2013年 03月 27日

カンボジア旅行(遺跡巡り) Ⅰ

d0090161_23151256.jpg

早朝の関西空港を出発し、5時間余でまずベトナムの「ホーチミン空港」に到着、そこでトランジットし一時間の旅でカンボジアの「シェムリアップ州」にやってくました。

カンボジアの首都は「プノンペン」、そこから西北に数百キロの処にアンコール王朝の遺跡群が有るのです。

d0090161_23153423.jpg

到着した翌日、カンボジアではちょうど春のお彼岸にあたり、太陽が真東からアンコールワットの寺院の中央の塔にせり上がってくる様は、感動的な旅の幕開けとなりました。

(アンコールワットの朝日)

d0090161_23171970.jpg


d0090161_23183118.jpg

僕がこれからお話しすることは、観光案内ではなく、僕がこの旅で感じたこと、教えられたことなどを写真とともに綴って行きたいと思います。

(遺跡から見上げた青い空)

d0090161_8293921.jpg

アンコールワットは1992年に世界文化遺産として登録されました。
クメール王朝の最高傑作、アジアの至宝にふさわしい重厚かつ荘厳な遺跡群です。



OLYMPUS 14-42mm f3.5-5.6

by chura-photo | 2013-03-27 23:18 | 旅行 | Comments(6)
Commented by Madam at 2013-03-28 13:30 x
お彼岸の時はちょうど真ん中から太陽が上るのですね。 ガイドブックに載っていることではなくて、ue
さんスペシャルのことを伺いたいです。
Commented by fundmoneyじゃん at 2013-03-28 23:47 x
朝日も異なる国では違って見えますね。私は諸事情により当分海外旅行は行けませんので、代わりにレポートで楽しませてください(笑)。
Commented by ue at 2013-03-29 08:14 x
♪Madamさん、アンコールワットの寺院は、ここだけ西に向いて建てられています。だから太陽が、建物の背後から上がってくるのですね。
Commented by ue at 2013-03-29 08:17 x
♪じゃんさん、この日は朝5時に起きました。一人参加のツアー旅行は、気楽で良い旅でした。
Commented by pico at 2013-03-29 21:41 x
私も朝早く起きて、この朝陽をみました。
確かにここには、神様がいると感じました。
Commented by ue at 2013-03-29 22:35 x
♪picoさん、早朝5時出発ということでした^-^);


<< カンボジア旅行(遺跡巡り) Ⅱ      杏(アンズ)の花 >>