ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 14日

渚にて

d0090161_1724341.jpg

今年は日本にも、シベリアの大寒波が来ているらしい。
今時なんですが、先月のオーストラリア旅行の時の写真。

1965年の米映画「The Sandpiper」(邦題:イソシギ)は、あまり知らない人が多いかも。
僕も見たが、けだるい中年の不倫映画。
俳優は一流で、リチャードバートンにエリザベステーラーだった。

でもその映画の主題歌「シャドウ・オブ・ユア・スマイル (The Shadow of Your Smile)」
は、ジャズのスタンダードナンバーで、知らない人はないでしょう。

この映画の舞台は、ここゴールドコーストと言われている。
イソシギは、冬に南半球のオーストラリアで越冬するとか。
地元にシラーズというワイナリーがあって、赤ワインに「イソシギ」というのがある。

寒いので、温かい話題をと思って過去を日めくってみました。


(ゴールドコーストの海岸)


RICOH GR GIGITAL Ⅱ (ワイドコンバーター21mm)

by chura-photo | 2012-12-14 17:25 | 旅行 | Comments(10)
Commented by pico at 2012-12-14 20:38 x
「いそしぎ」は確か、高校生の時に見て、叔母にその感想を聞かれて
「大人の映画だった」と答えたのを覚えています。映画の内容は
忘れましたが、憧れていた叔母の事を思い出します。
Commented by biwahama at 2012-12-14 21:06
映画は知りませんがこの歌は聞いたこともあり好きな曲です。
ゆったりとしたナンバー♪ 微笑みの面影 歌詞もいいですね。
寒い日が続きますね。海岸の光景は温かく感じま~す♪
Commented by イチクン at 2012-12-15 10:42 x
現役時代出張ベースでどれぐらい通ったでしょうか。
オーストラリア人は全般に穏やかで自分たちを「gregarious」と
評していました。全くその通りだと思います。そんな昔の事を思
い出させてくれました。ありがとうございます。
Commented by SHIN at 2012-12-15 12:26 x
ueさんの洗練された写真と文章、いいなあ。
わたしはコテコテっぽくなってしまいます^^;
Commented by ue at 2012-12-15 15:00 x
♪picoさん、まあよく覚えてましたね。やはり、なにか心に残っていたんでしょうね。
Commented by ue at 2012-12-15 15:03 x
♪biwahamaさん、ジャズもおすきなんですね。歌詞は非現実的ですが(笑)、何事も前向きに向かい合ってくださいね。
Commented by ue at 2012-12-15 15:06 x
♪イチクンさん、お仕事の渡航だったんですね。そう、ここは日本と比べられないほど広大な国ですね。
団結する国民性でしょうか?
Commented by ue at 2012-12-15 15:12 x
♪SHINさん、ありがとうございます。
僕の場合、サラリーマン時代に鍛えられました。
社内で案件を稟議書を作るのに、判り易く、要領よく、・・・でたたきこまれました(笑)
Commented by Madam at 2012-12-16 22:33 x
暖かそうですね。いそしぎの映画見たことがないのですが、歌はいいですね。
Commented by ue at 2012-12-17 09:49 x
♪madamさん、ジャズのスタンダードでは大好きな曲、YouTubeでも簡単に聴ける時代になって嬉しいです。


<< 師走に向かう(京都・錦市場)      冬支度 Ⅱ >>