2012年 11月 02日

済州島ウオーキングの旅 ② (韓国最高峰・ハルラ山)

d0090161_10475710.jpg

今回の旅の主旨は「世界遺産紀行」です。
そうだ・・・まずは日本から一番近い外国へ、それが韓国・済州島への個人ツアーだったんです。

(秋晴れのハルラ山。爽やかです。・・・僕はこの時点で筋肉痛発生し、息も苦しい。)

d0090161_10484638.jpg

誰が企画したの?
それは後で詳しくお話するつもりです。

韓国最高峰・世界遺産の島「 漢拏山(ハルラ山)」が済州島にあったのです。

(途中の休憩所でエネルギー、水分補給。皆さん余裕・・・まだまだ先は遠い。)


d0090161_10495855.jpg

済州島の事は詳しくはNetで検索していただくとして・・・。
韓国本土の南にある小さな島。日本の淡路島ぐらい。
島全体が火山岩です。ハワイみたいな島。

人口は50万人とけっこう多い。
観光、農業、漁業で島の人は生活をしています。
海女さんがとるアワビがゴロゴロ、黒豚焼き肉が鍋や、網に踊ります。
市場ではミカンがやたら多いですね。

ゴルフ場も沢山。カジノは韓国で17カ所。うち7カ所が済州島に。
・・・そうそう、カジノで大当たりしたツアーの中の一人がいました!

(高く登るに従って溶岩がむきだしに。わらをもつかむ思いで、ただひたすらに歩を進めました。
あたふたしている僕を撮影している人がいました。溺れる犬を棒で突っつくような感じ(笑))

d0090161_10523059.jpg


d0090161_10534120.jpg

済州島をイメージします。
玉子をフライパンで焼きます。周囲のプチプチして固まったところが海岸線。
まんなかの黄身がハルラ山。チェジュ空港とか泊まったホテルのある繁華街は、時計の12時のあたり。

韓国の女性はタフネスで生活力が旺盛。へなへなした旦那は即離婚されるとか。
加えてスッピンのような化粧ながらも、きめ細やかな肌は好印象。

(山頂の休憩所でランチ。ホテルを出発する時に渡されたお弁当を。スタミナ食で本当に旨かった。一般的に地元の人は、登山の山頂でラーメンを食べます。超カライです。でも、冷えた体に優しい。)

d0090161_1054221.jpg

昔から女性は重たい荷物をかついでよく働きます。
(主婦、おかあさん→オモニと言います。)
男はなまけもので働かない。
(旦那、お父さん→アホジ・・・じゃなかった、アポジと言います。)

(いよいよ下山です。時間は登ってから4時間余りです。・・・いよいよ筋肉痛がピークに。下山はさらに太ももにビック・ショック!)

d0090161_10555578.jpgハルラ山に登っている地元の人の装備は派手!日本人は地味~。
登山もファッションと思っているのは、同行していて楽しいです。
(無事登頂しました)






(標高1,950mの頂上を望む、秋晴れのハルラ山。我々は途中で下山する初級コース。)






d0090161_1135534.jpg夜は黒豚カルビを堪能しました。








(続きます)








OLYMPUS E-PL2+f14-42mm

by chura-photo | 2012-11-02 10:50 | 旅行 | Comments(8)
Commented by tad64 at 2012-11-02 11:25
おはようございます。今日は急に冷え込んできましたね! 筋肉痛はもう取れましたか?
標高1,950mのハルラ山にも登頂されたのですか? ↑ の写真は標高何メートル辺りでしょう。。。
それにしても皆さん元気ですね。年配の方もおられると言うのに大したものです。
私は8日に八丁平まで登ってくる予定です。巻きずしは韓国風でしたか?
Commented by イチクン at 2012-11-02 15:18 x
ハルラ山登頂おめでとうございます。頂上からの視界はいかがでした。海が見えるのでしょうか?続き期待しています。
Commented by micho7 at 2012-11-03 00:36
すご~い!!もうこんなにアップされたんですね。
この旅行記をシェアさせていただきたい。(笑)
さらなるハイキングの旅を考えますので、これに懲りずに行きましょうね♪
Commented by ue at 2012-11-03 00:37 x
♪tadさん、京都に帰ってきて急に冷え込んできました。現地では、熱く楽しい日々でした。
この辺りは標高1,200mで、お昼のお弁当は韓国巻き寿司!
ピリ辛らーめんとの相性は良かったですね(笑)
Commented by ue at 2012-11-03 00:40 x
イチクンさん、こんばんは。我々の登頂は初級クラスでしたが、とにかく無事に帰還しまして元気をもらいました(笑)
上級者コースの頂上からは海が見えたかもしれませんね。
Commented by ue at 2012-11-03 00:44 x
♪michoさん、今回の企画に飛び乗った感じですが、結果オーライで次回につなぐ旅に自信が付きました。
 筋肉痛もすっかり良くなり、今夜のジャズライブも楽しかったです^-^!
Commented by biwahama at 2012-11-03 16:38
あちらで挨拶をすませてましたが~こちら本家で再度見せていただきます^^
韓国ツアーがみっちゃん主催とは知りませんでした。
すごいですね~みっちゃんもですがueさんも何でもされるので驚いてます^^
見晴らしのいい景色ですね。ゴツゴツとした岩山は膝にきそう^^;
下山の方が疲れや負担が脚にくるんですよね。
帰国してもうジャズも満喫!?精力的な元気を欲しい私です^^
Commented by ue at 2012-11-03 17:27 x
♪biwahamaさん、こんにちは。その後お身内の容態如何ですか?旅の間にも、折りに触れて気になっていました。
参加された皆さんは、登山経験、海外旅行のツワモノ揃いであることが、現地で分りました。皆さん、早くからいろんな失敗も経験され、今に至っておられるようです。ツアーのメンバーで最高齢の方は、たしか70うん歳の女性でした。Michoさんは一番若い!
・・・そうですか。企画を誰が、をご存じなかったでしたか?
Michoさんに宣伝不足と言っておきますね(笑)
沢山講座を持っておられますが、顧客管理(生徒さん)が上手く出来ていなかったのかな^-^?


<< 済州島ウオーキングの旅 ③ (...      済州島ウオーキングの旅 ① (... >>