聞けばなるほどと納得。信仰に導かれて、
祈りの聖地熊野三山を歩く人生であったのか。

d0090161_9442143.jpg

すでに夕食を済ませていたので、明日の朝食付きの片泊まりである。
浴場は床から天井まで総杉の作りで、ほのかな杉の香りに旅の疲れも癒された。

宿泊客も少なくお互い顔を合わせることもなく、ゆっくりと湯につかり、湯の花の
香りを嗅いでいた。

わびしい一人だけの朝食は、温泉粥が美味であった。

9月22(日曜日)~23日(月曜日)

(翌日は熊野大社、竜神温泉から高野山に行く予定)


RICOH GR 

by chura-photo | 2013-09-25 21:16 | 旅行 | Comments(0)


<< 紀伊半島の旅(熊野大社~竜神温...      お彼岸の旅行 >>