ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 09日

信楽焼の里(滋賀県・甲賀市)

d0090161_19591672.jpg


昔、東海道本線に蒸気機関車が走っていました。
駅に列車が着くと、売り子さんが立っていて「べんと~う!おちゃ~」と言う呼び声がしました。

短い停車時間に、窓からお金を渡し、お弁当、そしてお茶をもらって、
ほっとする旅を経験した人達もいらっしゃいますでしょう!?

d0090161_19594415.jpg

そのお茶が入っている容器は、列車土瓶といって陶器で出来ていました。中にお茶の葉の
紙袋があって、土瓶にはちっちゃな蓋まで付いていました。

この土瓶こそ、信楽焼そのもの。
信楽の知的障害者を集めた「信楽学園」の当時の生徒さん達が、一つ一つ手作りしたものでした。

やがて土瓶は、プラスティックになり、電化により列車の窓も開かなくなって、そして
小さな信楽の歴史も煙の彼方に消えゆくこととなりました。

d0090161_200535.jpg

この話は亡き父親から聞かされたもので、当時は食べ終わった弁当とともに、ゴミ箱に捨ててしまっていた記憶があります。それは物を粗末に扱うな、云々以前の問題だったと、悔恨の念にかられます。

狸の置物が信楽の代名詞のようになりましたが、古くは室町時代から栄えた窯元です。


OLYMPUS E-PL2+ズイコー17mm F2.8

by chura-photo | 2012-07-09 20:00 | 旅行 | Comments(4)
Commented by Dr.K at 2012-07-10 08:06 x
Ueちゃん
行動半径が広くなりましたネ!
ズイコーレンズは落ち着きのある渋い味わいですネ!
私も週末、岐阜・長良川「鵜飼」に行ってきました。
G1Xで撮りまくりです。
Commented by ue at 2012-07-10 15:18 x
Dr.Kさん、いいですね・・・僕も一度行ってみたい場所の一つに「長良川の鵜飼」があります。
ならし運転を兼ねて、あちこち行ってます^-^
Commented by tad64 at 2012-07-10 22:01
信楽は永い事ご無沙汰です。以前写友と一緒に撮影に行った事を思い出してます。
登り窯を撮らせて頂いた事あるんですが最近はどうなんでしょう?
慣らし運転とのことですが何時頃新車に乗り換えられたのですか?
Commented by ue at 2012-07-13 08:12 x
tadさん、新名神高速道が出来て信楽も随分近くなりましたね。私が訪れた「清右衛門陶房」さんは、5代目の窯元さん。
狸は焼いてなくて、本来の信楽の登り釜、粘土石、資料館などもろもろ無料で案内していただきました。(最後の写真)
 先月末に乗り換えました。優遇税制も利用して^-^!


<< 信楽焼の故郷 Ⅱ (お土産)      七夕(フウセンカズラ) >>