2012年 11月 02日

済州島ウオーキングの旅 ③ (平地噴火口・サングムブリ)

d0090161_1102290.jpg

標高1,950mのハルラ山から東に20kmほど、周囲2kmほどの噴火口がありました。
ここは、世界で一つの平地の噴火口で自然公園です。

韓国の秋はススキ野原が一面に生い茂り、風にゆられて雲海の様でした。

二日目のハルラ山登山を終えて、三日目の観光です。
この自然公園に来る前に立ち寄った民俗村で、えらい高価な買い物をするはめに・・・^-^);


(・・・昨晩の韓国マッサージのかいもなく、筋肉痛は居座ります。結果的には帰国するまで引きずるわけでして、この辺で言うのは止めます。)


(続きます)

RICOH CX3

by chura-photo | 2012-11-02 23:16 | 旅行 | Comments(6)
Commented by イチクン at 2012-11-03 10:47 x
少し前までは、日本でも都市部から離れるといたる所で見ることができた、何となく懐かしい風景です。
Commented by chura-photo at 2012-11-03 11:01
イチクンさん、おっしゃるとおり、当たり前の風景が目の前から消えてゆくのが寂しいですね。
Commented by pico at 2012-11-03 15:42 x
期待していたもみじはあまり無く、でも このすすき野は
見事でした。この位のウオーキングだったら楽しく歩けました。
Commented by ue at 2012-11-03 17:14 x
♪picoさん、紅葉はやはり京都でしょうね^-^!
ハルラ山に登っている時も、落ち葉が紅葉していたぐらいにしか記憶ありません。私は、それどころではなかったですから(笑)
 ここのススキは見事でした。僕も写真だけはバッチリ撮って、久保さんに編集して差し上げました。その枚数600枚余です。
まあ~、ここは根性ですね^-^!
 picoさんに起こった奇跡!良かったですね。次回のMichoさんのツアーも楽しみにしましょうね。
Commented by Scottts at 2012-11-04 09:09
すごい、ススキの野原ですか。おしゃるように雲海のようですね。
風の強弱や向きでいろいろな表情を見せてくれるのでしょうね。
Commented by ue at 2012-11-05 08:15 x
♪Scotttsさん、水墨画を見ているようで、東洋の原風景にであった思いがしました。
筋肉痛のハンディーを負いながらも、ナイスショットな一枚でした^-^


<< 済州島ウオーキングの旅 ④ (...      済州島ウオーキングの旅 ② (... >>