2013年 07月 28日

相国寺の蓮

d0090161_16351248.jpg

ここは臨済宗・相国寺派総本山。
京の西に有る「金閣寺」、そして東に位置する「銀閣寺」は
ともに境外塔頭といって、本社にたいして支店のような存在。
そんな、偉い禅寺なんです。

人気のない早朝の境内、出てきた修行僧の3人とすれ違った。
透けた夏の衣を身にまとい、すり減ったわら草履を履いている。

蒸し暑い京都の町。蓮の植えこみに爽やかな朝を感じた。


RICOH GR DIGITAL Ⅲ 

by chura-photo | 2013-07-28 10:32 | お寺・神社 | Comments(2)
Commented by ミッチ at 2013-07-30 15:12 x
うだるようなくそ熱い毎日が西宮でも続いていますが、ueさんのフォトからは
京都なのに涼しさを送ってもらっていますね。早朝の空気感かな。
Commented by ue at 2013-07-30 18:43 x
♪ミッチさん、おっしゃる通り早朝のお寺です。
最近カメラのメニュー画面で、画像設定とWBをいじくってます。今までと違った雰囲気が出て、新しい発見です^-^


<< お湿り      勘修寺の蓮 >>