ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 31日

済州島ウオーキングの旅 ① (韓国最高峰・ハルラ山)

d0090161_12284511.jpg

現在、僕は日本に帰り、自宅のパソコンにむかってキーボードをたたいています。
10月27日の早朝、日本を出発しました。そして、3泊4日の旅を終えて、
無事自宅に戻ることが出来ました。

d0090161_12321811.jpg

こんな旅の話は普通ですね。韓国に行って頭がおかしくなったのではありません。
旅のグルメに目が無い僕は、海に囲まれた済州島は海鮮料理、特にアワビが新鮮で安いと大きな期待を抱きました。

黒豚で有名な島料理も最高という事前説明のみが頭にこびりついて、本来の目的である
「世界遺産・韓国最高峰・ハルラ山に登る」という根っこのところが、遥か雲の彼方に飛んでいました(笑)。

d0090161_12333039.jpg

ツアーのメンバーは男性2人、女性7人に日本と現地のガイドさん各1名の小グループです。
ガイドさんを除けば、平均年齢はかなり高いのです。

そもそも京都に生まれ育った僕は、登山の経験がありません。ましてや、記憶にもないのです。
思えば二年前の春、大文字の送り火で有名な大文字山に登りました。

京都市内の全容を眺めて、爽快に思ったのがとても印象深いといった程度です。
(大文字山は標高850m。なだらかな坂道が山頂まで続く庶民のウオーキングコースです。)

アワビや黒豚グルメの前に、大きなそして想像を絶する過酷な試練が立ちはだかったのです。


(秋晴れのハルラ山を望む。紅葉はもう山の中腹まで降りてきています。標高1、000m付近。写真左に小さく写る登山の人達)


(続きます)




OLYMPUS E-PL2 + 14-42mm

by chura-photo | 2012-10-31 23:37 | 旅行 | Comments(6)
Commented by tad64 at 2012-11-01 21:21
昨日はジャズライブにお誘い頂きありがとうございました。
久しぶりに阪井楊子さんの素敵なジャズを堪能させて頂きました!
その上帰りには自宅まで送って頂き早く帰ることが出来助かりました、心より御礼申し上げます。
お話しに聞いていたハルラ山はこんなところだったのですね。1200m級の山に急に登られたらかなりきついことだったと想像できます!
でも美味しい食べ物とお酒で十分堪能されたことでしょう♪ 続き楽しみにしております。
Commented by ue at 2012-11-01 22:09 x
♪tadさん、そうなんです・・・きつかったですね^-^);
筋肉痛と言う名誉の勲章をもらいました(笑)
また、ライブにご一緒しましょうね!
Commented by ミッチ at 2012-11-01 22:31 x
お帰りなさい。無事当初目標を達成されたようで何よりです。それにしても迫力のある山容ですね。韓国の最高峰があの小さな済州島にあるとは知らなかったです。屋久島に富士山があるようなものですね。続編、楽しみにしています。
Commented by ue at 2012-11-02 08:47 x
♪みっちさん、最初は軽いトレッキングとおもっていましたので、結果的に大変な目標を達成出来たわけですね(笑)
Commented by SHIN at 2012-11-07 09:16 x
いやあ、韓国って大陸だなあ。
景色が全然違いますね。
豊かな緑と海のある竹島を欲しくなるのも分かります^^;
Commented by ue at 2012-11-08 12:01 x
♪SHINさん、済州島は韓国でもそんな豊かな島ではないんです。登山、ゴルフ、お遊びモロモロ・・・観光の島ですね。
こんどは、韓国の本土に行ってみたいです。


<< 済州島ウオーキングの旅 ② (...      小春日和 Ⅱ >>