ちゅらPHOTO日記(ue)

churaphoto.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 16日

人生の扉 Ⅱ

d0090161_7314781.jpg

お爺ちゃんの古時計です。ねじを巻けば、秒針の先が滑るように進んでゆきます。

夏になれば、僕の腕にはめてやります。汗をかいても、爽やかな金無垢のオメガです。


いつまで、まといつく猛暑でしょうか。ちょっと暑気払いを兼ねて出かけます。

GR DIGITAL3

by chura-photo | 2011-08-16 07:32 | つぶやき | Comments(4)
Commented by tad64 at 2011-08-16 14:04
「人生の扉」って凄く重みのあることばですよね。
前回のブログに書かれている様に<歳を重ね、時の流れは速い。人生には限られた時間がある。今を大事に生きよう。>
まさに古希を迎えた私の応援歌だと感じました。毎日が悔いのない日々でありますように。


Commented by Dr.K at 2011-08-18 17:36 x
Ueちゃん!
DIGITAL3の表現力はなんともいえませんネ
質感をこれ程出せるのはカメラがいいのか?腕がいいのか?
両方でしょうネ!たぶん・・・・
Commented by ue at 2011-08-18 17:39 x
tad64さん、同世代の我々はもっと元気になって、頑張りましょう。もう、他人に気を使ってそんなに頑張っても?・・・とか、我がままで良いじゃないかな?と思っています。
Commented by ue at 2011-08-18 17:45 x
Dr.Kさん、この写真はカメラが良いのです(笑)^-^!
クオーツ時計に馴染んだ世代の人は、この時計の良さは分らないかもしれません。ねじを巻かなければ、故障と勘違いしますからね(笑)
我々の世代なら、時計の表を見なくても想像してもらえるかなあ・・・と言う感じで撮ってみました。ありがとうございます。


<< 阪井 楊子2nd CD 発売記...      人生の扉 >>