ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 05日

ベトナム・ハノイにて Ⅱ

d0090161_1152934.jpg

植民地の歴史に翻弄されたインドシナの小国ベトナム。
中国、フランス、日本、そしてベトナム戦争でアメリカに侵略され、
1975年やっと自由の身になった赤い国旗がはためく共産国。

d0090161_1155260.jpg

市内の中心地には、フランスの影が濃い建物が目を引いた。
オペラハウス、ヒルトンホテル、そしてベトコン銀行、シティーバンク、HSBC銀行等の会社が集まるビジネス街。

d0090161_116131.jpg


d0090161_1164612.jpg

ベトナムコーヒーはブラジルに次ぐ生産量。街のあちこちにカフェがあって、以外にもWi-Fiが使い放題の環境。日本より進んでいる感じがした。
高級レストランは、格差社会の象徴のように毅然としていた。

d0090161_1174291.jpg

町の人達は優しい、特にベトナム人は面倒見が良いらしい。
欧米人や日本人は金持ちという彼らの印象は強い。
なにごともそうだが、上から目線で接すると、刺すような鋭い視線が返ってくる。

d0090161_118751.jpg


d0090161_1263998.jpg

過去の苦渋の歴史は事実、でも今を生きる気力に熱いものを感じた。
職のない若者も多いし、教育も豊かとはいえない。しかし、
日本人が過去に頑張ったそのエネルギーが、いまベトナムの地に芽生えかけているようだ。


僕はこの国を旅して、元気をもらって帰りました。


OLYMPUS E-PL5 14-42mm(28-84mm equiv)

by chura-photo | 2013-01-05 23:20 | 旅行 | Comments(8)
Commented by fundmoneyjan at 2013-01-06 17:35
ueさんブログを読んで改めて気がつきましたが、な~んだ中国も侵略の歴史あったんだ。
個人でもそうですが傷つけられた事は執念深い怨みが残りますが、相手を傷つけた事は忘れてしまうのですね(笑)。
ベトナムとは永久的に仲良くしたいですね。
もう戦争はコリゴリにしたいです。
Commented by ue at 2013-01-06 21:05 x
♪じゃんさん、おっしゃるとおりですね。
でも、日本がベトナムに経済進出しても、上手くやってゆけるかどうか分りません。英語の通じない共産国と、英語が話せない日本人・・・(笑)
Commented by pico at 2013-01-06 21:37 x
10年ほど前にホーチミン市(昔のサイゴン)に旅しました。
その時のバイクの群れとベトナムの人たちの活気をおもいだしました。
それを見て、きっとこの国は発展するだろうと思ったものです。
Commented by ue at 2013-01-06 23:19 x
♪picoさん、随分昔に行かれたんですね。
僕の写真で、ベトナムの様変わりが分かったのではないでしょうか。
Commented by setokaze3 at 2013-01-08 19:53
活気のある街ですね。
行ってみたいなあ。
Commented by ue at 2013-01-09 08:36 x
♪setokaze3さん、ご訪問ありがとうございます。これからも、よろしくお願いします。
Commented by Madam at 2013-01-14 10:04 x
ヒルトンとオペラ座の交差点の写真は下から撮ると良いのですね。私の写真には上の電線が入ってしまいました。 3枚目はメトロポ-ルの近くの高級ベトナムレストランですか? 行きそびれてちょっと残念です。
Commented by ue at 2013-01-14 11:30 x
♪madamさん、こんにちは。
三枚目のお店は、ホーチミン記念館の近くだったように記憶しています。
「茸鍋専門」のお店で、サプライズ!とても旨かったですね。

ベトナムの街は、どこも英語表示がないので、後で写真を見ても忘れてしまっている場合が多かったです。
こんどから、旅したらメモを取ることを心がけたいと思います。


<< ベトナム旅行(世界遺産) 完      初詣 >>